土曜ワイド工場 2012年1月28日
 

こんなに違う!沖縄もずくと能登もずく

完全に別の食べ物です
完全に別の食べ物です
いきなり個人的な嗜好話で恐縮だが、もしも好きな食べ物は何、と聞かれたら真っ先にもずくを挙げる。小さい頃からの大好物である。

しかし出身地の能登を離れ、東京に来てみたらどうも様子がおかしい。世間で「もずく」と言って食べられているその海藻が、自分の知っているもずくではないような気がするのだ。

あれは一体何なんだ。

長年もやもやと抱いていたこの疑念、今ここですっきり解消させておきたい。
石川県出身。以前は普通の会社員。現在は透明樹脂を用いたアクセサリーを作る人。好きな色は青。好きな石はサファイア。好きな犬はウェルシュ・コーギー。
> 個人サイト capria

東京のもずくは沖縄生まれ

先日企画会議の席で「東京のもずくって変わってますよね」みたいな話題を出してみたが、その場にいた誰からも同意を得られなくてショックを受けた。

世の中の人はあのもずく(みたいなもの)を普通に受け入れているらしい。そもそもあんまり食べないし…という声もあった。もずく文化に深い溝を感じる。

この後の本記事において変わっているのは東京もずくではなく能登もずくだった、というある意味予想通りの事実が判明するのだがそれはさておき。百聞は一見にしかず、ということでとにかく実物を用意してみよう。
近所のスーパー(in東京)で買ってきたもずく
近所のスーパー(in東京)で買ってきたもずく
産地は沖縄、とある
産地は沖縄、とある
片や能登から取り寄せた、能登産もずく
片や能登から取り寄せた、能登産もずく
そこには「絹もずく」の表記が
そこには「絹もずく」の表記が
調べてみると、東京で流通しているもずくの大半が今回スーパーで買ったものと同じ、沖縄産の「沖縄もずく(太もずく)」であるらしいということが分かった。

反対に、能登で食べられているのは「絹もずく(糸もずく)」と呼ばれるもの。こちらは沖縄産に比べて生産量が少なく、あまり出回っていないとのこと。

厳密に言えば沖縄のもずくはナガマツモ目ナガマツモ科、対する能登はナガマツモ目モズク科、ということでそもそも別種の植物であるらしいのだ。やっぱりそうだ。だって全く違うもの。
こちらが沖縄もずく。ああもずくってこんなんだよね、と思われるかもしれないが違う。私に言わせれば全く違う。
こちらが沖縄もずく。ああもずくってこんなんだよね、と思われるかもしれないが違う。私に言わせれば全く違う。
こちらが見慣れた能登もずく。そう、これこそ我が心のもずく。とにかく細くてなめらか。
こちらが見慣れた能登もずく。そう、これこそ我が心のもずく。とにかく細くてなめらか。
太さのみならず、色合いも違うことが見て取れると思う。沖縄の方が黒っぽいのに対し、能登はやや色味が淡い。

そして何より、能登もずくの大きな特徴はそのぬめぬめ加減にあるのだ。
伝わるだろうか、このとろみ!
伝わるだろうか、このとろみ!
比べると沖縄もずくは「つやつや」程度のぬめり加減。
比べると沖縄もずくは「つやつや」程度のぬめり加減。
片栗粉でも使ったかのようなこのぬめぬめっぷり。恐ろしいことに、これでも一度水洗いを済ませているのだ。
片栗粉でも使ったかのようなこのぬめぬめっぷり。恐ろしいことに、これでも一度水洗いを済ませているのだ。
見た目だけでなく味や食感ももちろん違う。食べ比べてみよう。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ