フェティッシュの火曜日 2012年1月31日
 

ベネチアンマスクの鬼で節分を

鬼っぽいベネチアンマスクを装着して豆をまかれにいく話です
鬼っぽいベネチアンマスクを装着して豆をまかれにいく話です
ベネチアンマスクがちょっと気になっている。

イタリアのベネチアのカーニバルで、仮面舞踏会や仮面パレードをする際に使われるというベネチアンマスク。

このベネチアンマスクを節分の鬼として利用できないか!?と思ったのでやってみた。

鬼っぽいベネチアンマスクをつくって、豆まきをしたい。
島根県生まれ。毛糸を自在に操れる人になりたい。地元に戻ったり上京したりを繰り返してるため、一体どこにいるのか分からないと言われることが多い。プログラマーっぽい仕事が本業。
> 個人サイト それにつけてもおやつはきのこ

きっかけはベネチアンマスクグッズ屋

昨年、偶然立ち寄った雑貨屋がベネチアンマスクグッズ専門店だった。それが、気になり始めたきっかけだ。
ここではブローチを購入。

それ以外にも友人のイタリア土産でもらったベネチアンマスクマグネットなどを持っている。(が、壊れてしまった。)
ベネチアンマスクブローチ。なんかのアニメのキャラかと思った・・・とよく言われる。
ベネチアンマスクブローチ。なんかのアニメのキャラかと思った・・・とよく言われる。
冷蔵庫につけてたら落ちてこんな姿に・・・・
冷蔵庫につけてたら落ちてこんな姿に・・・・
普通じゃないものをつくりたいときの駆け込み寺・新宿オカダヤ
普通じゃないものをつくりたいときの駆け込み寺・新宿オカダヤ
ベネチアンマスクをつくりたい人は、まずここへくることをオススメしたい、というのが新宿オカダヤだ。

ベネチアンマスクコーナーがあり、現地から輸入した仮面を見ることができる。

(ここ以外にそのためのコーナーまで作ってる手芸店があれば教えてください、というぐらいレアな気がする。)
宇宙人っぽい土台
宇宙人っぽい土台
これが、ここで購入した仮面の土台だ。

この白い土台だけならば、他店の雑貨売り場でも見かけたので、意外と買える場所は多いのかもしれない。

きらびやかに!あとはなんでもあり!

見本を見せてもらいつつ、店員さんから必要な材料を丁寧に教えてもらったが、店内の撮影と掲載は一切NGとのこと。

なので、絵で説明しよう。
上の写真のような顔全体を覆うタイプと、このような鼻より上を覆うタイプと2種類ある。
今回作りたいのは鬼なので、顔全体を覆うことにした。

こういう顔半分だけが出るタイプにもちょっと憧れる。
紐やリボンなどで金銀の装飾!きらびやかに見せる!
紐やリボンなどで金銀の装飾!きらびやかに見せる!
見てるうちに「装飾がそれっぽくなっていれば、意外となんでもありなんじゃないか」と思い始めた。

顔面の色づけについては、塗料が塗られていたり、その上から金粉がまかれていたり、
ベロアの生地が仮面全体にきれいに貼り付けられているものもある。
帰宅してこんなのが部屋に居たらきっとショック死する
帰宅してこんなのが部屋に居たらきっとショック死する
よし、なんとなく雰囲気はつかめたのでつくってみるか!

自宅作業なので、塗料スプレーの使用には若干不安が。
顔面は赤いベロアを貼ることにしよう。(赤鬼なので赤をチョイス)
とにかく顔に布を貼り付ける方法をとることに。
とにかく顔に布を貼り付ける方法をとることに。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓