はっけんの水曜日 2012年2月1日
 

お母さんのおにぎり見せて

!
母のおにぎりは大きくて重い。

と思う。少なくとも母のおにぎりはコンビニのおにぎりより圧倒的に大きかった記憶がある。あまりにもでかいため、小さめに作るよう頼んだことがあるのだが、 それでも出てきたのはそこら辺のおにぎりより断然大きかった。

そのような経緯から全世界の母親のおにぎりは大きいものだと思っている。 しかし実際はどうなのだろう。コンビニより軽いのもあれば、信じられない形態のものもあるかもしれない。母の数だけおにぎりのがあるのか。

そこでいろんな人に母のおにぎり見せてもらいました。
1985年生まれ札幌市出身。髪がとても硬いため寝癖がなかなか直りにくい体質。そのためよく帽子をかぶっています。

前の記事:「工事現場で浴衣着て踊ると祭りに見えるか」
人気記事:「食べるラー油で揚げるとすごくおいしい」

> 個人サイト こざとへんなところ+++

母おにぎりの重量感

一般的なコンビニのおにぎりといえばこれ。
具によって値段が違うことに最近気づいた。
具によって値段が違うことに最近気づいた。
対してうちの母のおにぎりがこれです。
どっぷり。
どっぷり。
右下はおにぎりではなく母です。
右下はおにぎりではなく母です。
米が充ち満ちている。おにぎりというより米塊で言ったほうがいい。

母に計ってもらったところによると、これで重さは140gということだ。 一般的なコンビニおにぎりの重さは計測したところ約100g。40gの違いはこんなにでかいのか。
重さを頼りに再現。
重さを頼りに再現。
重い。
重い。
竿で釣ってみたのは魚の重みに例えられたらとの考えからだったが、 そんな重さが分かるほど魚釣ってないことにやってみて気づいた。 なので竿のしなり具合から判断してもらいたい。
だから釣ってみた感想は「まあまあ重い」しかない。 ただこのまま鉄球のように振り回せば、トランプタワーを決壊させるぐらいの威力はある。
食べ物で大きいものにはとかく”ばくだん”と呼ばれるが、 ひょっとしてこういうのより重いのか。
食べ物で大きいものにはとかく”ばくだん”と呼ばれるが、 ひょっとしてこういうのより重いのか。
220g。さすがにばくだんの方が重い。
220g。さすがにばくだんの方が重い。
ただこのばくだんおにぎり、中身がひれかつが重量のほとんどかもしれない。 実際食べたところ米の量は母のものの方がかなり多く感じた。

なお母おにぎりの形としては、三角にしようとして出来なかった的三角形。 具は夕食の残りの鮭で、普段海苔は巻いていない状態で出てくる。

海苔については、母によると「巻いておくと海苔がフニャッとするため」だそうで、いつもセルフで海苔を巻いていた。

なのに最初に送ってきた写真は海苔付きだった。
携帯だから小さいし。
携帯だから小さいし。
というのが我が家のおにぎりである。 余所の家庭はいったいどんなおにぎりなのか、見せてもらいました。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓