ちしきの金曜日 2012年2月3日
 

スナックのドアはなぜか斜め

名前、外壁の模様・色、謎の菱形。何もかもが香ばしい、すてきなファサード。そしてポイントは「斜めドア」
名前、外壁の模様・色、謎の菱形。何もかもが香ばしい、すてきなファサード。そしてポイントは「斜めドア」
今年、ついに40歳になる。

この歳だが、結婚もしておらず、クルマの免許もなく、パチンコもやったことがなく、タバコも吸ったことがない。いったいぼくはこれまで何をやってきたのだろう。(答え:団地とか工場を巡っていました)

こういった、本来オトナとしてやっておかねばならないはずのことのひとつとして「スナックに行く」があると思う。

なので、思い切ってやってみた。
もっぱら工場とか団地とかジャンクションを愛でています。著書に「工場萌え」「団地の見究」「ジャンクション」など。

前の記事:「全長6kmのタツノオトシゴの絵を描いた」
人気記事:「八戸の工場がすごくかっこいい!」

> 個人サイト 住宅都市整理公団

「行く」とは言ったが「入る」とは言ってない

スナック。入りづらい。世のオトナたちはいったいどうやってスナックに入るきっかけをつかむものなのか。

一見さんお断りっぽいし、やっぱり常連に紹介してもらうものなのだろうか。思春期の頃に女の子と仲良くなるためのきっかけをどうやって得たらいいのか皆目分からず絶望したときの気分に似ている。というか、こんな取っつき悪そうな雰囲気で、世の中のスナックはよくやっていけているものだ、と感心する。つぶれないビジネスモデル上の秘密があるのかもしれない。さおだけ屋がなぜつぶれないのか、というような。
いったい誰が、なんの紹介もなくここに入っていけるというのだろう。
いったい誰が、なんの紹介もなくここに入っていけるというのだろう。
とまあ、いろいろ書いていますが、ようするに入れなかったのだ。無理だ。ちょう無理。

と、そのときあることに気がついた。

スナックのドアって、斜めってる。
斜めだ。
斜めだ。
この一件だけの特徴ではない。スナックって、駅前の特定のエリアに集まって存在していることが多く、それらを見て回ったのだが(入りやすいところないかなー、って思って)多くのドアが斜めっている。
ネコの浮かれ電飾、重厚な扉、そして斜め。あと右側のエアコンのパイプがいったん壁から出てまた入っていっているのがいい。
ネコの浮かれ電飾、重厚な扉、そして斜め。あと右側のエアコンのパイプがいったん壁から出てまた入っていっているのがいい。
漆喰調の壁に玄関スペースを四角く彫り込んで、そして斜め。
漆喰調の壁に玄関スペースを四角く彫り込んで、そして斜め。
これも彫り込みがかわいらしい。上部が曲線になっているのもいい。そして斜め。
これも彫り込みがかわいらしい。上部が曲線になっているのもいい。そして斜め。
ほら!ね。

なんで斜めなんだろう。

細い路地に面した立地が多く、ドア付近に立っても通行の邪魔にならない空間が必要、とかそういう理屈があるのだろう。でも、それだけじゃない気がする。

スナック好きで有名な都築響一さんに「なんでスナックのドアって斜めなんでしょうか?」って訊いてみたのだが「え?斜めだっけ?」と返された。都築さんがこう言うということは、そんなに斜めじゃないのだろうか。いやいや、斜め多い気がするよ。

なんというか、「スナック様式」とでも言うようなデザイン上のこだわりがあるような気がしてならない。「ウェルカム感」の演出とか。

ともあれ謎は謎のままとして斜めのドアを見て回りたい。もう入店するのはあきらめた。
ダイナミックな斜め!これはすばらしい、と思ったら…
ダイナミックな斜め!これはすばらしい、と思ったら…
「ウェルカム感」力及ばず、ということだろうか。
「ウェルカム感」力及ばず、ということだろうか。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓