ひらめきの月曜日 2012年2月6日
 

誰でも借りられる誰でも置けるまち角の図書館

!
大阪の池田市に「まち角の図書館」という、誰でも自由に本を借りられて、読み終わった本を置いておけば誰かが借りいくという、共有本棚のようなものがあるらしい。

面白そうなシステムだ。一体どんな風になっているのか、どんな本が置かれているのか。気になったので見に行ってきた。
1983年三重県生まれ、大阪在住の司法書士。 手土産を持参する際は消費期限当日の赤福で受け取る側に過度のプレッシャーを与える。

前の記事:「マスクで凧揚げ」
人気記事:「インスタント焼きそばは振らない方が湯切りが良いらしい」

> 個人サイト owariyoshiaki.com

池田市・THE・パワフル

いざ行こうと調べると市のホームページにまち角の図書館の場所は書いてあるのだが、「赤い橋の西」とか「防災センター前」みたいなググッても出ないけど地元の人にはすぐわかる。みたいな書き方。
初めて来た、石橋駅。
初めて来た、石橋駅。
じゃあ、地元の人に聞きながら一駅くらい歩けば見つかるだろう。という魂胆で池田市駅の隣、石橋駅にやってきた。
おっさんのピース写真にウルトラマン、ゴジラの人形。おつりを天井からぶら下げた バケツに入れるスタイルの八百屋。
おっさんのピース写真にウルトラマン、ゴジラの人形。おつりを天井からぶら下げた バケツに入れるスタイルの八百屋。
なぜ洋服屋さんで信号が点滅しているのですか。
なぜ洋服屋さんで信号が点滅しているのですか。
まずは周りを見てみるか。と、駅前の商店街を歩くと店構えがパワフル。懐かしい、とか、変とかではなく何か圧倒されるような、パワフルさ。
イチゴの食べ方の中でイチゴ大福が一番好き。
イチゴの食べ方の中でイチゴ大福が一番好き。
あと、和菓子屋が多い。スーパー1店だったのに対して和菓子屋4件あった。甘党。

イチゴ大福が食べたかったので買うついでにまち角の図書館について聞いてみる。

僕「すみませーん、イチゴ大福ひとつください」

おばちゃん「はいよー、一個ね」

僕「はい。あ、あと、まち角の図書館について聞きたいんですが」

おばちゃん「え、知らん」

えっ、即答!?

おばちゃん「あ、兄ちゃん写真撮るんやろ(多分目立つカメラを首からかけていたから)、ほら、これ、綺麗な包みにせなな」
おばちゃんは撮影用にこれを飾りたてようとしていた
おばちゃんは撮影用にこれを飾りたてようとしていた
僕「いや、写真は・・・あの、まち角の…」すが」

おばちゃん「やから知らん!」

ええっ!?ごめん…。

おばちゃん「せやなー、写真撮るんやったら二個入れた方がエエんちゃうか〜」

僕「あ、いや、写真は撮らないので…(撮るけど)」

おばちゃん「そうかー、じゃあ包み何でもエエな。ほな230円な。ありがと〜。」
イチゴ大福は美味かった。
イチゴ大福は美味かった。
な、何も聞けなかった…。

池田市のパワフルレベルはかなり高い。これは聞き込みが大変なのでは…。見つからなかったらどうしようと思いつつイチゴ大福を食べながら歩いていると商店街を抜けた。すると。
あった!
あった!

発見

駅前すぐ近く、商店街を抜けたところにまち角の図書館があった。
予想より立派。
予想より立派。
おぉ、これがまち角の図書館。結構大きくて本もいっぱい入っている。
江国香織さんの小説。 
江国香織さんの小説。 
漫才師の中川家剛さんの本。
漫才師の中川家剛さんの本。
どんな本が入っているんだろうと見てみると、まったく知らない本もたくさんあるけれど、作者やタイトルを知っているような小説などもたくさんある。
華麗なる一族、上巻だけ無い。誰かが今読んでいるのか。
華麗なる一族、上巻だけ無い。誰かが今読んでいるのか。
屋根は付いていないけれど濡れたりしているものは無くて本は綺麗なものばかり。大切にされている感じがする。
返却、寄贈コーナー。
返却、寄贈コーナー。
折角なので何か借りていきたいものだが、家が遠いので返すことが難しい。なので、何か寄贈することで参加しようじゃないか。
この、オワリーポータルZで。
この、オワリーポータルZで。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓