はっけんの水曜日 2012年2月8日
 

銀座でしいたけを売る男

しかも路上販売で売ってます、しいたけ。
しかも路上販売で売ってます、しいたけ。
銀座といえばみなさんどんな印象があるだろうか。老舗、上品、高級店…。まあ東京に住んでいる人でも、働いてる人以外にはけっこう敷居が高い印象の街だと思う。ある日、銀座にまつわるこんな噂を聞いた。「銀座でしいたけを移動販売してる男がいる」。銀座でしいたけ…。さっぱり繋がりが見えないよ!むしろ高級なまつたけの方がイメージ合いそうな?でも調べ終わるころにはとても腑に落ちた思いになるのでした。
1972年佐賀県生まれのオトナ向け仕事多数のフリーライター。世間の埋もれた在野武将的スゴ玉の話を聞くのが大好き。何事もほどほどに浅く広く、がモットー。

前の記事:「1日密着!アフロヘアの謎を解け」
人気記事:「お茶が飲めて鷹も買えるお店に行ってみよう」

> 個人サイト service&destroy

あの肉の感じを図式化するならば…

銀座というと、自分のイメージでいえば映画の中に出てくるモダンな時代の盛り場、だろうか。歴代の東京の盛り場である渋谷・新宿・六本木、そのまた前の時代って感じだ。しかも先の3つに比べると、圧倒的に風格がある。だからたまに行くとその上品さに場違い感を思いしらされる。Tシャツかパーカーですいません、的な。
夜の銀座。石原裕次郎のそんな歌だけ知っている。
夜の銀座。石原裕次郎のそんな歌だけ知っている。
だいたいどんな街でもスニーカー屋とチェーンのCD屋があれば自分側と地続き、ないと敷居高っ!と思う。そういう意味では銀座はやはりちょっと遠い街だ、気分的に。

とアウェイ感を勝手に感じつつ、週末金曜日の夜7時過ぎにふらふら散歩しながら見渡してみると…
シャネル!映画でのみ知識あります。
シャネル!映画でのみ知識あります。
ブルガリ!プルサガリなら知ってる。
ブルガリ!プルサガリなら知ってる。
ルイ・ヴィトン、そして…
ルイ・ヴィトン、そして…
しいたけ!銀座本店です。
しいたけ!銀座本店です。
超高級店の中に突然のしいたけ。そう、銀座にしいたけ屋さんが本当にあるのだ。しかもそれは金曜日の夜だけに現れる。菌だけに(←マジです)。

しかも移動販売なのでどこに現れるかわからない。ブログを参照して今回の出没場所を調べてみると…。いた!
この日は銀座シネパトスの近くに。
この日は銀座シネパトスの近くに。
しいたけマークの自転車と共にしいたけ売りの男が…。
しいたけマークの自転車と共にしいたけ売りの男が…。
この銀座に現れた移動販売型しいたけ屋の名前は「銀座虹の森」。横のお兄さんが店主の虹山虫太郎さん。2010年に銀座でしいたけ売りを初めて、今年で3年目だそう。

しいたけ売り、といっても野菜の行商のように買ったらあとは調理するだけのしいたけを売ってるわけではない。その自転車の中を覗くと…。
この自転車も特注品。しいたけカスタム。
この自転車も特注品。しいたけカスタム。
うおー、なんだ!ブロックみたいなのからしいたけが生えてる!
うおー、なんだ!ブロックみたいなのからしいたけが生えてる!
こちら銀座虹の森はしいたけそのものではなく、しいたけが生える前の「菌床」を売っているのです。買ってちょっと準備すれば上写真の左側のやつみたいな感じで、しいたけがニョッキニョキ生えてくる、らしい。

しかしそんなにしいたけ栽培って簡単なんですか?菌とかそういうのって結構面倒なイメージが…。
「水与えるだけで簡単ですよ!」ってそんなもんなの?
「水与えるだけで簡単ですよ!」ってそんなもんなの?
虹山さんに話を聞いてると、他のお客さんも興味深そうに寄ってくる。やはり「銀座にしいたけ」のギャップは絶大だ。とりあえず菌床をひとつ買って家で育てつつ、後日虹山さんの話を聞いてみることにした。いろんな意味で、なぜ「銀座でしいたけ」?
すぐに次のお客さんが。右の親子も興味深そう。
すぐに次のお客さんが。右の親子も興味深そう。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓