ちしきの金曜日 2012年2月10日
 

コンビニフードにマスタードをつけよう

世界から集まったマスタードのマスターズ
世界から集まったマスタードのマスターズ
マスタードがうまいと気づいた。
いや、そのうまさに前々から気づいてはいたのだが、ホットドッグやナゲットにチョロロっとつける程度で、本格的にマスダードと向き合ったことはこれまでなかった。
マスタード、これはたいへんにうまい食べものなのである。
1973年北海道生まれ。物心ついた頃から飽きっぽい。そろそろ自分自身にも飽きてきたので、神様にでもなってみたい今日この頃。
> 個人サイト 「月刊 馬泥棒」 ツイッター

たっぷり食ったことはありますか?

僕がマスタードの魅力に気づくきっかけとなったのは、海外のドキュメンタリー番組だ。
「アメリカ人は何を食べてきたか」というようなテーマで、アメリカ人の食とそれにまつわる産業をレポートしていた。
ポテトチップスとかバーベキューとか、そういういかにもアメリカンなものが取り上げられる中で、「アメリカの国民食」というような紹介をされていたのがマスタードだった。
マスタードといっても、シャウエッセンにつけて食べる粒マスタードではなく、まっ黄色いニュルッとした方のマスタードである。
これが「アメリカ人のソウルフード」的な扱いで紹介されていた
これが「アメリカ人のソウルフード」的な扱いで紹介されていた
その番組の中で、アメリカの人達がマスタードをたっぷりとホッドドッグにかけて食べているのを見て、とてもうまそうだと思った。
あんなにいっぱいかけたら、さぞかしうまいだろう。
僕もマクドナルドのチキンナゲットについてくるマスタードは大好きで、いつももう少しほしいなと思っている。
しかし、思うだけが精一杯で、じっさいに思う存分たっぷりとマスタードを付けて食べたことは無い。
お祭りのアメリカンドッグの屋台やファーストフードチェーンなどで、自由につけていいというシチュエーションも希に設定されるが、それでもお店の人の目があるので、遠慮しつつということになる。
たっぷりつけて食うぞ
たっぷりつけて食うぞ

コンビニの食べものもマスタードで大変身

という事情で、どうしてもマスタードが食べたくなり、近所にある輸入食材を取り扱っているお店に行って、マスタードを買ってきた。
そしてこれをたっぷりと、思い通り自由自在なグラム数を、冷凍食品のフライドポテトにつけて食べたらものすごくうまいのである。
それ以来、食事のかなりの分野にマスタードが登場するようになってしまった。
最初に買ったマスタードを、3日で使い切ってしまうほどに、そのおいしさにはまってしまったのだ。

マスタードはステーキとかトンカツとかスパゲッティーとかハンバーグとかカレーライスとかサラダとか、何につけてもそれはもう大変うまいのだけれど、そのおいしさを手軽に味わえるという点では、コンビニで売られている食べものがおすすめだ。
たっぷりつけても辛くはない
たっぷりつけても辛くはない

カレーパンにマスタード

記事の最後で紹介するが、この黄色いマスタード、日本の「からし」とはちょっと違っていて、お酢や他の香辛料などが混ざっているので、ほとんど辛くない。
なので、たっぷりとつけて食べることができるのだ。

まずはカレーパンにマスタードをつけて食べてみよう。
僕はもうさんざんマスタードを楽しんでいるので、カレーパンにマスタードというのは、どう考えてもうまくないわけがない組合せだと思うのだが、どうだろうか。
いただきますよ
いただきますよ
むおー!
むおー!

うまさ100倍

すばらしい。
マスタードの酸味がカレーを引き立てている。
こりゃうまいぞ。
ともするとカレーパンは重くなってしまいがちだけれど、マスタードをつけると、さっぱりとして軽やかになる。
うむ、おおいに結構。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓