フェティッシュの火曜日 2012年2月14日
 

究極の「のり弁」をつくろう

材料を吟味して最高ののり弁を
材料を吟味して最高ののり弁を
のり弁はうまい。
290円とお手頃なのにもかかわらず、満足感が高く、ほかほか弁当の看板メニューだ。
ほか弁ののり弁も十分においしいが、これを一から手作りしてみたらもっとおいしいのではないだろうか。
1973年北海道生まれ。物心ついた頃から飽きっぽい。そろそろ自分自身にも飽きてきたので、神様にでもなってみたい今日この頃。
> 個人サイト 「月刊 馬泥棒」 ツイッター

食材を集めて手作り

のり弁のおいしさは、290円という値段(ほっともっとの場合)からは考えられないと常日頃から感じていた。
白身フライにちくわの天ぷら、たくあんにおかかと昆布、そして海苔が乗っていて290円なんて信じられないコストパフォーマンスだ。
そのうえうまいときている。
ではもしも、290円という価格にとらわれず、もっとたっぷりの予算でつくったら、さらにうまい贅沢のり弁ができるのではないだろうか。
高級スーパーへ
高級スーパーへ

高級な材料を

ということで、近所の高級スーパーで食材を買い集めた。
普段買わない金額の食材たち
普段買わない金額の食材たち

昆布の佃煮から

のり弁の主役といえばもちろん「海苔」なのだろうが、ご飯と海苔の間にひっそりと挟まっている、昆布の佃煮とおかかが隠れた立役者ではないだろうか。
「一等品」と書かれた日高昆布をつかって、昆布の佃煮を作ろう。
昆布を戻します
昆布を戻します
細く刻んで
細く刻んで
甘辛く炊きます
甘辛く炊きます

ちくわも手作り

昆布が軟らかく炊きあがるまでに、ちくわの天ぷらの準備をする。
もちろんちくわも手作りする。
はものすり身
はものすり身
298円のはものすり身を取り寄せた。
白身魚からすり身を作ることも考えたが、たぶん市販品のすり身を使った方がおいしいのではないかと思うので、楽天でうまそうなのを探して購入した。
手頃な竹の棒がなかったので、かなり悩んだ末にネギをつかって焼くことにした
手頃な竹の棒がなかったので、かなり悩んだ末にネギをつかって焼くことにした
しかし、緩い
しかし、緩い
なので、片栗粉を追加
なので、片栗粉を追加

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓