ロマンの木曜日 2012年2月16日
 

新・3大もうすぐなくなる東京の景色

この景色もうすぐなくなるの、まじ?
この景色もうすぐなくなるの、まじ?
街を歩いていると、そこにあった建物がいつの間にか取り壊されて、見慣れた景色が一変していることがある。さらに新しい建物が建ったりすると、その前がどんなだったか思い出せなくなってしまう。

だから、いまのうちに記憶しておきたいと思った。
1974年東京生まれ。最近、史上初と思う「ダムライター」を名乗りはじめましたが特になにも変化はありません。著書に写真集「ダム」「車両基地」など。 個人サイト:ダムサイト

お馴染みのあの景色はもうない

まるで細胞が入れ替わっていくように、長い目で見ると街並みは少しずつ変化している。

僕が住んでいる東京でも、気がつくと子供のころから当たり前のようにあった建物や景色がなくなっている。
マツケンサンバが繰り返し流れていたコマ劇場はついになくなり
マツケンサンバが繰り返し流れていたコマ劇場はついになくなり
銀座の歌舞伎座は既に新築工事中
銀座の歌舞伎座は既に新築工事中
さすがにコマ劇場や歌舞伎座の面影はまだ忘れていないけど、でも新しい建物が建ち、その景色が馴染むころには思い出せなくなっているかも知れない。

新宿と言えば、僕が学生のころ東口の線路際には映画の巨大看板がずらりと並んでいた。友達と映画を見に行く時など、見る映画の看板の前で待ち合わせしたりしていた(もちろん携帯電話が普及する前の話だ)けど、いつの間にかなくなった。
なんだか殺風景になった新宿東口
なんだか殺風景になった新宿東口
新宿ついでにもうひとつ、ずっと前から続いている南口の陸橋の工事は、最終的には巨大なビルやバスターミナルなどが造られて、およそ4年後に完成するらしい。つまり、いまや工事中がデフォと言える南口の景色もあと4年で過去のものになるということだ。
工事してない南口を思い出せないほどずっと工事してる
工事してない南口を思い出せないほどずっと工事してる
ここに何と33階建てのビルもできるらしい!
ここに何と33階建てのビルもできるらしい!
南口のごちゃごちゃした仮設の雰囲気が好きな人はそんなにいないと思うけど、新しい施設ができる楽しみと同時に、先の見えなかった工事が実は終盤戦に突入している、という事実を知って、どことない寂しさをなぜか感じた。

なくなることが決定している景色

ここまでは前置きで、今回は近い将来見られなくなることが決定している、東京の有名物件を3カ所見てきた。どれも東京近郊に住んでいる人なら馴染みのある景色ばかりで、これらがなくなる、ということを想像するのはちょっと難しい。でも、計画通りに進めば5年後くらいにはすべてなくなっているというのだ。

5年後と言うと僕は42歳。うむ、確かにまったく想像がつかないぞ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓