ちしきの金曜日 2012年2月17日
 

「短冊地割り」がおもしろい

畑の論理と宅地の論理が短冊上でせめぎあう

一行は、東大和市へ。はじめて降りた。
一行は、東大和市へ。はじめて降りた。
全ページまでの三芳町が「いまもなお畑として現役の短冊状地割り」なら、吉祥寺―西荻窪は「完全に市街地化した短冊」だ。

そして、ここ東大和―新小平間は、両者の途上にある短冊。この「途上」っていうのがすごーく面白い。
しばらく歩いたら、こういう道が横に見えた!このまっすぐ具合は…ここだっ!
しばらく歩いたら、こういう道が横に見えた!このまっすぐ具合は…ここだっ!
色めき立つ一同。
色めき立つ一同。
地図で確かめて興奮する一同。
地図で確かめて興奮する一同。
この道路は「インフラ」である道路ではなく、元あぜ道を拡幅したもの。そう、いままさに市街地化しようとしているのだ。
この道路は「インフラ」である道路ではなく、元あぜ道を拡幅したもの。そう、いままさに市街地化しようとしているのだ。
いたるところであぜ道を道路にしようとしている真っ最中。おもしろい。
いたるところであぜ道を道路にしようとしている真っ最中。おもしろい。
分譲地受付中の看板を発見。背後はもちろん元短冊畑。
分譲地受付中の看板を発見。背後はもちろん元短冊畑。
短冊をさらに縦に割って、このように分譲。
短冊をさらに縦に割って、このように分譲。
隣の短冊はすでに宅地化されている。ずらーっと長く住宅が並んでいる様子がおもしろい。
隣の短冊はすでに宅地化されている。ずらーっと長く住宅が並んでいる様子がおもしろい。
これが短冊の幅。
これが短冊の幅。
かつて一家に必要な分として与えられた耕地の広さの論理と無関係に現在の宅地が建つと、こういうことになる。すごくおもしろい。

おもしろいんです!みんなおもしろがってたもん!10人は。
矢印の方向が短冊の長手方向。そこに住宅が建って、さらに直行する方向に、いわば「短冊化」されている。おもしろい。おもしろいよね!
矢印の方向が短冊の長手方向。そこに住宅が建って、さらに直行する方向に、いわば「短冊化」されている。おもしろい。おもしろいよね!
この短冊の宅地化という現象で、ぼくはあることに気がついた。

それは「宅地化は相続状況の棒グラフではないか?」ということだ。

<もどる▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓