ひらめきの月曜日 2012年2月20日
 

紙が鍋になるのならなんでも鍋になるんじゃないの

!
紙鍋というものがある。紙に水を入れてそれをそのまま直火にかけて加熱するというもの。

あれ凄いな、何でそんなことが出来るんだ。と思って調べてみると、水は100度以上にならないから、300度くらいで着火する紙は、水に冷やされ続けて温度が上がらないから燃えないらしい。

100度で冷たい扱いってなんだそれ。テレビで「高級肉を目隠しで当てよう!って企画をやっていて高級肉が100グラム1万円、安い肉が100グラム千円で、ええええっ、安い扱いの肉でも超高いじゃん!ってなった気分を思い出した。

と、いうことは別に紙じゃなくても100度で燃えないものなら何でも鍋に出来るんじゃないの。
1983年三重県生まれ、大阪在住の司法書士。 手土産を持参する際は消費期限当日の赤福で受け取る側に過度のプレッシャーを与える。
> 個人サイト owariyoshiaki.com

ウエルカム紙鍋

何か良くわかんないけど凄いな紙鍋。って思ってたけど、仕組み的なものを知って、また凄いと思った。でも、凄いのは仕組みで、紙自体じゃない。きっと紙以外でも鍋になるはず。
我が家に紙鍋が。
我が家に紙鍋が。
そう思ってとりあえず紙鍋セットを買ってきた。土台とか燃料とか全部含めて2000円くらい。高級な感じのする紙鍋がお手ごろ価格で我が物に。

でも「折角なんで固形燃料入れは付けておいてあげますね」っておばちゃんが言うから「はい」って返したらちゃっかりお金は取られて大阪は怖いと思った。

紙鍋、ちゃんと燃えない

とりあえず使ってみる。
とりあえず使ってみる。
まぁ、とりあえず使ってみるかと適当な具材に水を加えて火をつける。こういうのって、外でやる時はそうでもないけど、自分の家でやるとなるとどきどきする。
うおー、燃えてるー。
うおー、燃えてるー。
さぁ火がついた。燃え、ない!やっぱり燃えない。そりゃそうなんだけど、やっぱり不思議だ。
アクだらけ・・・。
アクだらけ・・・。
ちゃんと燃えずに鍋が沸いた。更に紙鍋にはアクを吸い取る力があるらしい…。ってみたらびっくりするほどアクだらけだった。吸い取ってこれなのか、実は吸い取っていないのか。
でも美味い。
でも美味い。

紙鍋、ちゃんと燃える

カッチカチやぞ。
カッチカチやぞ。
おぉ、やっぱり紙なのに燃えない。凄い。って思ったけれども、実は使う前に違和感を覚えていた。この紙、カッチカチやぞ。
もしかして、もともと燃えないとかさ、まさかね…。
もしかして、もともと燃えないとかさ、まさかね…。
昔、お相撲さんを力いっぱい押したときビクともしなくて、岩ッ!?ってなったときくらいの感じで紙鍋の紙を触ったときも岩ッ!?ってなった。いや、違うわ、岩じゃなくて、なんか、そんな感じの材質かと思った。

もしかして、元から燃えない材質なんじゃないかと思いました。
完全に燃えた。
完全に燃えた。
そう思って燃やしてみたら簡単に燃えた。まさかこんなにあっさり。この疑いのかけ方と濡れ衣っぷりは人だったら挽回出来ないレベルの気まずさ。紙鍋が人じゃなくてほんとに良かった。

異素材へ

と、紙鍋では鍋が出来るということが判明した。いや、判明してたけど、認めた。しぶしぶ。

やっぱり思うのが紙で出来るなら他のもので出来るだろう、という事。じゃあ、これでも出来るんじゃないかな。
出汁鍋
出汁鍋

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓