ロマンの木曜日 2012年2月23日
 

ドーナツの胸やけと戦う

!
ドーナツを食べると胸やけする体質で、子供の頃から損ばかりしている。
ほんとは僕だってみんなと一緒にドーナツを楽しみたい。
どうにか胸やけせずに食べることはできないか。
1978年、東京都出身。漂泊の理科教員。名前の漢字は、正しい行いと書いて『正行』なのだが、「不正行為」という語にも名前が含まれてるのに気付いたので、次からそれで説明しようと思う。
> 個人サイト まさゆき研究所 新棟

1・最高級の油でドーナツを揚げる

ドーナツが食べられない、と言ったときに返ってくる反応は、共感より疑問が多い。
人によっては責めるように「なんで?なんでなの?」と聞いてくる。
別に健康志向を気取っているわけではない。
単に胸やけしてしまうのだ。
図で表すと、以下のようになる。
!
小麦粉食品のうち、右上あたりの食べ物に胸やけしてしまい、その筆頭がドーナツなのだ。
(あとサーターアンダギーも厳しい)
この図に共感してくれる人は意外といると思う。

悪いのは油なのか?

このことを説明すると「揚げた油が悪かったんじゃないの?」と返されることがある。ドーナツ擁護の立場だ。
確かにそうかもしれない。
これまで僕が食べてきたドーナツ全てが、悪い油で揚げられていた可能性もある。
じゃあ最高級の油で揚げてみたら大丈夫なのだろうか。
楽天で買った最高級サラダ油。1瓶1280円。
楽天で買った最高級サラダ油。1瓶1280円。
普段使っている油の5倍以上の値段がした。
瓶1本でミスドのドーナツが10個買える価格だ。
この油でドーナツを揚げてみよう。

ドーナツ作りに苦戦

ドーナツは手軽なことにホットケーキミックスで作れるらしい。
ホットケーキは大好きだ。
あの香り、甘み、口当たり……。「焼きたてのホットケーキにメープルシロップ」なんて、空腹時に聞いたらショック死しそうなほど甘美なフレーズだ。
しかし僕はドーナツが食べられない。
まずは手軽に作ってみます。
まずは手軽に作ってみます。
これから揚げるのに、生地にバター入れる!
これから揚げるのに、生地にバター入れる!
初めて分かった事実がある。
ドーナツは揚げ物なのに、その生地の中に油が混ぜ込んであるのだ。しかも大量、そのまま焼いてもいいんじゃないかという量の油である。こんな揚げ物、初めて見た。
明らかにカロリーオーバーである。
彦麻呂風に言えば、「カロリーのスカイツリーやーー!」といった衝撃だ。
縄文式土器みたいなの、できた。
縄文式土器みたいなの、できた。
縄文時代のドーナツ調理風景
縄文時代のドーナツ調理風景
僕はいま、自分が一番食べられない食品を調理している。これは何とも楽しくない時間だった。
たまに酒が飲めないバーテンダーを見かけることがあるが、その人もこんな気持ちでカクテルを作っているのだろうか。
できた。最高級の素材を使った手作りのドーナツ。
できた。最高級の素材を使った手作りのドーナツ。
形の適当さにやる気の無さが表れているが、それはさておき、これを食べて、胸やけはするのか、どうなのか……。
おそるおそる食べてみた。
あれ、ホットケーキじゃん。
あれ、ホットケーキじゃん。
それは全くもってホットケーキであった。
ホットケーキ粉で作ったので当り前だが、それにしても、あまりにもホットケーキであった。
中身は多少ぱふっとしているが、香りはホットケーキそのもの。
ミスタードーナツのざらっとした食感とは全然違った。
ミスドのドーナツと全然違う!!
ミスドのドーナツと全然違う!!
翌日、朝食にこの手作りホットケーキ(ドーナツ)を食べたが胸やけはしなかった。てゆうかむしろ美味しかった。
これは工夫次第で思ったよりいけるかもしれない。
次の挑戦ではミスドを攻めてみよう。

結論:最高級サラダ油だと胸やけしない
(できたのはホットケーキだけど)


 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓