フェティッシュの火曜日 2012年2月28日
 

カッコいい罰ゲーム

雪?いやパイだ。
雪?いやパイだ。
罰ゲームは面白い。タライが降ってきたり、ビンタだったり、わさびずしだったり。昔からバラエティ番組などで見られるおなじみの罰ゲームの数々。小さい頃「そんなもの見て!」と親に眉をひそめられながら、ワクワクとドキドキと背徳感とを綯い交ぜに感じながら、テレビから流れる罰ゲームから目が離せなかった。
1978年京都生まれ。東京在住。プログラマです。LINEという会社で働いています。 紆余曲折ありまして、ブログで記事を書いていたりします。

前の記事:「書きなれない文字で達筆になろう」
人気記事:「書きなれない文字で達筆になろう」

> 個人サイト ブログ ワラパッパ

カッコいい罰ゲーム

一般的に罰ゲームといえば、 痛かったり、辛かったり、恥ずかしかったりするものである。そういった 「カッコ悪い体験」をするのが罰ゲームの本質である。しかし罰ゲームというものが、もっとカッコよかったり、オシャレだったりしてもよいのではないだろうか?

罰ゲームを観る時、表情や動きといった面白さを表す側面に意識を囚われがちであるが、罰ゲームが持つスタイリッシュさや躍動感にフォーカスを当てれば、そこに「カッコいい罰ゲーム」というものが存在するのではないだろうか。

検証してみよう

まずは一般的な罰ゲームグッズを取り寄せてみた。
スネ毛はがしのガムテープ
スネ毛はがしのガムテープ
頭に落とす鍋
頭に落とす鍋
定番のパイ投げ
定番のパイ投げ
パイ投げセットは見るからに楽しそうである。「くらえー」「やめてー」である。今回、編集部の方にもカッコいい罰ゲーム検証にお付き合い頂いた。各々、好きな罰ゲームグッズを持参頂くようお願いした。
林さんと待ち合わせ
林さんと待ち合わせ
タライ買ってきました
タライ買ってきました
見た瞬間ゾッとした。本気のタライだ。ずっしりとした重量感。圧倒的な硬さ。まったく遊びがないタライだ。これが頭に落ちるのか、と思うと不安感から思わず首まわりをさする。それほど強烈な存在感を出すタライだ。
罰ゲーム開催地の川原へ
罰ゲーム開催地の川原へ
タライに不安を感じつつ撮影現場の川原へ向かう。この日は罰ゲームを開催するにうってつけの肌寒さだ。雪もちらついてきた。寒いと痛みも倍増する。冬のなわとび理論だ。
寒々しい現場
寒々しい現場
それではさっそく罰ゲームを開始する。まずは小さな鍋から頭の上に落としてみることにする。全員が罰ゲーム初心者なので、おっかなびっくりイージーそうな罰ゲームからスタートである。
構えて
構えて
落とす
落とす
あ、痛い
あ、痛い
地味だが確実に痛い。思いの外衝撃も感じる 。しかしそれが伝わらない、なんとも地味な罰ゲームである。罰ゲーム以上でも以下でもないただの罰ゲームである。この鍋落としをカッコいい感じにしてみよう。

一眼レフカメラを使い、オシャレ写真などによく見られる「背景ぼかし」のテクニックで撮影する。絞りは開放、いわゆる背景ボケボケ写真だ。
空から鍋が落ちてきた。
空から鍋が落ちてきた。
ちょっとポエムを読みたくなるような爽やかさが感じられる。最初の地味な罰ゲームと比べると、下手したら女子にモテるんじゃないか?とさえ感じさせてくれる罰ゲーム具合だ。いい感じだ。

この調子でどんどん罰ゲームをこなしていく。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓