ロマンの木曜日 2012年3月1日
 

沖縄の魔除け「石敢當」を沖縄以外で探す

沖縄にたくさんある魔除けの石敢當(いしがんとう)、これが沖縄以外にもあるらしい
沖縄にたくさんある魔除けの石敢當(いしがんとう)、これが沖縄以外にもあるらしい
沖縄を歩いていると、その路地のあちらこちらで「石敢當」の三文字が刻まれた石を目にする。これは石敢當(いしがんとう)といって、魔除けの為のものだそうだ。

私はこの石敢當について、ずっと沖縄やその周辺地域にしか無いものだとばかり思っていた。しかしながら、どうもそうではないらしい。
1981年神奈川生まれ。テケテケな文化財ライター。古いモノを漁るべく、各地を奔走中。常になんとかなるさと思いながら生きてるが、実際なんとかなってしまっているのがタチ悪い。2011年には30歳の節目として歩き遍路をやりました。2012年には31歳の節目としてサンティアゴ巡礼をやりました。

前の記事:「神奈川県には木の電柱が多いらしい」
人気記事:「フルーチェ20種類を自作した」

> 個人サイト 閑古鳥旅行社 Twitter

沖縄の石敢當

石敢當というものは、沖縄ではT字路など道のどん詰まりに置かれている事が多い。

沖縄で信じられている「マジムン」と呼ばれる悪霊は、真っ直ぐにしか進むことができない。ゆえに突き当たりに達すると、壁をすり抜けて家の中に入ってきてしまうのだそうだ。それを防ぐべく、突き当りには石敢當を置く、との事。

沖縄にはこの石敢當が本当に多く、道を歩けばもれなく石敢當に当たる。石敢當を探すのも、沖縄における町歩きの楽しみといえるだろう。
沖縄では路地の突き当たりに
沖縄では路地の突き当たりに
このような石敢當がかなりの確率で置かれている
このような石敢當がかなりの確率で置かれている
その形状、大きさは様々
その形状、大きさは様々
ちなみに「石敢當」の意味は、昔の中国にいた人の名前らしい。あまりに剛力な傑物だった為、魔除けにまでなってしまったのだ。

その魔除けの風習が中国から琉球へと伝わり、そこに根付いた。海を越えてきた文化。確かに、沖縄だけでなく日本本土に伝わっていても不思議ではない

実際、当サイトの人気コーナー「ちょっと見てきて」においても、川崎駅前や横浜市の石敢當が報告されている(沖縄などにある「石敢當(いしがんとう)」の石標)。

ふむ、これはなかなか面白そうだ。沖縄以外の石敢當、ちょっくら見に行ってみようじゃないか。

東京都世田谷区、羽根木公園の石敢當

まずは東京都世田谷区の羽根木公園。その園内に石敢當があるらしい。
小田急線の梅ヶ丘駅からスタート
小田急線の梅ヶ丘駅からスタート
おしゃれな町ですな
おしゃれな町ですな
程なくして羽根木公園に到着
程なくして羽根木公園に到着
梅ヶ丘というだけあって、園内には梅の木がたくさん
梅ヶ丘というだけあって、園内には梅の木がたくさん
いくつかは既に咲き始めていました
いくつかは既に咲き始めていました
住宅街の中にある羽根木公園。狭い公園なのかと思いきや、これが意外と広く、梅林やアスレチック、野球場まで完備していた。しかし、広すぎて石敢當を探すのが大変だ。

どこだ、石敢當はどこにあるのだ。平日の昼間、小さい子連れのお母さんが多い中、キョロキョロとあたりを見回しつつ徘徊する私はきっと不審者。
お、あれか?と色めきたったが
お、あれか?と色めきたったが
ただの歌碑でした
ただの歌碑でした
ミケ君、石敢當知らない?知りませんか、そうですか
ミケ君、石敢當知らない?知りませんか、そうですか
なかなか良い雰囲気の園路を先に進む
なかなか良い雰囲気の園路を先に進む
遠目で石敢當に見えたものの、近付いてみればベビーカー
遠目で石敢當に見えたものの、近付いてみればベビーカー
なんかもう、長方形の物体なら何でも石敢當に見えてきた。そういう病気なのかもしれない。

園内を一周しかけ、これは管理人さんとかに聞いた方が早いかな、そんな事を思っていたその時だ。
水道の手前(左下)に見えるアレは……?!
水道の手前(左下)に見えるアレは……?!
おぉ、捜し求めていた石敢當!
おぉ、捜し求めていた石敢當!
長方体の石材に刻まれた「石敢當」の三文字。なんか下部が埋まっちゃってるけど、まぁこれが石敢當である事には変わりない。

前述の通り、沖縄では突き当たりの魔除けとして置かれる石敢當。ここでもてっきりそのような場所にあるのかと思っていたのだが……。
石敢當の向かいは道じゃなく、野球場
石敢當の向かいは道じゃなく、野球場
う〜ん、無事発見できたのは良いものの、いささか頭が混乱してきた。なぜ、ここに石敢當があるのだろう。だれが、石敢當を設置したのだろう。考えれば考えるほどに謎である。

元は道にあったものを、公園整備の際に現在地へ移設したとか、そのようなところだろうか。

固い地面から軟らかい土の上に移した為、石敢當の安定の為により深く埋めざるを得なかった。それなら妙に埋没している理由にも繋がる……かな。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓