フェティッシュの火曜日 2012年3月6日
 

弁当の具でチャーハンを作ると旨い

なんでも細かくしてご飯と炒めたら、それはきっとチャーハン
なんでも細かくしてご飯と炒めたら、それはきっとチャーハン
ネギにニンジン、チャーシュー、海老、カニ、時には高菜、納豆、キムチ・・・チャーハンの具は色々とあるけど、どれもとにかく細かく刻んだものとご飯を混ぜたものである。

では、例えばお弁当の具を全部刻んでご飯と炒めてみたら?どんなチャーハンになるのだろうか。
東京葛飾生まれ。江戸っ子ぽいとよく言われますが、新潟と茨城のハーフです。 好物は酸っぱいもの全般とイクラ。ペットは犬2匹と睡魔。土日で40時間寝てしまったりするので日々の目標は「あまり寝過ぎない」
> 個人サイト twitter

チャーハンの基本的な作り方

お弁当に挑戦する前に、比較としてまずは普通のチャーハンの作り方をおさらいしておきたい。

私の愛読書「一番はじめに覚えたい!基本のおかず130選」にならうと、ネギとニンジン、チャーシューを粗みじん切りにして、それを卵とご飯を混ぜたものと炒めれば出来上がりだ。
みんな具が細かい
みんな具が細かい
なんて簡単な料理だろうか。刻みまくって炒めるだけ。この荒々しさ、これぞ男料理と言ってもいいと思う。

念のためレシピを載せておくなら、
1、刻んだニンジンとネギを炒める
2、1分だけレンジで温めた冷や飯と、塩を少し入れた溶き卵を混ぜたものを投入し炒める
3、刻んだチャーシューとグリーンピースを投入し炒める
4、塩コショウと醤油で味付けしたら出来上がり
とにかく強火で
とにかく強火で
具を混ぜながら炒めて
具を混ぜながら炒めて
味付け適当にしてパラパラになったら
味付け適当にしてパラパラになったら
完成!簡単!
完成!簡単!
食べてみる。あれ・・旨くない!
食べてみる。あれ・・旨くない!
普通に作ってみたチャーハン…★★
出してもいい額…200円


手順は間違っていないはずなのだが、炒めすぎてしまったのかパサパサしてて全然旨くない。味付けも足りない。簡単な工程を説明しようとしたのに失敗作ができてしまった。恥ずかしい事です。
撮影しながらだったからという言い訳もなきにしもあらず
撮影しながらだったからという言い訳もなきにしもあらず
「炒めすぎに注意する」という事を学んだ。たぶん次からは大丈夫。

その1、幕の内弁当チャーハン

という事で、いざ弁当チャーハンに取り掛かろうと思います。まずは幕の内弁当から。
コンビニで398円
コンビニで398円
お弁当やさんが閉まっていたのでコンビニで調達してきた「おすすめ幕の内弁当」。中身は鮭や煮物や玉子焼き等々、よく見かけるメニューだ。

これを細かく刻んでいきます。
ヌチャ、ヌチャ。普段の料理ではあまり感じない包丁の手ごたえ
ヌチャ、ヌチャ。普段の料理ではあまり感じない包丁の手ごたえ
あまり刻みすぎるとペーストになりそうなのでこのくらいの大きさにします
あまり刻みすぎるとペーストになりそうなのでこのくらいの大きさにします
普段は野菜やフルーツくらいしか切っていない私。包丁を通してヌチャヌチャ(シュウマイ)、ベトベト(煮物系)、パリポリ(漬物)といった新鮮な感触を楽しみながら、とにかく同じようなサイズに細かく刻んでいった。
ボリューム増えたね
ボリューム増えたね
こんなお弁当持たされたら嫌だ
こんなお弁当持たされたら嫌だ
こうして書きだしてみると、普通のチャーハンと比べてだいぶ多くの食材を使う事になる。しかもこれらは煮たり焼いたり味付けしたりといった手間が既にかかっている。すごく贅沢に感じてきた。
油をひいて弁当を投入。ドキドキ…
油をひいて弁当を投入。ドキドキ…
偽者かと思うくらいご飯カチカチ
偽者かと思うくらいご飯カチカチ
中火にして固い米をほぐす
中火にして固い米をほぐす
なんとか混ざってきた。お、美味しそう…
なんとか混ざってきた。お、美味しそう…

うまそー!と声が出た

基本のチャーハンと同様に強火で一気に炒めようとしたのだけど、ご飯が焦げてしまいそうだったので中火にしてほぐしていった。コンビニのお弁当は温める前提で作られているのか、けっこう固めですよね。
お椀ちょうどにおさまった。
お椀ちょうどにおさまった。
湯気立ち上る幕の内弁当チャーハン
湯気立ち上る幕の内弁当チャーハン
具材にすでに味がついているため、あらためて調味料で味付けはしなかった。本当にただ混ぜただけだ。

遠くに梅の香り、上品な和の味

美味しそうに湯気がたつ。香りは…弁当が温まった時の匂いだ!それはそのままだった。でも遠くに梅の香りが漂っていてなんだか上品な気がする。
具の割合がとにかく多い。宝石箱や〜!
具の割合がとにかく多い。宝石箱や〜!
スプーンでひとすくいしただけでも、様々な味・食感・色のある具が詰まっていて食べていて楽しい。

しっかりした食感が嬉しいたくあんやレンコン。対して、水分が気になっていた大根煮やねっちょりシュウマイはどこかに姿を消し、ご飯をふっくらさせたり和の味つけに一役買っているようだ。

キンピラゴボウにかかっていた白ゴマと、ご飯にかかっていた黒ゴマも見える。なんてヘルシーなチャーハンだろう。見た目もニンジン煮のオレンジ、玉子焼きの黄、梅干のピンクで春の訪れを感じさせてくれているようじゃないか。

幕の内弁当チャーハン…★★★★
出してもいい額…600円
合わせたい飲み物…味噌汁


いつもは横に並ぶだけで一緒に混ざる事のないメンバー達だが、それらは相反する事無く融合し、すっかり馴染んでしまった。

これは期待以上に美味しかった!しかし、食べながら「海苔がかかってたらもっといいな」とボンヤリ思った。

2、助六寿司チャーハン

という訳で次のエントリーは助六寿司(こちらもコンビニで398円)
という訳で次のエントリーは助六寿司(こちらもコンビニで398円)
油揚げからご飯を取り出す。服を脱がせた気分だ
油揚げからご飯を取り出す。服を脱がせた気分だ
太巻きの中身(キュウリ、卵焼き、かんぴょう、しいたけ)も細かく刻む
太巻きの中身(キュウリ、卵焼き、かんぴょう、しいたけ)も細かく刻む
刻んでいる間、甘く煮付けている油揚げのいい香りがたまらない。今すぐ食べたいが我慢だ。そして全部切りおわったのがこちら。
爆発したような躍動感!
爆発したような躍動感!
それでは炒めちゃいましょう(油ひきすぎた)
それでは炒めちゃいましょう(油ひきすぎた)
やっぱりご飯は固めなので中火で
やっぱりご飯は固めなので中火で
海苔は無理やり切る
海苔は無理やり切る
いい香り!
いい香り!
これもお椀ちょうどにおさまりましたよ
これもお椀ちょうどにおさまりましたよ
できた!助六寿司チャーハン
できた!助六寿司チャーハン
出来上がると、油揚げの甘い匂いと共にしょうがの良い香りが…これ絶対美味しいよ。
そしてやっぱり海苔、うまいわ…
そしてやっぱり海苔、うまいわ…

これは何かに似ている…おこわだ!

酢飯を炒めるとどうなっちゃうのだろうかと不安もあったのだが、食べてみるとモチモチとした食感、そして全体的な甘み…例えるなら、これはおこわだ。美味しい!

幕の内チャーハンより具材は減ったものの、しょうが(ガリ)の辛味、キュウリと海苔のアッサリとした味が油揚げのしつこさを和らげてくれ、これもトータルで馴染んでる。もう一度言うけど美味しいわこれ。(でも油ひきすぎて若干もたれた)

助六寿司チャーハン…★★★★☆
出してもいい額…700円
合わせたい飲み物…お吸い物

3、中華弁当チャーハン

次のエントリーは中華お楽しみ弁当(デパ地下787円)
次のエントリーは中華お楽しみ弁当(デパ地下787円)
さて、和が二品続いたのでお次は違ったテイストのお弁当にトライしてみたい。チャーハンと同じ、中華料理がいろいろ詰まった弁当だ。これはどんな味になるのだろう?
シュウマイを切ってみると、カニがホロホロと出てきた。さすがデパ地下クオリティ。
シュウマイを切ってみると、カニがホロホロと出てきた。さすがデパ地下クオリティ。
酢豚とエビチリを刻んだ写真はちょっとアレなので自粛します。(黒いのはきくらげ)
酢豚とエビチリを刻んだ写真はちょっとアレなので自粛します。(黒いのはきくらげ)
ちなみに酢豚とエビチリはそれぞれソースが絡まっていてまな板が汚れるのでラップをひいた上で刻んでいきました。
マーボ豆腐がすっかり別物になった
マーボ豆腐がすっかり別物になった
それにしても贅沢だなあ
それにしても贅沢だなあ
今回、刻んでいる間に食べたくなった弁当NO1である。特に酢豚は大好物なので、ああこのまま食べられるのに…と勿体無く感じた。しかしここはグッと我慢だ。
入れちゃうぞ!毎回この時はドキドキする
入れちゃうぞ!毎回この時はドキドキする
もう取り返しつかない。美味しくなってくれよ
もう取り返しつかない。美味しくなってくれよ
今回はほぐしやすい
今回はほぐしやすい
量も多め。
量も多め。
できた!中華弁当チャーハン。
できた!中華弁当チャーハン。
コンビニ弁当との違いだろうか、ご飯はそんなに固くなかった。また、エビチリや酢豚、マーボ豆腐などのソースがあったため水分が多めだ。ご飯の粘着度が高くどっしりとしている。

エビチリのいい香り

全体的には甘辛いエビチリの香りがする。たけのこやきくらげのコリコリ、海老のプリプリ、酸味が感じられる酢豚の鶏肉にほんのりカニの風味がする…もう、美味しいこれ!
海老のプリプリ…最高に美味しい
海老のプリプリ…最高に美味しい

例えるなら中華風石焼ビビンバか。それも高級の

中華弁当チャーハン…★★★★★★
出してもいい額…1,200円
合わせたい飲み物…ワカメスープ


一気に評価が跳ね上がったのは、今まで同様に具が多くて楽しいプラス、素材の良さもあった。それと、実はご飯がパラパラのチャーハンより、水分が多いご飯の方が自分の好みのようだ。あー、これはもう一度食べたい。

4、洋風弁当チャーハン

最後のエントリーはチーズタコライス&ハンバーグ弁当(お弁当屋さんで500円)
最後のエントリーはチーズタコライス&ハンバーグ弁当(お弁当屋さんで500円)
最後はアメリカ人とイタリア人とメキシコ人あたりが好きそうなメニューである。

そんな中でもピンク色に染められた漬物がここは日本だと主張しているようでおかしい。そういえばお弁当には必ず漬物がありますね。
茹でたスパゲッティを微塵切りにする料理が他にあるだろうか
茹でたスパゲッティを微塵切りにする料理が他にあるだろうか
外国にケンカ売ってるみたいな気分
外国にケンカ売ってるみたいな気分
ミンチにしてやったぜ
ミンチにしてやったぜ
世界平和を願いつつ
世界平和を願いつつ
しかしピンクの存在感ってほんと凄い
しかしピンクの存在感ってほんと凄い
だんだん世界が一つになってきた
だんだん世界が一つになってきた
ん〜?!これは…ジャンバラヤの匂いか?
ん〜?!これは…ジャンバラヤの匂いか?
今回もタコライスやハンバーグのソースが多めで、パラパラというよりネッチョリ系に出来上がった。

香りはジャンバラヤ。そう、デニーズでかつてよく食べていた(今もあるかな?)ジャンバラヤはこんな匂いだった気がする。見た目の色も似ている。
水分度はこれまででトップ。
水分度はこれまででトップ。
肉とパスタの比率が高し。
肉とパスタの比率が高し。

深みのあるミートソース味、柔らかく、甘い

これも美味しい!ハンバーグが丸々入っているだけあってお肉の旨みがしっかりしている。一言で言ってしまえばミートソーススパゲティの味。見た目と香りはジャンバラヤを想起させたけど、食べてみたらスパイシーさは無いので違った。

ソースが多かった為ちょっと水分が多すぎるが、柔らかさや味の好みからして子供が好きなのは間違い無し。焦げ目が特に美味しかった。大人ならタバスコをかけるといいだろう。

洋風チャーハン…★★★★★
出してもいい額…950円
合わせたい飲み物…コーラ
ちなみにお椀一杯とおにぎり一個分くらいの量。この写真が何かの役に立つか分からないけど一応。
ちなみにお椀一杯とおにぎり一個分くらいの量。この写真が何かの役に立つか分からないけど一応。

お弁当チャーハンはどれも旨い

一つくらい失敗作ができてしまうかもと思ったけど、今回やってみた弁当全てが周りとケンカする事なく、むしろ足りない部分を補っているかのように美味しかった。

近所の弁当メニューに飽きてきた時にいいかもしれない。あるいは、誰かを家に招きたいけど料理が苦手なんだよな…という人にもお薦め。食べた人は具材の多さにビックリして、何が入っているのかと聞かれるかもしれない。その時は「エビチリと、酢豚とシュウマイと…」と正直に答えましょう。

それと共通で思ったのは、「海苔を入れたらきっともっと旨い!」ということ。お弁当チャーハンにトライする方がいたら海苔をレシピに入れてみてください。
悔しいのでもう一度基本のチャーハン作ったら上達していた。だが今となっては物足りない。
悔しいのでもう一度基本のチャーハン作ったら上達していた。だが今となっては物足りない。
 ▽デイリーポータルZトップへ  

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓