フェティッシュの火曜日 2012年3月6日
 

コンビニご予約弁当食べくらべ

プチ贅沢なご予約弁当
プチ贅沢なご予約弁当
コンビニに「ご予約弁当」なるものがあるのを知っているだろうか。
いわゆる「コンビニ弁当」ではない、慶事弔事など特別な時のための、仕出し弁当のような扱いのお弁当だ。
店頭のパンフレットで存在は知っていたが、食べたことはない。
ちょいと、食べくらべてみようか。
1973年北海道生まれ。物心ついた頃から飽きっぽい。そろそろ自分自身にも飽きてきたので、神様にでもなってみたい今日この頃。
> 個人サイト 「月刊 馬泥棒」 ツイッター

文字通り、予約が必要な弁当だ

「ご予約弁当」というだけあって、購入には数日前から予約が必要だ。
コンビニのレジにいって「ご予約弁当をお願いしたいんですが」というと、パンフレットを出してくれる。
それに名前や連絡先などを記入すれば、何日か後に豪華なお弁当を用意してくれるのだ。
こういうのに書いてレジで申し込みするのだ
こういうのに書いてレジで申し込みするのだ
しかし、このご予約弁当、注文する人はそう多くないらしく、レジでバイトのお兄さんに聞いても、「えーと…」と戸惑われることもあった。
けれどもみんな親切に、マニュアルなんかをあたってくれて、注文をすることができた。
見た目は普通のお弁当的な感じで渡される
見た目は普通のお弁当的な感じで渡される

サンクスのご予約弁当 880円

というわけで、予約から数日後、お弁当を取りにいった。
この「予約→受取」という作業自体が特別な感じだ。
まずはサンクスのご予約弁当を紹介しよう。
御弁当というシンプルな表示
御弁当というシンプルな表示
公式サイトによるとお品書きは

・ぶり照焼
・海老天
・いんげん肉巻天
・煮物(筍、高野豆腐、蓮根、椎茸)
・ロースとんかつ
・厚焼玉子
・黒豆
・うずら煮
・小松菜煮
・ひじき煮

となっている。
二段重ねだ、うれしい
二段重ねだ、うれしい
コンビニ弁当らしい記載は裏にある
コンビニ弁当らしい記載は裏にある
なかなか豪華なラインナップだ。
ふだんのコンビニ弁当とは一線を画している。
みっしりと詰まっている感じに心躍る
みっしりと詰まっている感じに心躍る

お、とくべつ!

二段重ねのお弁当はずっしり重い。
外装フィルムをとると、いかにもな感じでおかずが詰まっている。
オウ、ゴージャス!
オウ、ゴージャス!
ちなみに下段は、メシ
ちなみに下段は、メシ

880円の価値を満喫

さあてさて、たくさんのおかずに目移りだ。
一般的に「コンビニ弁当」というと、なんというか、わびしさみたいなものが伴いがちだが、このご予約弁当にはそういった佇まいがまるでない。
ぶり照り焼きにエビ天など
ぶり照り焼きにエビ天など
たとえば「焼肉弁当」みたいな力強さはないが、こまかいところに気配りを感じる。
煮物が充実しているのも、見た目優先な平常時用の弁当とは異なる。
煮物ってのがいいね、あとトンカツも
煮物ってのがいいね、あとトンカツも
黒豆がおめでたさを表す
黒豆がおめでたさを表す
奥の方に、焼き鳥的なものや玉子焼きなどが隠れてるのがまたたまらない
奥の方に、焼き鳥的なものや玉子焼きなどが隠れてるのがまたたまらない

おめでとうございます、とくに何もないけど

さすが特別なお弁当だけあって、全体的にどことなくめでたい。
見ているだけでいい気分になってくる。
なんにもいいことがなくても、お祝いされているような気分で、ちょっと気恥ずかしい。
花びら型の人参で特別な感じを味わう
花びら型の人参で特別な感じを味わう

ふつうのよりうまく感じる

なんとなくとくべつ感があるご予約弁当だが、そのせいか、ふつうのお弁当に入っていそうなおかずまで、おいしく感じてしまう。
もしかしたらちょっと高級な材料を使っていたり、調理法が違っていたりするのだろうか。
肉厚のトンカツがボリューミー
肉厚のトンカツがボリューミー
そう思いながら食べていたが、やっぱりうまいんじゃないか、と最初に確信したのがぶりの照り焼きだ。
これは、ちゃんとうまい。
いつものコンビニ弁当は、味わうなんてことをろくにせずに、ただかき込むだけになってしまいがちだが、ご予約弁当には味わう楽しみがある。
ふつうの幕の内とは一線を画んじゃないかと思った
ふつうの幕の内とは一線を画んじゃないかと思った
こういう、ちょっとしたオマケ的なのがうれしいんだな
こういう、ちょっとしたオマケ的なのがうれしいんだな

いんげん肉巻天

その味わう楽しみを最大限に発揮したのが、この「いんげん肉巻天」である。
お弁当には、かならず一輪、可憐な花が咲いていると思う。
たとえばのり弁の白身フライとか、シウマイ弁当の焼売とか、立役者のような、食べ終わったあとに思い出が残るような一品が。
サンクスのご予約弁当のそれは、いんげん肉巻天だ。
仕出し弁当に負けないうまさ
仕出し弁当に負けないうまさ
ああ、このお弁当に出会ってよかったな、と思えるおいしさである。
もちろんエビ天もとんかつも魅力的なのだが、食後の余韻の、主旋律を奏でていたのがいんげん肉巻天であった。

しかし、そう思えるのも立役者をサポートする、たくさんのおかず達がいるからだ。
おひたしなど、こっそり支えているおかずの力があってこその、ご予約弁当である。
コンビニ弁当にはない感じの小松菜
コンビニ弁当にはない感じの小松菜

安心感のあるおかずも

特別特別と騒いできたが、玉子焼きは食べ慣れたサンクスのお弁当の玉子焼きだった。
そのへんの安心感のバランスも、気が利いていてよい。
880円でずいぶん満足した。
もう少し高い、他社のご予約弁当の満足感はもっと上なんだろうか。
玉子焼きは、普通だった(うまいんだけど)
玉子焼きは、普通だった(うまいんだけど)

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓