ちしきの金曜日 2012年3月9日
 

北海道で巨大モアイに会いに行く旅

!
北海道に行くことになった。今度僕が卒業する専門学校の修学旅行である。

北海道は初めてでまったく知らない。しかも国家試験のすぐ後に行くので下調べもろくにできていない。

さらに、旅行の日程表を見るとほとんどが「自由行動」なのだ。これは困った。
1982年、栃木県生まれの指圧師です。自分で企画した「下北沢ふしぎ指圧」で施術しています。何をしているときでも「みんなが自分の治療院に来てくれるといいな〜」って思っているのですが、ノイローゼでしょうか。
> 個人サイト 下北沢ふしぎ指圧

こんなでかい飛行機に乗っても行くところ決まってない…
こんなでかい飛行機に乗っても行くところ決まってない…
北海道上陸した。寒い。雪の反射で目がつぶれそう
北海道上陸した。寒い。雪の反射で目がつぶれそう

困ったときはツイッターだ

僕は前日に不安な気持ちが高まっていて、思わずツイートしている。詳しい人からアドバイスがもらえるだろうか。
あせりが「!」の数にあらわれていますね
あせりが「!」の数にあらわれていますね
ランチはおいしいところを教えてもらえたけれど…
ランチはおいしいところを教えてもらえたけれど…
明日はどうしようか…
明日はどうしようか…
知らないところなのでとにかく不安である
知らないところなのでとにかく不安である
ああ…
ああ…
心配事があってもうまそうなものには目が行ってしまう。海産物の写真ばかり撮っていた。

夜になると、当サイトのライター、北村さんから返信をもらえた。札幌駅から少し離れたところにある霊園がおもしろそうだという。
!
広大な霊園の中に巨大なモアイがあるとのこと。北村さんが好きそうなB級スポットのにおいがプンプンする。

車でないと行けない場所だが、最寄り駅(真駒内駅)から日に3本、無料の送迎バスが出ているそうだ。

北海道まで来てB級スポットか…。しかも以前当サイトで、北海道在住ライターの加藤和美さんがとりあげているようだ(→『雪中モアイ』)。しかし他にめぼしいところもない。明日はそこに行くことにした。

不安を乗せたバス

日に3本のバス。一つ逃すと後がない。僕は1時間前からバスの待ち合わせ場所にいた。
なにもないところ
なにもないところ
待ち合わせ場所に何も目印がないのが不安だ。本当にここにバスが来て、モアイのところまで連れて行ってくれるのか?
!
…そんなことを考えていたら、出発時刻の5分前くらいには、地元の参拝の人たちが何人か集り出して…
定時きっかりにバスも来た
定時きっかりにバスも来た
!
「え…?これは霊園行きのバスですよね。」

「いや。霊園っていっても広いから。どこまで行くの?」

「僕はモアイを観に来たんです。」

「あー(やっぱりモアイか、という表情)モアイのところで一度降りると、そこからもうどこにも行けないから。モアイで降りて20分後にもう一回迎えのバスを出すけれど、それで良い?」

「あ、ハイ。それでお願いします…ありがとうございます…」
バスはさらに郊外に向かって走る。どんどん雪が深くなる
バスはさらに郊外に向かって走る。どんどん雪が深くなる
あ、看板!やっぱりモアイなんだ!この霊園!
あ、看板!やっぱりモアイなんだ!この霊園!
バスが霊園の入り口にさしかかった時、それは唐突に僕の目の前に現れた。
で!でかい!
で!でかい!

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ