土曜ワイド工場 2012年3月10日
 

地名餃子を食べ歩き誕生させる

これは金町餃子です!
これは金町餃子です!
地名を冠にした「地名餃子」なるものがこの世には存在する。「宇都宮餃子」などがそれにあたる。

調べてみると、この地名餃子は東京にもあるようだ。今回はそれらを食べ歩き、最終的には地名餃子を作ってみようと思う。
1985年福岡生まれ。思い立ったが吉日で行動しています。地味なファッションと言われることが多いので、派手なメガネを買おうと思っています。
> 個人サイト Web独り者 彼女がいる風の地主恵亮

地名餃子とは?

地名を冠にした餃子が存在する。先に書いた「宇都宮餃子」もそうだし、三重県津には「津ぎょうざ」なるものがあり、北九州の八幡には「八幡ぎょうざ」というものがあるそうだ。僕はそれらを地名餃子と呼んでいる。
ちなみに餃子は大好物です
ちなみに餃子は大好物です
このような地名餃子が近くにもないものかと思っていたら、東京にもあるようだ。宇都宮や津のような広範囲ではなく、もっと狭い範囲の地名がつている。早速食べに出かけることにした。
西荻窪にやって来ました
西荻窪にやって来ました

西荻餃子

中央線の駅である「西荻窪駅」。荻窪駅、吉祥寺駅に挟まれ若干影が薄い場所だ。中央線も動物園で言うと雉のオリの前のような感じで平日以外は通過してしまう。駅前には「せんとくん」の製作者が作った象の像がなぜか鎮座している。
「せんとくん」と通ずるものがある
「せんとくん」と通ずるものがある
そんな西荻窪、通称「西荻」にある地名餃子が「西荻餃子」である。駅前に入り口がある仲町街というゴールデンレトリーバーが3匹横に並んで歩けば追い越しできなくなるような狭いアーケード街にあるお店だ。
西荻餃子(東京都杉並区西荻南3-10-10)
西荻餃子(東京都杉並区西荻南3-10-10)
間違いなく地名を冠にしている餃子だ。メガネがないと生活できない僕がメガネを外しても読み取れるほど大きく「西荻餃子」と書かれている。もちろんメガネをつけて見てみるとより鮮明に「西荻餃子」と読み取れた。
テイクアウト専門です
テイクアウト専門です
もうかなり前からあるお店らしく、キャベツとひき肉が主原料で冷えてもギトギト感がなく美味しいそうだ。「西荻を意識して作っているんですか?」と聞いたら別にそういうわけではない、という答えだった。西荻にあるから西荻餃子なのだ。
美味しそう!
美味しそう!
モチモチの皮とキャベツの甘みが絶妙。その美味しさは、いつまで経っても「中国4000年の歴史」という止まってしまった時間を動かせるほどだった。西荻窪から中国4001年の歴史を刻んだ気がした。
うまいの最上級の「うんまい」です
うまいの最上級の「うんまい」です

金町餃子

次は金町駅にある地名餃子をいただく。常磐線などが止まる葛飾区にある駅だ。隣の駅は松戸駅で、もう千葉が手を伸ばせば届く位置にある。松戸駅の方が大きいので、ここもどこか影が薄い気がする。
金町駅
金町駅
そんな金町にあるのが「金町餃子」だ。駅からすぐなのだけれど、その道中には「金町」よりも違う地名が多かった。「博多ラーメン」「うどん四国大名」「長崎カステラ」など。ホームなのにアウェイ感が漂う。そんな場所に金町餃子はあるのだ。
金町餃子(東京都葛飾区金町6-5-1)
金町餃子(東京都葛飾区金町6-5-1)
この金町餃子は中国餃子だそうだ。ややこしい。やはり金町にあるから金町餃子なのだろう。この餃子からピーナッツの脅威などは感じ取れない。ただ美味しそうなだけだ。こういう猫がいたら絶対にかわいいだろうという餃子なのだ。
コロコロしている
コロコロしている
絵に描いたような具沢山。そしてモチモチの皮がたまらなく美味しい。ニンニクが入っていないので、パンチ力こそないが、母性のような優しさに満ち、いくらでも食べられる気がする。彼女にしたいタイプの餃子だ。これまた中国の歴史を進めたと思う。あわせて中国4002年の歴史だ。
美味しくてなのか、すっごいアップな写真になっていた!
美味しくてなのか、すっごいアップな写真になっていた!

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓