土曜ワイド工場 2012年3月10日
 

「氷のナイフ殺人事件」は本当に成り立つのか

証拠隠滅、消えてなくなる冷たいナイフ
証拠隠滅、消えてなくなる冷たいナイフ
推理小説の有名なトリックの一つに、消える凶器、というものがある。

被害者の死因が刃物による刺し傷であることは明らかなのに、いくら探してもその凶器が見つからない。
実は犯人は氷で作られたナイフで犯行を行なっており、凶器は現場から溶けてなくなってしまっていたのだ…というものである。

ミステリのトリックに対して「そんなこと実際は無理なんじゃない?」という突っ込みを入れるなど野暮な行為であることは百も承知だが、しかし。

どうしても気になる。
これ、可能なのだろうか。
石川県出身。以前は普通の会社員。現在は透明樹脂を用いたアクセサリーを作る人。好きな色は青。好きな石はサファイア。好きな犬はウェルシュ・コーギー。

前の記事:「お金の降るスノードームを作る(後編)」
人気記事:「こんなに違う!沖縄もずくと能登もずく」

> 個人サイト capria

そもそもどうやって作るんだ

その氷のナイフ、とやらを実際に作って検証してみようと思う。検証というのはつまり、刃物としての性能を確かめる、という意味であって、殺人事件を巻き起こすつもりはないのでご安心ください。

しかしそうは言っても、困った。どうやって氷を刃物の形にしたらよいのだ。
包丁の型を取ろうか…と本気で考えた
包丁の型を取ろうか…と本気で考えた
大きな氷塊からシャリシャリと削り出せばよいのだろうか。だとするとこの手の犯人たちは皆、氷の造形に長けているということか。なかなかレアなスキルをお持ちだ。

いっそのこと、実は犯人の職業は氷の彫刻家だった、というのはどうだ。それならナイフの制作くらいお手の物だろう。しかし「そうか!凶器は氷のナイフだったんだ…そしてその犯人はあなただ!なぜなら氷の扱いに慣れているから!」という謎解き展開は間違いなく読者から石を投げられると思う。安直すぎる設定は身を滅ぼす。
そしてひらめいた。板状の氷を割るというのはどうだろう。
そしてひらめいた。板状の氷を割るというのはどうだろう。
例えば、うっかり割ってしまったガラスや陶器の破片で怪我をする、というのはよくある話だと思う。あれはちょっとした凶器といえるのではないか。

同じ要領で「氷の破片」を作ってあげればどうだろうか。うん、なかなか良い案な気がしてきた。
早速氷の板を作ろう。包丁の型を取るよりずっと簡単だ。
早速氷の板を作ろう。包丁の型を取るよりずっと簡単だ。

氷の破片を作る

金属製のトレイに水を張って、冷凍庫で一晩凍らせる。そう、当然ながら氷のナイフを用意するには水を氷にするだけの時間が必要となる。計画的犯行というやつだ。「ついカッとなって…気づいたらこの人が血まみれで倒れてたんです!」という定番のアレは通用しないのだ。
これが
これが
こうなった
こうなった
横から見るとなぜか一部分だけふっくらしているのが気になるが、しっかり凍っているからまあよし。
横から見るとなぜか一部分だけふっくらしているのが気になるが、しっかり凍っているからまあよし。
さてトンカチで叩き割るとしよう。

凍らせて、割って、ナイフ作りは意外に手間がかかる作業だ。トレイを冷凍庫に入れる際にうっかり手を滑らせて床をびしゃびしゃにしたりしているかもしれない。まだかなまだかな、と何度も冷凍庫の扉を開けてチェックしたり、氷具合を指でつついて確かめたりしているかもしれない。(全部私の話だ)

現場から凶器を消す、というただそれだけのためにこんな地道な苦労を重ねているだなんて、推理小説の犯人も楽じゃない。
ともあれ、せーの
ともあれ、せーの
えいやー!
えいやー!
ドキドキしながらトンカチを軽く振り下ろす。あまり大きな音を立ててはご近所迷惑なので、そういうところにも気を配りつつ凶器を制作する庶民派犯人である。

さて一応それらしい形には割れた気がする。どうだろう、ナイフに使えそうな破片はあるだろうか。
これはちょっと、角度が甘いかしら
これはちょっと、角度が甘いかしら
おお、この鋭角はなかなか良さそうだ
おお、この鋭角はなかなか良さそうだ
それにしても冷たい。素手で長時間持つには無理がある。溶けるし。

この場合の手袋は現場に指紋を残さないためではなくて手を凍傷から守るためだな、と思いながら適当なビニール手袋を使っているが、薄すぎて焼け石に水だった。犯人は軍手を用意すべきだ。

とにかく破片を選別したところで、何かに突き立ててみたい。

肉の塊でも買ってくるか…とも思ったが生々しくなりそうなのでやめておいて、こんなものを用意した。
被害者:トマト氏
被害者:トマト氏

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓