はっけんの水曜日 2012年3月14日
 

画竜点睛を欠いたり足したりしてみる

!
画竜点睛を欠く、という言葉がある。 意味は「肝心な一点がないために全てダメになってしまう」こと。

その語源は、むかし中国の絵の名人が龍の絵を描き、最後に瞳を描き入れたところ、 龍が本物となって飛んでいった説話に由来する。

しかし瞳の有る無しは、確かに大切だと思うが、全部台無しになってしまうほどだろうか。 実際キャラクターでも白目や黒目があるのかどうかすら疑わしいのだっている。

本当に画竜点睛を欠くとダメなのか検証してみたい。
1985年生まれ札幌市出身。髪がとても硬いため寝癖がなかなか直りにくい体質。そのためよく帽子をかぶっています。
> 個人サイト こざとへんなところ+++

目を入れることでダメになる例

大概の物は目が描き入れてあった方が良いことに異論は無い。 ただ目を描き入れることで逆にあまり良くないことになることもある。
例えばこういうの。
例えばこういうの。
これは北海道のとある場所(覚えてない)にあった、おそらく恐竜のモニュメント。 たぶんこのあたりで発掘された恐竜の復元図などの類であろう。

とりあえずこれが何かは置いといて、顔の方に注目すると黒目が描いてある。
恐竜を見たことはないが、目を入れたことで本物から遠ざかってる気がする。
恐竜を見たことはないが、目を入れたことで本物から遠ざかってる気がする。
確かに黒目があることで、恐竜の”恐”の部分は出ているが、”竜”からはだいぶ違う方向に飛んでいってはいないか。

どちらかというと白目のまま、もしくは全部黒で塗りつぶした方が良い結果が出た気がする。
対照的にこちらは画竜点睛が欠いている例。
対照的にこちらは画竜点睛が欠いている例。
これは白目だけで黒目が入ってない。ただこのでかい葉っぱの下で雨宿りしてる「俺たちなにやってんだろう」な雰囲気は、白目である分、魂抜けきった感じがよく出ている。

これに試しに画像処理で黒目を描き入れてみるとこんなだ。
「社長に『仕事は心をポジティブに偽る修行』と言われました…。」
「社長に『仕事は心をポジティブに偽る修行』と言われました…。」
目が入ることで人間らしさが増してストーリーが見えてくるが、この場合はそれが裏目に なっている気がする。

この表情、とてもぐったりしていて、まるでバイト先の社長に心をポジティブに偽るよう言われた自分のようだ。童話の世界にそんな現実いらない。

このように、画竜点睛を欠くことが100%悪いというわけではないと感じるのだ。

黒目を消すと雰囲気は変わるか

画竜点睛を欠くという言葉の意味をもう一度思い出してみよう。それは「肝心の一点がないために全体がダメになる」だ。

では完成しているのにダメなものにたいしてはどうだろう。
地獄の三兄弟。
地獄の三兄弟。
これは私の小・中・高時代の卒業写真。その頃をことを書こうとするとこの記事が悪魔教本になってしまいかねないので特に書いたりはしないが、とにかく写真からダメダメな感じが漂ってくるのは分かると思う。

これら画竜点睛を欠いてないのにダメな写真。目を描き入れるかどうかで全体の印象が変わってしまうのなら、逆に画竜点睛を欠くことで良くなったりはしないだろうか。

画竜点睛をA、欠いてない状態をB、卒業写真を負の値 -Cとした場合、以下の方程式が成り立つはずだ。

画竜点睛を欠くことで良くなる方程式

・画竜点睛(A)を欠く(-B)
A×(-B)=-AB(マイナスだからダメ)

・画竜点睛(A)を欠いてない(B)
A×B=AB(プラスだから良い)

・画竜点睛(A)を欠いてない(B)卒業写真(-C)
A×B×(-C)=-ABC(マイナスだからダメ)

・画竜点睛(A)を欠く(-B)卒業写真(-C)
A×(-B)×(-C)=ABC(プラスだから良い)

このように数学の定理に従えば、卒業写真は画竜点睛を欠いた方が良くなるはず。
良くならんわ。
良くならんわ。
怪光線を放ちそう。
怪光線を放ちそう。
怪光線を放つ能力は高校卒業時もありました。
怪光線を放つ能力は高校卒業時もありました。
もともとダメなものはもっとダメになる、ということか。 単純に計算だけでは計ることの出来ない画竜点睛の深さ(むしろ知恵の浅さ)がある。
ここからまた画竜点睛してみたら雰囲気は変わったがダメであることに変わりはない。
ここからまた画竜点睛してみたら雰囲気は変わったがダメであることに変わりはない。
ダメの監獄から抜けられない。
ダメの監獄から抜けられない。
とはいえこれはあくまでテスト。 世界にはまだ試すべきサンプルがたくさんある。 次は外に出て黒目の有る無しの違いを検証してみたい。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓