はっけんの水曜日 2012年3月14日
 

画竜点睛を欠いたり足したりしてみる

白目アイテム

外でいろいろと白目にしてみるには、まずそういうアイテムが必要。 今回は以下のものを用意した。
白のマグネットにペーパーセメントという糊を塗る。
白のマグネットにペーパーセメントという糊を塗る。
乾くと付箋みたいに付けたり剥がせたり出来る糊です。
乾くと付箋みたいに付けたり剥がせたり出来る糊です。
裏表で白目黒目を可能にする優れもの。
裏表で白目黒目を可能にする優れもの。
これを顔が写ってるポスターなどに付けることで、画竜点睛を欠く状態にすることが出来る。

ただこれだけだとサイズの違いに対応することが出来ないため、別の道具も用意した。
練り消し。
練り消し。
必要なサイズにちぎって目に貼り付けて使える。
力強いゴリラの目差しが、
力強いゴリラの目差しが、
虚ろに。
虚ろに。
ゴリラは画竜点睛を欠いてないほうが良い。なぜならゴリラは現代の龍のような存在だからだ。

白目と黒目による違い

ここからは街で見かけたイラストなどを画竜点睛を欠いた状態にしてみて その言葉の意味をより深く検証してみたいと思う。

まずはこちら。
オールドスクール飛び出し。
オールドスクール飛び出し。
車も人、どちらも白目とも黒目ともつかない目をしている。 とりあえずマンガ的表現の目が入ってるということにしよう。

これを画竜点睛を欠くとどうなるか。
車。もう意識が飛んで事故の回避をあきらめている。
車。もう意識が飛んで事故の回避をあきらめている。
人。同じくもうあきらめている。
人。同じくもうあきらめている。
では画竜点睛を入れるとどうか。
子供関係無く、隣のなにかにびっくりしてるように見える。
子供関係無く、隣のなにかにびっくりしてるように見える。
こんなのが飛び出てきたらそれは驚くだろう。
こんなのが飛び出てきたらそれは驚くだろう。
確かに画竜点睛という言葉の通り、、白目だと魂が抜けて見え、黒目だと魂が入ってるように感じる。特に飛び出す子供の方にはだいぶマズイ感じの魂が。
目がそもそもないキャラクター。
目がそもそもないキャラクター。
かっこよさは落ちるも、白目で少し人間味が出た雰囲気に。
かっこよさは落ちるも、白目で少し人間味が出た雰囲気に。
黒目だと完全にマヌケキャラ。
黒目だと完全にマヌケキャラ。
やはり目の印象はそれだけで全体の出来を左右する。 このキャラクターの場合は画竜点睛を欠いても欠いてなくてもどっちもダメだと思う。
ちなみに練り消しを使う方法は、すごく申し訳ない気がしたので無しになりました。
ちなみに練り消しを使う方法は、すごく申し訳ない気がしたので無しになりました。

<もどる▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>


 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓