デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ロマンの木曜日 2012年3月15日
 

アルフォートをカスタマイズしたい

俺たち、甘いけど甘くないぜ!
俺たち、甘いけど甘くないぜ!
みんな大好きアルフォート。どこのスーパー・コンビニに行っても必ずお目にかかれる、あの独特の外観はすっかりお馴染みのものだろう。

独特な外観とは、もちろんあの「船の絵」のことである。初めて見たときは「なぜ船の絵なんだろう」と思わないでもなかったが、慣れ親しむにつれ「船しかないだろうこれは」という気持ちになってきた気がする。

では、船ならなんでもいいのではないか。
乙幡啓子 乙幡啓子(おつはたけいこ)
1970年群馬県生まれ。工作をしがちなため、各種素材や工具や作品で家が手狭になってきた。一生手狭なんだろう。出したものを片付けないからでもある。性格も雑だ。もう一生こうなんだろう。
> 個人サイト オツハタ万博

あなたの好きな船は何ですか

「慣れ親しむ」と書いたが、しょっちゅうアルフォートを食べているわけではない。たまにふと買ってみるだけ、という怠けファンである。よって急遽、近所のコンビニでアルフォートを仕入れてきた。
あともう1種類あった。お菓子のバリエーションって、増えると楽しいよね。
あともう1種類あった。お菓子のバリエーションって、増えると楽しいよね。
当然みなさんがアルフォートを知ってるもんだと思って書いてきてしまった。くだんの船の絵というのは、こちらです。
帆船の浮き彫りが施してある。優雅なたたずまい。
帆船の浮き彫りが施してある。優雅なたたずまい。
ブルボンのショッピングサイトの説明にも「アルフォートやルマンドでおなじみの」という枕詞があるくらい、このお菓子はブルボンの代表作なわけである。

チョコと小麦全粒粉のビスケットを同時に味わうと、びっくりするほど美味しい!というわけではないのだが、やさしく親しみある甘みが口に広がる。このちょうどいいサイズと相まって、ついついあと1つ…と後をひいてしまう。
アルフォートの実寸を計る日が来るとは。
アルフォートの実寸を計る日が来るとは。
食べてばかりもいられません。これから、気の遠くなるような作業に入らねばならない。この大きさの土台を作り、好きな船の絵をレリーフとして収めるわけだ。

ところでアルフォートには定番の大きさのものと、今回買った「ミニ」とがあるのだが、すっかりミニのことしか頭になかった。これはまずった。定番のほうを思い出していればもうちっと楽だったのに・・・!あとの祭りである。
ベニヤ板をサイズどおりに切断。
ベニヤ板をサイズどおりに切断。
端っこから約1.5mmのところに線をひく。
端っこから約1.5mmのところに線をひく。
その線まで斜めに削って、板の断面を台形に。
その線まで斜めに削って、板の断面を台形に。
こうなる。
こうなる。
土台に縁取りをするのはまた後で。はー、ここまでたいぶ時間がかかってしまった。木の加工は、「物作ってる感」がすごくあって楽しいけど、手作業でやるのはやっぱり大変だ。

次は土台に下絵を描くのだが、絵心もないしパパッとすませたいので写真をトレースすることにしよう。でも地味にここで悩む。どうやって木に絵を移すか?
挙句の答えがこれだ、人力カーボン紙。絵の裏に鉛筆粉をなすりつけよう!
挙句の答えがこれだ、人力カーボン紙。絵の裏に鉛筆粉をなすりつけよう!
表から、鉄筆代わりのシャーペンでだいたいの線をなぞる。
表から、鉄筆代わりのシャーペンでだいたいの線をなぞる。
ナイスアイデア!しかしこのときはまだ、この作業がほとんど不要なものだったと気づく由もなかったのである。


 つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation