ひらめきの月曜日 2012年3月19日
 

みかん果汁100のハンバーグ

生果汁換算比 着色料不使用
生果汁換算比 着色料不使用
果汁グミを食べているとパッケージに果汁100と書かれていることに気がついた。果汁100?グミなのに?

更に良く見てみると、いろいろ足してるけど濃縮したやつに足してるから割合としては100%にしてるよ。というようなことが書かれていた。

ということはそれがOKなら、上の写真のハンバーグはみかん果汁100だ。

1983年三重県生まれ、大阪在住の司法書士。 手土産を持参する際は消費期限当日の赤福で受け取る側に過度のプレッシャーを与える。
> 個人サイト owariyoshiaki.com

果汁100%じゃなくて果汁100なのよ

イラストの女の子のカバンから桃がポロポロこぼれ過ぎ。
イラストの女の子のカバンから桃がポロポロこぼれ過ぎ。
当サイト編集部石川さんの「固いグミが好きで好きでたまらない」という記事を読んで。あぁ、グミ食べたくなってきた、柔らかいの。と思って果汁グミ買ってきて食べていて気がついた。もも果汁100って書いてある…グミなのに!?
そこ突っ込んでくるのわかってんだよ!ってな感じの注意書き。
そこ突っ込んでくるのわかってんだよ!ってな感じの注意書き。
果汁だけではグミは作れまい、と思って気になってみてみると左下に注意書き。その部分だけ写してみると、そこよりも桃のおしりっぽさの方に目を取られる。
簡単にいえばこういうことだろう。
簡単にいえばこういうことだろう。
説明書きでは何倍に濃縮して、何グラム…と書いているが、簡単にいうと上の図のような事だろう。割合として100%分の果汁が入っているから果汁100なの!という理屈、通るか、通らないか。言ったもん勝ちか。

果汁200ゼリー

ちなみに、果汁100%じゃないとパッケージに果物断面図を載せられないらしい。世の中、小さな違いに色んな意味が込められている。
ちなみに、果汁100%じゃないとパッケージに果物断面図を載せられないらしい。世の中、小さな違いに色んな意味が込められている。
ならば果汁100のものって色々作れるんじゃないかと、ジュースを買ってきた。このジュースは「果汁100」ではなく「果汁100%」。混ぜ物が入っていたら100%ではなく、100。あぁ、なるほどね。と思わせる。
ちなみに、「ジュース」という名称も果汁100%じゃないとダメなんだって。それ以外は清涼飲料水とか。果汁100%の特別扱いすごい。
ちなみに、「ジュース」という名称も果汁100%じゃないとダメなんだって。それ以外は清涼飲料水とか。果汁100%の特別扱いすごい。
果汁100モノを作るためにはまず濃縮。とはいっても煮詰めるだけ。焦げたりしないかなと思ったが意外と簡単に煮詰まった。
果汁100モノを作るためにはまず濃縮。とはいっても煮詰めるだけ。焦げたりしないかなと思ったが意外と簡単に煮詰まった。
果汁100モノを作るためにはまず濃縮。とはいっても煮詰めるだけ。焦げたりしないかなと思ったが意外と簡単に煮詰まった。
適当に煮詰めて約二倍。重さを測ったら2.17倍くらいになったが、まぁ大体二倍。この場合はりんご果汁以外に不純物は混ざっていないので果汁200%と名乗っていいのだろうか。

果汁200%りんごジュースはもったりと甘く、咳止めシロップみたいな味。風邪引いてなくても風邪薬的な味感じたら風邪な気分になる。
ゼラチンの重さ分を計算に入れてなかったけど、二倍以上になってたのがちょうど二倍くらいになった。
ゼラチンの重さ分を計算に入れてなかったけど、二倍以上になってたのがちょうど二倍くらいになった。
この濃縮二倍のりんごジュース、果汁グミ理論で言えばゼラチンで固めても果汁200を名乗っていいはずだ。二倍の濃さのりんごゼリー、濃厚で美味しいものができるだろうか。

濃けりゃいいってもんじゃない

一晩たったものがこちらになります。
一晩たったものがこちらになります。
ゼラチンを混ぜて冷やし固めて完成した果汁200りんごゼリー。ゼラチン量が適当だったので固まるか不安だったがしっかりと固まった。さて味はどうだろうか。
ブリンブリンとした食感。
ブリンブリンとした食感。
果汁200なだけあって味はしっかりしているのだけれど、ぼんやりとしている。嫌な仕事をしていて「あ〜、体が2つあったらなぁ〜」って言ったらホントに体が2つになったけれど、二人で結局ダラダラしてる。みたいな感じ。

果汁200ができるのなら

味はそうでもなかったが作ることは出来た、果汁200りんごゼリー。ならばこういうこともできるのではないか。
オレンジジュースだけ飲みかけ。
オレンジジュースだけ飲みかけ。
まずは煮詰める。
まずは煮詰める。
煮詰まったみかん。ちょっと飲んだら、喉の奥にからむ感じがすごかった。ンーッツッア!ってなる感じ。
煮詰まったみかん。ちょっと飲んだら、喉の奥にからむ感じがすごかった。ンーッツッア!ってなる感じ。
今回はオレンジジュースも用意して煮詰めた。このところ、我が家の香りがとてもフルーティー。
果汁200%のオレンジジュースと果汁200%のりんごジュースをミックス。
果汁200%のオレンジジュースと果汁200%のりんごジュースをミックス。
濃縮したジュースに水飴や砂糖、ゼラチンなどを混ぜても果汁100(果汁グミの場合)。ならば、果汁200%のものを果汁200%のもので割ったらば。オレンジはりんごに薄められりんごはオレンジに薄められるが、それぞれ純度100の濃さを保った、りんごオレンジ果汁100の液体。
オレンジ果汁100であり、りんご果汁100である液体が出来た。
オレンジ果汁100であり、りんご果汁100である液体が出来た。
下半身魚で上半身が人の人魚のように半々ではなく、母であり一人の女性でもある。みたいな両方を兼ね備えた存在だ。この状態は100%を使っていいのか、ダメなのか。濃縮還元は水で戻しているのだと思うが、水以外だとダメなのだろうか。そんなことを考えながらゼラチンを入れて果汁100にする。
オレンジが勝ってる感じの見た目。
オレンジが勝ってる感じの見た目。
完成、りんごオレンジ果汁100ゼリー。りんごオレンジ果汁100。よくわからない響きだが、果汁グミの理論が通るならばこれは間違っていないはず。でも、俺が果汁グミ作ってる人だったら、正しい正しくない関係なくこんなこと言う奴絶対嫌いだ。
果汁グミの人に嫌われても、俺は果汁グミ、好きだよっ!!
果汁グミの人に嫌われても、俺は果汁グミ、好きだよっ!!
りんご果汁200ゼリーは微妙だったが、りんごオレンジ果汁100ゼリーは美味い。りんごの柔らかな甘味にオレンジの酸味が加わってキリッと締まっていて美味い。甘さと酸味のバランスが凄くいい。互いが互いを引き立て合っている。

どこかのメーカーが一発企画で出せば、どっかのサイトが「りんご果汁100でありオレンジ果汁100!?謎のゼリーを速攻レビュー!」みたいな記事書いて、話題になって、まとめられて、ツイッターで流れたりする感じの味。

果汁100もの、まだまだ応用が効きそうだ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓