チャレンジの日曜日 2012年3月25日
 

発酵の里の祭りに行ってきた

発酵以外も色々あるよ。
発酵以外も色々あるよ。
日本酒、焼酎、醤油、みりん。味噌、納豆、漬物、麹。日本には沢山の発酵食品があり、全国各地で作られています。

そんな発酵を売りにした街が千葉県にあります。千葉県香取郡神崎町。そこで開催された発酵をテーマにしたお祭りに行ってきました。「発酵の里こうざき酒蔵まつり2012」。

発酵だけに収まらない面白い祭りでした。
1972年生まれ。体力系、料理系の記事を多く書いています。ライター以外に日本酒と発酵食品をメインにした飲み屋も経営しています。利き酒師で、元機械設計屋で元プロボクサー。ウルトラマラソン走ります。米の飯と日本酒が有れば大体なんとかなります。
> 個人サイト 酒と醸し料理 BY 個人ページ「走れば大体大丈夫!」

2つの酒造と周辺道路が会場

「発酵の里こうざき酒蔵まつり2012」は、鍋店と寺田本家の2軒の酒蔵と、酒蔵周辺道路を歩行者天国にして開催されています。
天気はイマイチだったが会場は沢山の人で賑わう。
天気はイマイチだったが会場は沢山の人で賑わう。
中心となる酒造敷地内はもちろん、周辺道路には100を越える露店が並び、会場に設けられたミニステージ上では祭囃子や踊り、音楽の演奏なども行われています。一見、ちょっと大きな地域のお祭りのような感じです。

しかし、そこは発酵の里の祭り。発酵要素が満載。
日本の発酵食品には欠かせない糀は1升単位で販売中。
日本の発酵食品には欠かせない糀は1升単位で販売中。
日本の誇る大豆発酵食品。味噌も麦味噌、ピーナツ入りなど各種揃う。
日本の誇る大豆発酵食品。味噌も麦味噌、ピーナツ入りなど各種揃う。
とうふも発酵だ!混雑していてどれが発酵豆腐か分からなかった。
とうふも発酵だ!混雑していてどれが発酵豆腐か分からなかった。
プリンも酒粕入りで発酵系。酒粕入りミルクプリンでした。美味しかった。
プリンも酒粕入りで発酵系。酒粕入りミルクプリンでした。美味しかった。
展示物も発酵中。少し離れた所から見ていたので、何の目的で行われている発酵かは分からず仕舞い。
展示物も発酵中。少し離れた所から見ていたので、何の目的で行われている発酵かは分からず仕舞い。
発酵界で今一番の人気者。塩麹は多数の露店で販売されていました。買う人もまとめ買いが多い。自分で作るのも簡単ですよ。
発酵界で今一番の人気者。塩麹は多数の露店で販売されていました。買う人もまとめ買いが多い。自分で作るのも簡単ですよ。
売っている弁当には酵素の効果。
売っている弁当には酵素の効果。
こんな弁当でした。野菜の旨味がしっかりして健康に良さそうな味でした。
こんな弁当でした。野菜の旨味がしっかりして健康に良さそうな味でした。
味噌や糀、漬物、燻製など発酵、熟成の施された食材が数多く売られています。弁当や、お菓子まで発酵系の物が使われている。流石は発酵の里。見ているだけでも楽しいです。

楽し過ぎてうっかり買いも増えるので、そこは注意が必要なところでしょう。

発酵だから当然アレもね

さて、この祭りでは2つの酒造の敷地も会場となっていて、酒造内だけでもかなり楽しめます。
鍋店株式会社の蔵祭り会場。こちらは広い休憩所があり食べ物を売る屋台が多い。
鍋店株式会社の蔵祭り会場。こちらは広い休憩所があり食べ物を売る屋台が多い。
まずは鍋店株式会社の会場。こちらの会場は椅子とテーブルの用意された広い休憩場があり、様々な食べ物を売る屋台が多いので、人も多く集まっています。

そして、酒造の会場なので当然のようにこういう催しが行われている。
好きな酒を好きなだけ無料で飲んでもいいという夢のようなイベントです。
好きな酒を好きなだけ無料で飲んでもいいという夢のようなイベントです。
無料の試飲イベントです。蔵で作っている酒が30種類ほど無料で飲めます。

それはつまり、私に「もう、ここの子になりなさい。」と言っているのでしょうか。いや、そんな事を急に言われても困ります。とりあえず、飲みますが。
あのタンクとか、ここに置いてある酒全部飲んでもいいんだ(違うけど)。やっぱりここの子になろうかな。
あのタンクとか、ここに置いてある酒全部飲んでもいいんだ(違うけど)。やっぱりここの子になろうかな。
でも、もう大人だからそんなことはしないさ。静かに飲むのみ。 
でも、もう大人だからそんなことはしないさ。静かに飲むのみ。 
我を失いそうになりながら飲むこと暫し。十分楽しんで試飲会場を後にします。

こちらの蔵では更にこんなイベントも開催されていました。もちろん発酵物のイベント。
蔵見学。タイミングよく、蒸したての酒米を食べさせてもらえました。少しボソボソしているが甘味があった。
蔵見学。タイミングよく、蒸したての酒米を食べさせてもらえました。少しボソボソしているが甘味があった。
酒粕、梅酒の梅詰め放題イベントも。写真には写っていないですが、長蛇の列。
酒粕、梅酒の梅詰め放題イベントも。写真には写っていないですが、長蛇の列。
お母さん、もうそれ以上入らないよ!と言ってあげたいぐらいギュウギュウに詰められる酒粕。
お母さん、もうそれ以上入らないよ!と言ってあげたいぐらいギュウギュウに詰められる酒粕。
こちらは梅酒の梅。こちらも凄い勢いで詰められていた。
こちらは梅酒の梅。こちらも凄い勢いで詰められていた。
ここの酒造の敷地内だけでも十分楽しい祭りです。

自らも醸される

では、もう1つの酒造の会場も見てみましょう。
レンガ造りの壁と煙突がいかにも酒造風。 
レンガ造りの壁と煙突がいかにも酒造風。 
こちらの酒造でも無料試飲を開催していました。しかし、既に飲んでいるのと、あまりの長い列にここはパス。代わりにこんなものを体験。
酵素風呂の足湯。周囲になんともいえぬ発酵の香りが漂う。
酵素風呂の足湯。周囲になんともいえぬ発酵の香りが漂う。
おがくずを使った酵素風呂の足湯です。
こりゃ暖まるね。微生物の力で私の中の悪い何かを分解してくれないかね。 
こりゃ暖まるね。微生物の力で私の中の悪い何かを分解してくれないかね。 
微生物による発酵熱でおがくずの中はほんのりと暖かくなっています。よくある足湯よりも穏やかに温まる感じです。入った後におがくずを払うのが邪魔くさいですが、なかなか心地よい空間でした。
鎌倉時代の製法により作られたどぶろくだとか。 
鎌倉時代の製法により作られたどぶろくだとか。 
アルコール度数は恐らく高くない。代わりに酸味がキツい。目が覚める味だった。
アルコール度数は恐らく高くない。代わりに酸味がキツい。目が覚める味だった。
そして、こちらの蔵ではどぶろくを一杯。古くからの製法で作られたどぶろくとのことで、よく飲む日本酒や濁り酒とはかなり違う味でした。昔の人は結構キツいの飲んでいたんだな。

発酵以外の物も充実

このように各種発酵物があるこの祭り。あらゆる物に発酵物が使われているのですが、全くそうでもないものもあります。

例えばこんなの。
煎餅は発酵じゃないだろう。いや、醤油が発酵?
煎餅は発酵じゃないだろう。いや、醤油が発酵?
鰯肉まんは発酵じゃないだろう。それとも、皮の部分が発酵されているのか。
鰯肉まんは発酵じゃないだろう。それとも、皮の部分が発酵されているのか。
このあたりまでは、かろうじて発酵物だと言い張ればなんとかなるかもしれない。

こちらになるともう無理でしょう。
ベーコンは発酵系と言えるか?どうなんだ? 
ベーコンは発酵系と言えるか?どうなんだ? 
発酵は?発酵は?発酵は?やっはり発酵より肉?なのか!
発酵は?発酵は?発酵は?やっはり発酵より肉?なのか!
更にこれより先は発酵要素ゼロゾーン。
顔ハメ。発酵じゃないよな。それとも蔵人の顔ハメだから発酵?ぞれは無いな。
顔ハメ。発酵じゃないよな。それとも蔵人の顔ハメだから発酵?ぞれは無いな。
書は発酵ではない。それとも人の心を醸すというのか?
書は発酵ではない。それとも人の心を醸すというのか?
Tシャツは発酵じゃない。米Tシャツではなく、酒Tシャツなら発酵か。
Tシャツは発酵じゃない。米Tシャツではなく、酒Tシャツなら発酵か。
カレーパンは一応発酵?通りの商店が出した店だけにお惣菜感強し。
カレーパンは一応発酵?通りの商店が出した店だけにお惣菜感強し。
懐中電灯とかカゴは絶対発酵じゃない。後ろは電気屋のようだ。電気屋に発酵物はなかろう。
懐中電灯とかカゴは絶対発酵じゃない。後ろは電気屋のようだ。電気屋に発酵物はなかろう。
これは誰が出したのだろう?的に当たると納豆とか何か発酵物くれるのか。
これは誰が出したのだろう?的に当たると納豆とか何か発酵物くれるのか。
何でもアリの発酵祭りでした。楽しかったので来年も行きます。

発酵イイネ!

最初にも書きましたが、日本は非常に多くの発酵食品があります。目に見えない生物の力を借りることにより、旨味を増したり、栄養素を増やしたり、保存性を良くしたり。味わえば味わう程に美味しく楽しい物です。

以前、ライターの高瀬さんが秋田の「醸しまつり」に行っていましたが、調べてみるとこういった発酵食品をメインにした祭りは日本国内で何箇所か開催されているようです。是非他の発酵祭りにも行ってみたい。

そして、更に調べたら、お隣韓国では「国際発酵食品エキスポ」なるイベントがあるらしいのです。是非行ってみたい。
色々食材買ってしまった。この手のイベントはどうしても買っちゃいますよね。
色々食材買ってしまった。この手のイベントはどうしても買っちゃいますよね。
 ▽デイリーポータルZトップへ  

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓