ひらめきの月曜日 2012年3月26日
 

家庭用プリンタを3Dプリンタとして使ってみる

ぼんやりと浮かび上がる3Dのシルエット
ぼんやりと浮かび上がる3Dのシルエット
3Dプリンタというものがある。

その名の通り、データから立体物をプリント(造形)してくれる未来的な装置である。かっこいい。とてもかっこいいがしかし、庶民が気軽に入手して扱いきれるようなものでもない。

手元にあるのはごく普通のインクジェットプリンタだ。
これでどうにか3Dプリントできないものだろうか。
石川県出身。以前は普通の会社員。現在は透明樹脂を用いたアクセサリーを作る人。好きな色は青。好きな石はサファイア。好きな犬はウェルシュ・コーギー。
> 個人サイト capria

つまりこういうことです

我が家のプリンタ。買ってからもう7-8年は経っている、普通のインクジェットプリンタ。
我が家のプリンタ。買ってからもう7-8年は経っている、普通のインクジェットプリンタ。
インクジェットプリンタはインクジェットプリンタであってドラえもんではなく、ましてや私はのび太でもなく、いくら「スネ夫がこの3Dプリンタは3人用だって意地悪いうんだよお」とすがりついて泣いてみたところで何のソリューションも提示してはくれない。便利なポケットだってついていない。泣き損である。

しかし、だ。例えばこんなのはどうだろうか。
通常、3Dプリンタは物体を一層ずつ成形していく
通常、3Dプリンタは物体を一層ずつ成形していく
立体を出力、といってもいきなり完成物がポンと出てくる魔法の箱ではない。素材となるプラスチック等を下から少しずつ積み上げて形を作るイメージだ。
それならば、家庭用プリンタで透明なフィルムシートに平面図を印刷して、それを数百枚重ねれば…?
それならば、家庭用プリンタで透明なフィルムシートに平面図を印刷して、それを数百枚重ねれば…?
横から覗けばひょっとして、透明なブロックの中に立体物が浮き上がって見えるのではないか。お手軽3Dプリントだ。

いや、結局シートの表面にしか印刷できないわけで、厚み部分を考慮すると無理だろうか。でもなんとなくできそうな気もする。もやもやと脳内でイメージを組み立ててみるが、分からない。分からないのでこれはもう実際にやってみるしかない。
というわけで透明シート(OHP用フィルム)を買ってきました。インクジェット対応。
というわけで透明シート(OHP用フィルム)を買ってきました。インクジェット対応。
尚、シートにモザイクがかかっている理由は後に明らかになります。

ロボットを作ろう

3Dでプリントするモチーフとして「ロボット」を選んでみようと思う。

ロボットに対して特別大きな思い入れがあるわけではない。単純に、直線と平面で構成されていて簡単そうだから、という理由である。水が低い方に流れた結果だ。曲面が出てくると一気に話がややこしくなるので、一種のリスク回避と言えなくもない。
ざっくりと設計図を書く
ざっくりと設計図を書く
透明シートの厚みは約0.1ミリ。そこで5センチ角の紙片を500枚重ねて、一辺5センチの立方体を作ることを想定した。

そのサイズに収まる形状のロボットを考えたのが上の図だ。細々とした数値は各所の寸法メモである。
さらに、断面図を考える
さらに、断面図を考える
要はとても細かいロボットの輪切りを作って、それを積み重ねようというわけだ。

この場合ロボットの頭から足、上下の空白も考えて、八種類の断面図を用意すればよいということになる。
それを元にしてこういった図も作ってみたのだが
それを元にしてこういった図も作ってみたのだが
結局最後は紙に印刷&手書きメモ。デジタルを活用しきれていない感。
結局最後は紙に印刷&手書きメモ。デジタルを活用しきれていない感。
尚、ピンクの数字がそれぞれの必要枚数となります
尚、ピンクの数字がそれぞれの必要枚数となります

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓