土曜ワイド工場 2012年3月24日
 

都会のオアシス、観賞魚店で水草を愛でる

水族館よりキレイかも。
水族館よりキレイかも。
東京砂漠とはよく言ったもので、あのコンクリートと人の群れをかき分けながら一日中町を歩いていると、やはりふとしたときに大自然の癒しが欲しくなる。緑豊かな里山を心の原風景として持つ日本人として当然のことだろう。
でも都心部に野山は無い。じゃあ水族館か植物園にでも、と思っても会社帰りや買い物の最中にそんな暇はない。
そんなときにうってつけのスポットがある。水草の販売に力を入れている観賞魚店である。
1985年生まれ。生物を五感で楽しむことが生きがい。好きな芸能人は城島茂。

前の記事:「真冬の昆虫採集 「オサ掘り」」
人気記事:「巨大深海魚を釣って食べたら尻から油が!!」

> 個人サイト Monsters Pro Shop

1軒目:渋谷の癒し 「SENSUOUS」
都会と言えば東京。東京と言えば人ごみ。人ごみと言えば渋谷。
この町に緑がもたらす癒しなどありはしない。
言わずと知れたスクランブル交差点の風景。都会の暮らしの中で緑の癒しを求める身にはわずかに点在する街路樹がかえって悲壮感をあおる。
言わずと知れたスクランブル交差点の風景。都会の暮らしの中で緑の癒しを求める身にはわずかに点在する街路樹がかえって悲壮感をあおる。
…と思いそうなものだが実はある。
渋谷駅から徒歩十数分、NHK放送センターの近くにそのお店はひっそりとたたずむ。
こちらです。
こちらです。
ぱっと見たところカフェか雑貨店といった風のお店だが…。
しゃれた箱に流木が。
しゃれた箱に流木が。
大小様々な石も雑然と積まれている。
大小様々な石も雑然と積まれている。
お店の前には石や流木が無造作に積まれている。
どうやら売り物らしいが一体何の店?と初めて通りがかる人は思うかもしれない。
「SENSUOUS Menu」の文字。
「SENSUOUS Menu」の文字。
メニューボードがある!やっぱりカフェじゃん!
しかし良く見ると…。
ヒメダカにカボンバ…。これ魚と水草の価格表じゃん!
ヒメダカにカボンバ…。これ魚と水草の価格表じゃん!
そう!なにかと小洒落ているがこの「SENSUOUS」というお店は正真正銘、れっきとした観賞魚店なのだ。
近年、水槽に水草を植え込んで美しくレイアウトする趣味を持つ人が増えているのだが、
実を言うとこのお店はそんな人たちの間では知らぬ者がないほどの有名どころである。
さっそくお邪魔してみよう。

ガラスの中には草原と森

こんばんは。
こんばんは。
おお、水槽がたくさんある。当り前だけどやっぱり観賞魚店だったのだ。
あなたがもしこのお店に入ったならすぐ、左手にひと際きらびやかな水槽が並んでいるのに気付くだろう。
緑がまぶしい。
緑がまぶしい。
お店を訪れたお客さんの目を引き、レイアウトの参考にしてもらい、さらには心を癒す店主渾身のディスプレイたちだ。
幅たった60センチの水槽に巨岩のはだける草原が!
幅たった60センチの水槽に巨岩のはだける草原が!
こちらの水槽はさながら木漏れ日の射す森のよう。
こちらの水槽はさながら木漏れ日の射す森のよう。
何これ!めちゃくちゃキレイ!
流木や石を巧みに使って森や草原など、美しい陸の景観を水中で再現したようにも、あるいは水草繁り小魚舞う異国の川底をそのまま四角く切り取って来たようにも見える。なんとも不思議な光景が小さなガラスの箱の中に大きく広がっているではないか。
これはいつまででも見ていられる。いや、いつまででも見ていたいと思えた。
家庭に置ける水槽の中でこんなことができるのだから驚きだ。心なしか魚たちも楽しそうだ。
売り物の魚の水槽にも水生のシダを植え付けた流木があしらわれていた。
売り物の魚の水槽にも水生のシダを植え付けた流木があしらわれていた。
この記事を書くにあたって取材させていただいたお店すべてに言えることだが、店内のあちらこちらに水草や魚への愛を感じられるポイントがあった。
たとえばお店で売りに出される時は砂利すら敷かれていない殺風景な水槽でストックされることも多い熱帯魚だが、シンプルながらも綺麗にレイアウトされた水槽で大切に飼われているのを見た時はなんだか嬉しくなってしまった。
商品の陳列もおしゃれだった。
商品の陳列もおしゃれだった。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓