ひらめきの月曜日 2012年3月26日
 

頑張りすぎだよアメリカンパワーブレンダー

こういうこともできちゃうミキサー
こういうこともできちゃうミキサー
ある日の夕食時、妻が「新しいミキサーが欲しいんだけど」と言い出した。

いいんじゃないだろうか。家にあるのが最近調子悪くなってきてたみたいだし、電器店で3000円くらいから並んでいるのを見たことがある。ちょっといいのにしてもまあ1万円くらいだろう。

そう思って気軽に「いいんじゃない」と返事をしたら、「でも、8万円するのよ」と妻。えっ?
1973年東京生まれ。今は埼玉県暮らし。写真は勝手にキャベツ太郎になったときのもので、こういう髪型というわけではなく、脳がむき出しになってるわけでもありません。→「俺がキャベツ太郎だ!」
> 個人サイト テーマパーク4096 小さく息切れ

夢がふくらむぶっ飛びミキサー

8万円のミキサー。自分内の常識を超えた価格。製品の噂を聞いた妻の説明では「とにかくすごいのよ」とのフレーズが何度も出てきた。

そりゃそんな値段するんだからすごいだろう。とりあえずはどんなものか見てみたくなってきた。いろいろなところで実演販売をしているそうなので、調べて行ってみよう。
会いに来たぞ
会いに来たぞ
君か、お高くとまってるのは
君か、お高くとまってるのは
やってきたのはショッピングモールにあるおしゃれ系雑貨店。たまたま実演販売員のいないタイミングだったようだが、食材とともにミキサーが置かれている。
桁が一つ違うんじゃないか
桁が一つ違うんじゃないか
「バイタミックス」という名前のこの製品。情報通り79800円という価格がついている。改めて目にして、息を呑む値段だ。

茫然と立ちつくしていると、販売員が戻ってきて、「どうぞどうぞ、ちょっと食べてみてください」と、この製品で作ったものの試食を勧めてきた。
フルーツで作ったスムージー
フルーツで作ったスムージー
ピーナツバターもできるらしい
ピーナツバターもできるらしい
まずは果物をミックスしたスムージーを飲んでみる。…おおっ、なんだこれは。予想以上のなめらかさ。テュルテュルとしたのどごしが新鮮。

材料をそのまま入れて作ったというピーナツバターも、ねっとりとした食感がおいしい。作りたてということもあってか、風味がとても強いのもインパクトがある。
パンフレットの疑問点
パンフレットの疑問点
これはすごいな……でもなんかやばい流れだな…。妻も試食して「ねっ!ねっ!」と連呼している。

ここは一度落ち着こう。とりあえず冷静にパンフレットを見てみようではないか。そこには「混ぜる」「潰す」といった食品加工の機能が紹介されている。

その中で違和感があったのが「加熱」。それはミキサーの機能ではないだろう。
繊維質の多い材料を投入
繊維質の多い材料を投入
そのことを販売員に聞くと、「このミキサー、4〜5分回すと摩擦熱であたたかい料理もできるんですよ」とのこと。

摩擦熱?あれか、寒いときに手をこすり合わせるとあったかくなるやつか。確かにミキサーは回転部分と材料とがこすれると言えばこすれるけど、あったかくなるほどだろうか。
いよいよ本気出してきた
いよいよ本気出してきた
にわかに信じがたい話だが、販売員は「じゃあ実際にスープ作ってみますね」と、中にゆでたサツマイモとゴボウを入れ、豆乳・コンソメキューブを加えて混ぜ始めた。

今回は少々時間がかかるので、その間販売員さんにいろいろ話を聞く。やはり自宅に持っているそうで、そのすごさに惚れ込んでこの仕事をなさっているとのこと。ただ、今でも旦那さんにこの機械の値段は話していないそうだ。

自分の場合、もう知ってしまったのだが。どうリアクションすればいいのだろう。
あったけえ!
あったけえ!
話しているうちに、いい感じにできてきたようだ。容器部分を触ってみると、本当にあったかい。上の蓋を外すと、湯気も立っている。

それでいて本体部分は全く熱を持っていないので、モーターの熱が移って温かくなっているわけではないことがわかる。物体は、超混ぜるとあったかくなるのだ。理屈でわかっても目の前でこうして起きるとやはり驚きがある。
未知の物質ができあがった
未知の物質ができあがった
こうしてできあがった「サツマイモとゴボウのコンソメスープ」。飲んでみる。口にまず訪れたのは驚きのプルプル感。

味の前の食感から意外。ゴボウが入ってるとは思えないなめらかさ。妻も「なにこれー」と、思う壺にはまっている。ただこれは、はまって楽しい壺だ。

もちろん味わいもコクがある。「素材の味が引き出されてる」ってこういう感じかというまろやかさ。
冷静になるにはここを見るんだ
冷静になるにはここを見るんだ
切るのではなく「粉砕」
切るのではなく「粉砕」
わかった、この製品のすごさはよくわかった。ただ、そのぶん値段もすごいという現実も忘れてはならない。おかしいだろ、ミキサーに8万円って。

煮詰まって無言でいる私たちに、販売員が「海外だとiPhoneとか入れちゃう人もいるみたいです」と告げた。

えっ、今iPhoneって言った?そう、厚く頑丈なブレードで、そうした工業製品も粉々になるらしいのだ。

なんか来た。自分の心になんか来た。ついに壁が壊れた。未知のおいしさに触れてその性能を見せつけられたあと、iPhone粉砕で背中を押されたのだ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓