ロマンの木曜日 2012年3月29日
 

この春行きたい!東京の滅亡城跡めぐり

兵どもが夢の跡
兵どもが夢の跡
待ちに待った春が到来!

この4月から、大きな希望で胸をいっぱいに膨らませ、あこがれの東京で新生活を始める人も多いことだろう。

そんな皆さんに贈りたい。かつてこの地で覇を競い、繁栄を願いながら志半ばに散って行った多くの人々の夢の跡を。
1974年東京生まれ。最近、史上初と思う「ダムライター」を名乗りはじめましたが特になにも変化はありません。著書に写真集「ダム」「車両基地」など。 個人サイト:ダムサイト

東京で城と言えば

日本に封建制度ができて以来、各地に数多の城が造られ、戦いが起こり、敗れた城は消えていった。

戦国時代末期、その城ヒエラルキーの頂点に立ったのが徳川家康の江戸城であり、やがて国家の中心地としての東京の歴史が始まる。だから、東京で城と言えば江戸城、つまり現在の皇居を思い浮かべる人が多いと思う。
東京の城と言えば何と言っても江戸城 写真はこの記事より(撮影:T斎藤さん)
東京の城と言えば何と言っても江戸城
写真はこの記事より(撮影:T斎藤さん)
しかし、家康が江戸に来る前から、この地にも大小さまざまな勢力があって、それぞれが覇権を争っていた。

そのほとんどは徳川幕府が開かれる前に滅亡したり支配下に置かれたりしているので、400年以上経った現在ではもちろん当時の建物などなく、もはや記録でしか知ることができない。だけど、実際に城があったとされる場所に行ってみると、やっぱり何となく、そこでがんばっていた人たちの痕跡が見えるのだ。

練馬城趾

たとえば23区の北西部の練馬区にある、としまえん遊園地。ここは平安時代から室町時代にかけて、このあたりで勢力を誇った豊島氏の居城のひとつ、練馬城があった場所だ。

より大きな地図で 東京の城跡 を表示
城跡が遊園地になったとしまえん
今も昔も地域のランドマークではある
今も昔も地域のランドマークではある
現在は練馬区になっている豊島園が、もともと豊島氏の練馬城だった、というややこしいめぐり合わせだけど、豊島氏は現在の練馬区、板橋区、豊島区、北区のあたり、それと埼玉県の一部を支配していたらしい。その勢力範囲、今の時代でいえば国際興業バスである。

僕が生まれ育ったのは豊島園のすぐ近くなので、小さい頃からここが城跡だというのは聞いていた。でも、園内にはそんな雰囲気はまったくない。

辛うじて面影を残していると言われているのは、入口のすぐ先、いまは花壇になっているあたりからの地面の盛り上がり。その奥が、城が建っていた場所らしい。
入口近くのちょっとした盛り上がり
入口近くのちょっとした盛り上がり
城跡には500年の時を経て現在は「水の城」が建つ
城跡には500年の時を経て現在は「水の城」が建つ
言われなければ気づかない程度の小さな盛り上がり。かつて、この場所に練馬城があったのだという。現在はプールエリアで、「ハイドロポリス」という名の巨大なウォータースライダーがそびえ立っている。そうか、このネーミングは城跡であることを意識してつけられたのかも知れない。

園内には石神井川が流れていて、これが城時代には北側の堀の役目を担っていたらしい。

それ以上園内には痕跡がなかった。でも、近くの住宅地の中に当時の面影を残す地形がある。
真ん中が大きく窪んでいる通称「どんぶり坂」
真ん中が大きく窪んでいる通称「どんぶり坂」
としまえんの敷地のすぐ外の住宅地の中には、真ん中が大きく窪んだ坂道がいくつかある。写真の場所は豊島園駅のすぐ脇で、地元では通称「どんぶり坂」と言われている。
その先にも似たような窪みが
その先にも似たような窪みが
これらが、練馬城の堀の跡らしい。両側ともに切り立ったキツい坂で、練馬城に攻め込んだ人が味わったであろう堀を超える苦労を、いまでも毎日味わっている人がいるのだ。ちなみに、地元の子供たちの間ではこの坂を自転車で上り切れて一人前とされている。

こうして改めて見ると、この場所には一帯を治めていた城があり、その痕跡が500年経ったいまでもほんのり感じられることに気づく。

では練馬城はいつまであったのか、そこにいた豊島氏はどうなったのか。話は豊島氏の本拠地であった石神井(しゃくじい)城に続く。

石神井城趾

西武池袋線に乗って西へ向かい、石神井公園駅で降りる。ここが、石神井城趾の最寄り駅だ。跡地は現在、その名も石神井公園として整備され、人々の憩いの場になっている。

より大きな地図で 東京の城跡 を表示
練馬区を代表する憩いの公園
そう言えば、豊島氏は現在の埼玉県秩父市に勢力を張っていた一族から派生しているらしい。つまり、練馬と石神井を通って秩父に通じている西武池袋線は、豊島氏の怨念が開通させたものと言っても過言ではないだろう。
池袋を出た急行が最初に停まる駅
池袋を出た急行が最初に停まる駅
現在の見どころはアクロバティックなバスのすれ違い
現在の見どころはアクロバティックなバスのすれ違い
駅から歩いて10分ほどで、石神井城趾の石神井公園に着く。豊島氏の城は、公園の大部分を占める三宝寺池のほとりに建っていたらしい。
練馬区内の小学生は必ず写生会に来る三宝寺池
練馬区内の小学生は必ず写生会に来る三宝寺池
城の跡は池の南側、ちょうど上の写真で対岸のこんもりしたあたりらしい。

現在は深い森となった場所に、堀や土塁らしい地形が残っている。
正面の盛り上がりの上に城が建っていた
正面の盛り上がりの上に城が建っていた
この窪みは堀の跡らしい
この窪みは堀の跡らしい
公園の外周路にも、堀の跡らしき窪んだ部分があった。発掘調査によれば、かなり深い堀を持った強固な城だったようだ。さすが北西東京の支配者。
窪んだ道を見るとすべて堀跡だと思えてきた
窪んだ道を見るとすべて堀跡だと思えてきた
そこには完全に雰囲気に乗っかった立派な門の民家が
そこには完全に雰囲気に乗っかった立派な門の民家が
関係ないけどフェンス脇に積もった枯れ葉が地層になっていた
関係ないけどフェンス脇に積もった枯れ葉が地層になっていた
しかし、栄華を誇った豊島氏も、江戸城を築いた太田道灌と雌雄を決する戦いで敗北し、包囲された石神井城は陥落。ほどなく滅亡した。練馬城については記録が残っていないらしいけど、恐らく石神井城と一緒に落城したと考えられている。

もしこのとき豊島氏が勝っていたら、たとえば新幹線の起点が練馬だったり、いまの千代田区と練馬区のあらゆる立場が逆転していたのではないか。そう考えると地元民としては痛恨の極みだけど、そのあたりが「練馬のお殿様」っぽいな、という気もしてくる。

ちなみに石神井城が陥落したとき、当主だった豊島泰経と娘の照姫が城の建つ崖の上から三宝寺池に身投げした、という伝説が残っていて、公園の一角には二人を偲んだ殿塚と姫塚があるという。姫塚は大きな木の根元に祠があって、すぐ見つけることができた。
ロマンチックなたたずまいの姫塚
ロマンチックなたたずまいの姫塚
じゃあ殿塚は?と思ったら、多くの人が散歩をしている公園の中でひときわ人気が少ない公園のはずれに、しかも外側に向いた小さな塚があった。
ひょっとして、あれが...!
ひょっとして、あれが...!
負けるということは、こういうことなのだ
負けるということは、こういうことなのだ
なんだか後世の者が気の毒に思ってしまうほどの扱い。やはり世の中、過程より結果が全てなのだと痛感させられる。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓