デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


土曜ワイド工場 2012年4月14日
 

異性とイチャイチャした写真を撮る方法

一人でイチャつき放題です!
一人でイチャつき放題です!
「イチャイチャ」に憧れを感じる。男女で抱き合ったりする行為のことである。イチャイチャしたいか否かと問われれば、誰しも「したい」ではないだろうか。

しかしイチャイチャへの道は険しい。まず相手がいなければいけないし、相手の了解も取らなければならない。そこで誰でも簡単に一人でイチャイチャした写真を撮れる方法を紹介したい。
地主恵亮 地主恵亮(じぬしけいすけ)
1985年福岡生まれ。思い立ったが吉日で行動しています。地味なファッションと言われることが多いので、派手なメガネを買おうと思っています。
> 個人サイト Web独り者 彼女がいる風の地主恵亮

スペースを有効活用しよう!

「イチャイチャする」「イチャつく」は僕の長年の夢だった。高校時代、公園のベンチでイチャつく同級生を見ては、いつかオレもやってやるんだ! と高いのか低いのか分からない燃え上がるような志を持ったものだった。
その志はスカイツリーより高い
その志はスカイツリーより高い
しかし、そんなチャンスはそうやってこないわけで、どうすればイチャイチャできるのかを日々考えていた。そんなある日、東京という街を歩いている時、その方法を発見したのだった。イチャつくカップルは、狭いスペースを好むらしいのだ。
このようなスペースでイチャイチャしているカップルからヒントを得ました
このようなスペースでイチャイチャしているカップルからヒントを得ました
普通に生活していれば関係ないようなスペースをカップルは好む。ここで抱き合ってさえいればイチャイチャしているように見えるのだ。相手の有無は関係ない。自分ひとりで夢のイチャイチャを実現できるのである。
抱擁するカップル
抱擁するカップル
これがスタンダードなイチャイチャに見える方法だ。難しいことはない。自分で自分を抱きしめるように手をまわし、写真を撮るだけ。唯一気をつける点はアングル。これに気をつけなければマヌケな写真になってしまう。
アングルを間違えると何をしているのか意味が分からない写真になる
アングルを間違えると何をしているのか意味が分からない写真になる

相手を作り出そう!

さらに上級な「イチャイチャ」を表現するには相手の存在をより感じさせなければならない。しかし相手はいない。では、どうすればいいのか。別に難しいことではない。東急ハンズなどに行けば相手の存在を感じさせるアイテムが1000円前後で手に入るのだ。
カツラである
カツラである
カツラを肩に置き狭いスペースに立てば相手の存在を嫌というほど感じることができる。身長差を感じる写真にもなるので、自分の身長の高さもアピールできることだろう。
先のイチャイチャ写真よりリアリティがある(さりげなさがイチャイチャに説得力を持たせる)
先のイチャイチャ写真よりリアリティがある(さりげなさがイチャイチャに説得力を持たせる)
街中で抱き合うカップル。端から見ればイチャつくカップルである。男性は女性の頭を優しく撫でている。この写真を友人から見せられれば羨ましいと思うことだろう。
こんな感じでスペースに立ちます
こんな感じでスペースに立ちます

障害物を使いこなせ!

上記は奥、右、左が壁になっているためにイチャイチャ写真が撮れている。これはイチャイチャ写真を撮るために必要な条件である。しかし、例外的にカメラ前に障害物を置くことで、その条件が揃わなくてもイチャイチャ写真を撮ることが可能となる。
手すりを利用
手すりを利用
地下にあるライブハウス。その入り口でイチャつくカップルというのは必ずいると思う。そのような状況でのイチャイチャ写真もカツラと階段の手すりを使うことで相手がいなくても撮れてしまう。隠し撮りのような構図が、週刊誌のようでイチャつきに臨場感を与えている。
手前の看板を利用する方法もある
手前の看板を利用する方法もある
カツラしか相手の存在を感じさせるものがないので、とにかく見えてはいけない部分を隠さなければならない。特に足元を隠すことが重要だ。相手はカツラだけなので、足元には何もない。そういったものを隠せればイチャイチャ写真は簡単に撮れてしまうわけである。
隠すことができないと悲惨な写真になる
隠すことができないと悲惨な写真になる

女子力を高めよう!

さらに上のイチャイチャ写真を目指すには、自分の手に工夫を施さなければならない。男の手では骨ばっていて、どこまでも柔らかい天使のような女性の手には見えないのである。
そこでマニュキュアである
そこでマニュキュアである
マニュキュアを塗るのである。例外もあるだろうが基本的に男性はマニュキュアを塗らない。それを利用して女性の手を演出するのである。今回は桜の季節ということで、ピンクのマニュキュアをチョイスした。
イチャイチャしてるね〜
イチャイチャしてるね〜
完全に女性とイチャついている。愛情のピークにいるカップルのようである。愛を写真から感じることができるだろう。一番の問題は本当は自分ひとりという点だが、そこは努力により忘れたいと思う。
実際は一人だけれどそこは気にしないようにしよう!
実際は一人だけれどそこは気にしないようにしよう!

三脚を持って街に出かけよう!

このような写真を撮る場合、自分はカメラの前にいるためにシャッターを押してくれる人が必要となる。しかし多くのカメラにはセルフタイマーというものが付いているので、一人でなんの問題もなくイチャイチャ写真は撮れるのである。
ピントを合わせ
ピントを合わせ
カツラを持って
カツラを持って
ハイ完了
ハイ完了
すべて一人で撮るイチャイチャ写真。イチャつく相手も要らなければ、シャッターを押してくれる人も必要としない。実はイチャイチャのハードルは低いのかもしれない。
このようなプロセスで撮った写真
このようなプロセスで撮った写真
こんな写真を撮ってどうするの? と思うかもしれないが、同窓会や飲み会で「友達に撮られちゃっててさ〜」と言いながら見せてりしたらいいのではないだろうか。羨ましがられることだろう。だって普通はそう簡単にイチャイチャできないのだから。
実際はひとりなんだけどね
実際はひとりなんだけどね

幸せな考え方

イチャイチャした写真はひとりでもなんら問題なく撮れることが分かった。週刊誌などで芸能人が路上でイチャついているところを撮られたりしているけれど、実はこの方法で撮っているのかもしれない。そういう見方をすれば、仲間が増えた気がする。いいことしかないのが、この方法だと思う。
失敗写真を見るとなんだなか〜と思うけれど!
失敗写真を見るとなんだなか〜と思うけれど!

  

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation