ロマンの木曜日 2012年4月19日
 

居酒屋を定食屋づかいする

定食屋みたいな居酒屋風景
定食屋みたいな居酒屋風景
晩御飯を外で食べたい。でも、お酒は飲みたくない。

こういう状況って時々あるが、意外とお店の選択肢が絞られてしまう。街の中に居酒屋は多いが定食屋は少ないのだ。
1982年、栃木県生まれの指圧師です。自分で企画した「下北沢ふしぎ指圧」で施術しています。何をしているときでも「みんなが自分の治療院に来てくれるといいな〜」って思っているのですが、ノイローゼでしょうか。
> 個人サイト 下北沢ふしぎ指圧

居酒屋を定食づかいしてもいいの?

話は簡単で、居酒屋で「ごはんセット」を頼めば良い。しかし、居酒屋でお酒を飲まないでご飯を食べる、ということに一抹の後ろめたさを感じることも確かである。

不安なので、今回は最近知り合いになったWさんについてきてもらった。Wさんはお酒が飲めない。
行ったところは新宿の「天狗」
行ったところは新宿の「天狗」
聞いてみるとWさんの友達にもお酒を飲めない人が多くて、居酒屋でのファーストオーダーで「ご飯セット」が飛び出すことも少なくないとのこと。

僕としては居酒屋でお酒を飲まないでご飯を食べる、というのは相当な決心がいることだ。飲めない人からしたら普通のことなのだろうか?
心の中で一度作った言葉を慎重に吐き出す
心の中で一度作った言葉を慎重に吐き出す

ほっけ+ご飯セット

僕が居酒屋メニューから作り上げたのは「ほっけ定食」である。
定食屋っぽい、というか大戸屋っぽい
定食屋っぽい、というか大戸屋っぽい
「作り上げた」といっても、ほっけを注文しただけなのだが。いやしかし見事な定食屋っぷりでほれぼれする。これに比べるとWさんの「からあげ定食」はどことなくまだ居酒屋メニューの延長っぽい。
ごはんセットにからあげがいまいち馴染めていないように見える
ごはんセットにからあげがいまいち馴染めていないように見える
自分のほうが隣の人よりもやや良い物を食っている…というのは、ほのかに嬉しい。さて、Wさんにもう少し「お酒の飲めない人の居酒屋事情」を聞いてみよう。

・周りが酒飲んでいようとWさんはご飯セット頼む
・一人がご飯セットを頼むとみんなつられて頼みだすことが多い
・学生のときに貧乏旅行をして朝までやっている居酒屋で夜をすごした

Wさんは、大学生のころに飲めないのに居酒屋で泥酔してしまい、記憶がないまま帰路でADSLの契約をしてしまったことがあるという(二日酔いで起きたら枕元にモデムがあったとのこと)。それから酒を飲むのを一切やめたそうだ。

そういえば、僕も路上でADSLの契約をしてもらうバイトをしていたことがある。ちょうど時期も重なるな…
契約させたのは僕かもしれない
契約させたのは僕かもしれない
Wさんは「お酒を飲まない人の間ではご飯セットはごく当たり前の存在」と言っていた。たしかにWさん、けっこう自由に居酒屋を利用しているんだなと思った。お酒を日常的に飲む僕の方が固定観念に縛られているのかもしれない。
ソフトドリンクはストローつきで提供される(ということを今まで知らなかった!)
ソフトドリンクはストローつきで提供される(ということを今まで知らなかった!)
実に堂々と居酒屋で定食食べてる
実に堂々と居酒屋で定食食べてる
居酒屋で味噌汁なんて、相当泥酔した後にしか飲んだことがなかったよ
居酒屋で味噌汁なんて、相当泥酔した後にしか飲んだことがなかったよ
ほっけ定食は819円、からあげ定食は609円。なんだか申し訳ないような金額だが、ここにウーロン茶代の294円がプラスされる。

「定食屋づかい」と思うと、急にウーロン茶代が惜しくなりますが、やっぱり飲み物を頼まないわけにはいかないですよね、心理的に。

本物の定食

後日、大戸屋に行ってみた。本物の「ほっけ定食」はどんなものか比べてみたくなったのだ。
ほっけ定食810円
ほっけ定食810円
価格は天狗でご飯セットとほっけ焼きを頼んだときの値段とほぼ同じである。しかし、そこに細かいヒジキなどの付けあわせがついてくるのが憎い。座ればお冷が出てくる。

改めて、これが定食屋か…と唸る。居酒屋を定食屋づかいするのは、値段的にやや苦しいか。もう少し違う角度から考えてみたい。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ