ひらめきの月曜日 2012年4月23日
 

ビールが飲めるまちのパン屋さんめぐり

ビールとパンが、今めぐり合う!
ビールとパンが、今めぐり合う!
パン屋と聞くだけでちょっと心がうきうきする。パン屋さんの焼きたてパン、幸せの象徴だろう。

そしてビールだ。「自分よ、大人でありがとう!」そう叫んで突き上げる私の手にはいつもビールジョッキがにぎられている。祝福の象徴である。

ビールが飲めるパン屋さん。これはつまり、最上級の幸せということなのではないか。
1979年東京生まれ、神奈川、埼玉育ち、東京在住。Web制作をしたり小さなバーで主に生ビールを出したりしていたが、流れ流れてデイリーポータルZの編集部員に。趣味はEDMとFX。

前の記事:「カタカナ界で「ヌ」といえば「カヌー」」
人気記事:「セレブが来た!」

> 個人サイト まばたきをする体 Twitter @eatmorecakes

本日めぐるパン屋はこちらの3軒

ビールが飲めてサンドイッチやちょっとしたパンが食べられるようなカフェだったらいくらでもあるだろう。

だが今日めぐるのはあくまでも「パン屋」である。

トレイとトングを手に持って、ずらりと並ぶパンをあれこれ迷って選ぶ。そこからのビール&パンだ。この喜びはパン屋のイートインでしか味わえないと思うのだ。
普段は買って帰るパンを今日はこの場でビールといっしょに食べられる!
普段は買って帰るパンを今日はこの場でビールといっしょに食べられる!
ただ、パン屋にはそもそもイートインスペースがある方が珍しい。イートインがあっても大抵はアルコールは扱っていない。

そこを何とか、と、ビールが飲める店舗を探し、こちらの3店がようやく見つかった。

・アンデルセン 青山店
・サンジェルマン 恵比寿店
・ドンク 自由が丘大丸ピーコック店

できるだけおしゃれ寄りではない庶民のパン屋から探したつもりだったのだが、リストアップされた店があるのは青山、恵比寿、自由が丘。期せずして「Hanako」の特集みたいなセレクションになっている。

どうやら、おしゃれな街ではパン屋でビールが飲めるらしいのだ。
下手な写真1枚にもあふれるこのおしゃれさ、青山
下手な写真1枚にもあふれるこのおしゃれさ、青山
しかしなにしろ私は普段の一人称が「あっし」なのだ。

「あっしが行っていい街なんでげすかねえ、青山って」

ダメだろう明らかに。

しかしパンとビールが待っている。臆して進むことにしよう。

※普段の一人称が「あっし」であるというのは嘘です。おしゃれタウンにびびりすぎて嘘が出ました。
アンデルセン青山店は表参道の交差点のすぐ近くにある。おしゃれ震源地のどまんなか
アンデルセン青山店は表参道の交差点のすぐ近くにある。おしゃれ震源地のどまんなか

アンデルセンでビール&カレーパン

アンデルセンは広島に本社のあるベーカリーチェーンだ。

デパ地下に出店しているのをよく見かけるので「まちのパン屋」というよりやや高価格帯なのかもしれない。それでも店舗数が多いからかどこかとっつきやすい印象がある。

行くだけ行ってビール不在! ということがないようにあらかじめお店にビールの扱いがあるか確認の電話をしたのだが、保留音が一時スーパーの魚売り場で流れて流行した「さかな、さかな、さかな〜♪」のような感じのパンの歌だった。やっぱりとっつきやすい。
2Fはコース料理も食べられるきちんとしたレストラン。1Fがパンの店
2Fはコース料理も食べられるきちんとしたレストラン。1Fがパンの店
そして、地下1Fがサンドイッチとデリのイートインで、1Fで買ったパンも食べられる
そして、地下1Fがサンドイッチとデリのイートインで、1Fで買ったパンも食べられる
アンデルセン青山店では、地下1階がカフェになっている。ここでドリンクなど何かしらひとつオーダーすると1階で買ったパンを一緒に食べられるという仕組みのようだ。

カフェでも作りたてのサンドイッチやバーガー、デリにスープなど女子悲鳴のメニューの注文ができるようだったが、もちろん今日は1Fでパンを物色する。

トレイとトングを持ってうろうろ(ちなみにこのシステムをはじめたのがアンデルセン)。売り場ではいろいろな種類のデニッシュや、小さなピッツァ(ピザじゃないほう)がきれいに陳列されていた。

ハード系のパンも充実していて思った以上にパンのラインナップはおしゃれだったが、関東でいうところのメロンパンはサンライズという名でちゃんと置かれているなど町のパン屋さんとしての仕事もぬかりない。

ビールに合わせるパンはどれにしようと思うといつものパン選びとは目先も変わってわくわく5割増しだ。
1Fでの会計時、地下で食べることを伝えると簡単な包装におしぼりをつけてくれた。そのまま地下へ行き、今度はビールをオーダー
1Fでの会計時、地下で食べることを伝えると簡単な包装におしぼりをつけてくれた。そのまま地下へ行き、今度はビールをオーダー

ビールは小瓶で2種

ビールはカールスバーグ(550円)、スーパードライ(500円)の2種。どちらも小瓶で出されるようだ。

この日はビール好きの友人が食べ飲み要員として付き合ってくれたので、悩むことなく「どっちもください」発動である。
友人のチョイスは「デンマークシリアルサンド」とカールスバーグ。おい、なんかおしゃれなことになってるぞ
友人のチョイスは「デンマークシリアルサンド」とカールスバーグ。おい、なんかおしゃれなことになってるぞ
対する私のチョイスはカレーパンとスーパードライ。 今日やりたかったのは、つまりこういうこと!
対する私のチョイスはカレーパンとスーパードライ。 今日やりたかったのは、つまりこういうこと!
このお店、女子率100%であった。入ってくれば来るほど、お客は全員女性だ。

私たちがビールを「カーッ!」と飲みはじめると妙にハーブの香りがする。カールスバーグってこんなにハーブっぽい匂いだっけ? と思っていたら隣の女性2人が持参のハーブの香りつきのおしぼりで手を拭いていたのだった。 おお、女の園だ。

そういう場所でのこの堂々たるカレーパン&スーパードライの美味しさよ。
カレーパンは超いい意味で「昔ながら」の甘辛いペーストカレーが
カレーパンは超いい意味で「昔ながら」の甘辛いペーストカレーが
もちろん私だって女子の一員である。おしゃれなパンは大好きだ。アンデルセンの名物であるデニッシュも、あごが痛くなるようなハード系のパンも、固くてすっぱいサワーパンも買うときは買ったる。

でも、やっぱりビールに合うのはこういうザ・惣菜パンなのだと思うのだよ。

うん。やはりいい。パン屋でビール、いいぞ。すっかり胸を打たれて一人目頭を熱くしていると早くもカールスバーグを飲み干した友人が「次、行こう」と急きたてた。

うん。早く行かないとうっかり2杯目と追加のおつまみ(パン)を買ってしまいそうだ。
続いては恵比寿ガーデンプレイスへ
続いては恵比寿ガーデンプレイスへ

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓