はっけんの水曜日 2012年5月9日
 

ひと駅だけの支線に乗りたい

しゅうてーん
しゅうてーん
終点の駅が好きだ。

それも、次々に列車が発着して大勢の人が乗り降りするターミナル駅より、小ぢんまりとした、たまにしか列車がやって来ない、降りてもほかに乗り換える路線のない、本当の意味での「終着駅」に心惹かれる。

さらに言えば、本線から分岐してひと駅で終点、という路線がいい。その駅のため、それ以外に理由のない路線。

そんなところを見たいと思って調べたら、都内だけで5ヶ所もあったので、全部めぐってみた。
1974年東京生まれ。最近、史上初と思う「ダムライター」を名乗りはじめましたが特になにも変化はありません。著書に写真集「ダム」「車両基地」など。 個人サイト:ダムサイト

前の記事:「東京パラレルワールドめぐり」
人気記事:「この春行きたい!東京の滅亡城跡めぐり」


西武線は終点だらけ

都内を走る電車の中でも、西武線は特に終点が多いと思う。それは会社の成り立ちに関係していて、同じような地域でいくつかの会社がいろいろな路線を引いていたのが、最終的に西武というひとつの会社にまとまったためである(気になる人はWikipedia等で調べてください)。
終点がたくさんある西武線
終点がたくさんある西武線
そして、その中から今回の条件(分岐してからひと駅で終点、終点駅で乗り換えができない)を探してみると、2ヶ所あることが分かった。

ひとつ目は路線図の中でも特に混み入ったエリアの真ん中あたりにぽつんとある、西武園線の西武園駅。

さっそく、西武園線が本線である新宿線から分岐する東村山駅に向かった。
基盤の配線図のような路線
基盤の配線図のような路線

競輪の駅、西武園駅

東村山駅は本線にあたる新宿線のほか、ここから分岐する西武園線、そして国分寺からやって来る国分寺線も発着していて、ちょっとしたターミナル駅である。

というか、このあたりの西武線は複雑に入り組んでいて、次々と分岐したり合流したり、ちょっとしたターミナル駅が連続している。東京都内でも西武帝国による支配がもっとも強い地域だ。

きっと、このあたりに住んでいる人はどこに行くにもまず西武線に乗って出かけ、駅で降りたら西武バスに乗って家に帰るのだろう。
西武園駅が所沢駅(西武の本社がある)より上に書いてある!
西武園駅が所沢駅(西武の本社がある)より上に書いてある!
東村山駅のホームに降り立つと、そこには既に西武園駅行きの列車が停まって出発を待っていた。

しかしこの列車、一目見てドキッとした。そして我が目を疑って二度見した。

普通は黄色か銀色の西武線が、そこだけ色を抜いて白黒にしたように感じたのだ。
ホラー写真と言えるレベル
ホラー写真と言えるレベル
一瞬怯んだものの、発車ベルが鳴ったので乗車。それでは西武園駅に向かう道のりを見てみよう。
まず驚くのがその道のりの長さだ。東村山駅を出発して西武園駅に停まるまで、ちょうど3分かかっている。間に2駅くらいあってもおかしくないと思う。

東村山駅を発車して、しばらくは本線と並走していたのに、途中で1本だけカーブして離れてしまうところ、これこそ支線の醍醐味である。また、その先で森の中を一直線に貫くさまもいい。

そして、何と言っても西武園駅の微妙な大きさとそれに似合わない閑散っぷり、そして行き止まりの先が壁という終点らしさがたまらない。これ以上線路は延ばさない、そんな強い意志が感じられる地形だ。
ぐうの音も出ない終点っぷり
ぐうの音も出ない終点っぷり
片方しか次の駅が書いてない看板すごくいい
片方しか次の駅が書いてない看板すごくいい
昼間は20分に1本ののんびりダイヤ
昼間は20分に1本ののんびりダイヤ
何もなさそうだし、いま乗ってきた電車で帰るために急いで改札を出て料金払ってホームに戻ってこよう、と思ったら、東村山行きの電車はそそくさと発車して行ってしまった。
逃げるようにすぐ折り返していった
逃げるようにすぐ折り返していった
次の電車は20分後。仕方ないので階段を上がって改札口へ行ってみると、列車が停まっていないホームへ降りる階段は封鎖されていた。きっと平日はいま降りたホーム以外使わないのだろう。
1番線はふだん使っていないのだろうか、1番線なのに
1番線はふだん使っていないのだろうか、1番線なのに
こんなに閑散としているのにそこそこ広い自動改札を抜けると、その奥にさらに大きな有人改札があった。今日は閉まっているけど、切符売り場の窓口まである。
通勤通学でこの改札も朝は混み合うのだろうか
通勤通学でこの改札も朝は混み合うのだろうか
その奥に広い有人改札が!
その奥に広い有人改札が!
JRの路線図が書いてある切符売り場の窓口まで!
JRの路線図が書いてある切符売り場の窓口まで!
西武園駅の歴史を調べたところ、この近くにある西武園競輪場の観客を運ぶために造られたとのこと。きっとこの改札は競輪場直結なのだろう。ちなみに近くには西武園遊園地もあるけど、それは最寄りではないらしい。つまりかなり高い割合で競輪場のための駅、競輪のための路線ということになる。そんな路線があったとは!そして競輪がそこまで大きなマーケットだったとは!

改札を出て競輪場とは反対の方に行ってみると、商店街の類いどころかお店の1軒もなく、いきなりのどかな住宅地が広がっていた。
競輪じゃない方の入り口は小ぢんまり
競輪じゃない方の入り口は小ぢんまり
駅前はいきなり思いっきり住宅地
駅前はいきなり思いっきり住宅地
このあたりに住んでいる人も利用しているだろうけど、それも競輪場があってこそなのだ。ふだんの日の利用人数や客層と競輪開催日のそれとの比較を考えてみるとなんだか可笑しい。3番線まであるホームも、競輪開催日はフル稼働なのだろうか。

そうこうするうち、ふたたび折り返しの電車がやってきたので西武園駅を脱出することにした。次も、もうひとつ西武線の終点駅に行ってみたい。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓