ちしきの金曜日 2012年5月11日
 

ガチャガチャにつまみを入れて晩酌

これ、絶対流行るよ。
これ、絶対流行るよ。
ガチャガチャ本体を買った。
子供があまりにもガチャガチャをやりたがるので、いっそ本体を買って家で好き放題回させればそのうち飽きるだろう、と思って買ったら案の定、しばらくしたら「飽きたー」と言っていた。

で、その後しばらく持て余していたが、先日ニュースで「コンプガチャ」という言葉を知った。
「ん?昆布ガチャ?それうまそうだな。」
と思ったら、「ブ」じゃなくて「プ」だった。パソコンのモニターの字は濁点と半濁点の区別がつきにくくていかん。

が、「うまそうなガチャガチャってのも案外いいかもな…」と思ったのでやってみることにした。
T・斎藤 T・斎藤(てい・さいとう)
長崎より九州のローカルネタを中心にリポートしてます。1971年生まれ。茨城県つくば市出身。2001年より長崎在住。ベルマークを捨てると罵声を浴びせられるという大変厳しい家庭環境で暮らしています。
> 個人サイト 長崎ガイド

コンプガチャってこういうのかと思った。

マイ・ガチャ購入

上の動画を見てもらえば、私が買ったのがどんなものかすべてわかると思う。

日記によると買ったのは一年ちょっと前。楽天で3,000円くらいで買ったと書いてある。すべてプラスチック製で、質感はまぁ値段相応。たまに回しても出てこないこともある。2万くらい出せば本格的なのも買えるようだ。
カプセルは直径5cmくらい。プラスチックのコインもセットで付いてきた。
カプセルは直径5cmくらい。プラスチックのコインもセットで付いてきた。
電池を入れるところがあった。
「何のために?」と思って試しに入れてみると、賑やかな音楽が大音量で流れ始めた。そういう演出は要らないので速攻で電池は外した。
!
中に入れる景品は自分で用意する。

ちょうど、昔チョコエッグを集めていた時のダブりが大量にあったのでそれを入れた。(捨てずにとっておいてよかった。)
大きさもぴったりだった。
大きさもぴったりだった。
この自宅ガチャは、子供らの煩悩の炎を鎮めるのに効果抜群だった。
この自宅ガチャは、子供らの煩悩の炎を鎮めるのに効果抜群だった。

つまみがランダムに出てくるマシンとしてのガチャガチャ

子供らがひとしきり遊んで飽きた後は、しばらくガチャガチャの出番はなかった。ずっと押し入れの奥で眠っていた。それが今回のコンプガチャ問題で再び目を覚ました。

最初に昆布を全カプセルに入れ「昆布ガチャ」を作った。(冒頭の動画)

次に酒のつまみを入れた。
カプセルに入れられそうなつまみをいろいろ買ってきた。
カプセルに入れられそうなつまみをいろいろ買ってきた。
一口サイズのつまみが詰まったカプセルたち。
一口サイズのつまみが詰まったカプセルたち。
これで晩酌するのだ。

ガチャガチャを回すとつまみが出てくる。
ちょっと酒のつまみとしてはどうなんだ?的なのもあえて入れてみた。

さぁ、ワクワクしてきたぞ。


 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ