フェティッシュの火曜日 2012年5月22日
 

横浜中華街から「アナコンダ狩り」へ!!

食えるアナコンダ。
食えるアナコンダ。
数年前、東京湾には通称「アナコンダ」と呼ばれる怪物がいると漁師さんに聞いた。
しかもそのアナコンダはあの有名な観光&グルメスポットである横浜中華街のそばから出る船に乗れば、僕たち一般人にも簡単に釣れるのだという。
そんなこと聞いたら行かないわけにはいかないだろう。
1985年生まれ。生物を五感で楽しむことが生きがい。好きな芸能人は城島茂。

前の記事:「「川のアナゴ」はアナゴ味?」
人気記事:「巨大深海魚を釣って食べたら尻から油が!!」

> 個人サイト Monsters Pro Shop

本当に中華街の目と鼻の先から

横浜に行ったことがない人でも写真や映像でこの門は見たことがあるかもしれない。
横浜に行ったことがない人でも写真や映像でこの門は見たことがあるかもしれない。
というわけでその筋では有名な横浜の腕利きアナコンダハンターに乗船を申し込んだところ、本当に中華街のすぐそばに集合するよう指示された。
誰もがよく知るこの中華街の門。それは東京湾の秘境へとつながる門でもあったのだ。
アナコンダの巣窟へ向かう船は首都高の高架下に隠されていた。
アナコンダの巣窟へ向かう船は首都高の高架下に隠されていた。
午後6時前。日が落ちる直前にアナコンダを知り尽くした船長が操る釣り船「勇樹丸」に乗り込む。東京湾のアナコンダは夜行性なのだ。
出船直後。ベイブリッジが見えてきた。
出船直後。ベイブリッジが見えてきた。
魚釣り、特に大物や珍しい魚を狙う場合、その舞台はたいてい山奥や断崖絶壁、あるいは岸が見えないほど沖合といった人類の文明の匂いから離れたロケーションとなることが多いのだが今回は違う。
ベイブリッジもショッピングモールも大きな工場もすぐそばである。
工業地帯を横目に見ながら船を走らせること十数分。
工業地帯を横目に見ながら船を走らせること十数分。
辺りが暗くなると同時に船が停まる。
辺りが暗くなると同時に船が停まる。
中華街から15分走るか走らないかのうちに船が停まり、船長から「はい、もう釣りはじめていいよー。」の声。えっ!もう!?
こんな近場で釣れるのか?「アナコンダ」なんて仰々しい異名を誇るやつが?魚なんて雑魚か、よくてスズキくらいしかいないのでは…。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓