土曜ワイド工場 2012年5月19日
 

プロに教わる自宅で作る大きなショートケーキ

プロに大きなショートケーキの作り方を教わります!
プロに大きなショートケーキの作り方を教わります!
大きなケーキと小さなケーキが並んでいれば、誰しも大きなケーキを選ぶのではないだろうか。

しかし、売っているケーキはお世辞にも大きいとは言えない。いや、年々小さくなっている気すらする。僕が好きなショートケーキなんてあきらかに小さい。そこで、パティシエに頼み、大きなショートケーキを作ってもらおうと思う。
1985年福岡生まれ。思い立ったが吉日で行動しています。地味なファッションと言われることが多いので、派手なメガネを買おうと思っています。

前の記事:「朝5時の団子が一番うまい」
人気記事:「異性とイチャイチャした写真を撮る方法」

> 個人サイト Web独り者 彼女がいる風の地主恵亮

大きい方がいい!

大きいのと小さいの、どちらがいいかと問われれば大きい方がいいという意見が多いのではないだろうか。肉しかり、魚しかり、小さいより大きい方が絶対にいいと思うのだ。僕などは定食屋を訪れれば、常に大きなものを頼むようにしている。
大きなごはん
大きなごはん
食べるテンションはサイズによって異なる。
たとえば目の前にあるのが小さな肉ならば、食卓に溢れる笑顔の規模は小さなものになるだろう。それは時には確認できないほど、小さな規模の笑顔である。
小さい肉の時(笑顔が確認できない)
小さい肉の時(笑顔が確認できない)
食卓には美味しさだけでなく、笑顔も溢れていて欲しいと思う。これは別に難しいことではない。大きいものが並んでいれば自然に笑顔が溢れるのである。「大きい!」なんて風に話に花が咲き、笑顔という大輪が咲くわけだ。笑顔と大きさは比例するのである。
大きい肉だとこんなにも笑顔!
大きい肉だとこんなにも笑顔!

ショートケーキを大きくする

このようにサイズによってテンションが変わることが分かったと思う。そこで、ショートケーキを大きくしたいと思う。僕は子供の頃からショートケーキが好きなのだが、ケーキ屋などで購入するショートケーキはどうも小さく、せっかく美味しいのに笑顔の量が少ないと感じている。
これがショートケーキです
これがショートケーキです
ショートケーキとは切り分けたピザに厚みを持たせたような三角形で、上には赤いイチゴが乗った、誰もが知っているスタンダードなケーキである。生後数カ月の赤ん坊の笑顔のようなステキな甘さを持っている。みんな大好きなのではないだろうか。
iPhoneより小さい
iPhoneより小さい
しかし、小さいのだ。
熟練した寿司職人が寿司を握り終わるよりも前に食べ終わるサイズ。3個食べても物足りない。これではせっかくのショートケーキなのに、テンションは上がらず、9月の終わり頃のヒマワリのような笑顔しかもたらさない。大きくするしかないのである。
そこで、パティシエに頼みました(左がパティシエで、右はパティシエの彼女)
そこで、パティシエに頼みました(左がパティシエで、右はパティシエの彼女)

プロに教わる大きなショートケーキ

大きなショートケーキを食べたいけれど、僕には技術がないので、餅は餅屋ということで、ケーキを作るプロ「パティシエ」に製作をお願いした。さらに今後、自分でも作れるように、専門的な機材が揃った厨房ではなく、自宅で作ってもらうことにした。
家の台所で作ります
家の台所で作ります
ちなみにこのパティシエは僕の弟である。身長は180センチを超え、筋肉は隆々。同じ親の子かい? と聞きたくなるほど僕とは見かけが異なるのだけれど、本当に僕の弟で、高校卒業後からパティシエの道を歩んでいる。
そのパティシエが書いたレシピがフランス語
そのパティシエが書いたレシピがフランス語
この弟はレシピをフランス語で書いたり、お皿を「アシェット」と呼んだりする、「お前、九州の片田舎生まれだろ!」と血がつながっていなければ、強めに殴る雰囲気を持っているので、それらを日本語に訳してもらうために、弟の彼女のマホちゃんにも、この大きなショートケーキ作りに加わってもらった。通訳である。
そのマホちゃんは絶好調でした!
そのマホちゃんは絶好調でした!

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓