はっけんの水曜日 2012年5月23日
 

いますぐ岩手にダムを観に行くべき5つの理由

ダム好きが選ぶ「このダムがすごい2012」第1位(勝手に決めた)
ダム好きが選ぶ「このダムがすごい2012」第1位(勝手に決めた)
あれだけ待ちに待っていたゴールデンウィークはあっけなく過ぎてしまったけれど、もし、このあと少しの休みがあったら、ぜひ岩手にダムを観に行ってもらいたい。

いろいろな意味で、今年いちばんアツいダム地帯なのだ。
1974年東京生まれ。最近、史上初と思う「ダムライター」を名乗りはじめましたが特になにも変化はありません。著書に写真集「ダム」「車両基地」など。 個人サイト:ダムサイト

前の記事:「ひと駅だけの支線に乗りたい」
人気記事:「この春行きたい!東京の滅亡城跡めぐり」


理由1・役目を終えるダムがある

何を差し置いてもまず向かってほしい場所は、岩手県の南部、奥州市の中心地から内陸に20kmほど入った場所にある石淵ダムである。

より大きな地図で いますぐ岩手のダムを観に行くべき5つの理由 を表示
青いポイントが目的地の石淵ダム
長年にわたって胆沢平野を潤し下流を守ってきた
長年にわたって胆沢平野を潤し下流を守ってきた
春になると大量の雪解け水が流れ込み、写真のような美しい放流と桜がセットで見られた石淵ダム。しかしこの光景、実はもう見納めなのだ。

なぜなら、今年の9月末で役目を終えるからである。
来年の雪解け放流はもう見られない
来年の雪解け放流はもう見られない
とは言っても、このところの公共事業の見直しや環境保護運動の高まりの影響で廃止になるワケではない。

戦後すぐの食糧難の時代に建設工事がはじまり、昭和28年に完成した石淵ダム。完成以来、下流の胆沢平野に広がる田んぼに水を送り、大雨のときは洪水から下流を守ってきたけれど、復興するにつれて田んぼはどんどん増え、つまり必要な水も増え、完成からおよそ10年後には貯水量が不足気味になってきた。また当時の予測を越える大雨も頻発。そこで下流の住民たちから、もっと大きなダムが必要という声が上がり、新しいダムに生まれ変わることになったのだ。

会社だったら業績好調で新社屋に移転、という喜ばしい事態なのだけど。
創業以来の歴史ある現社屋
創業以来の歴史ある現社屋
この石淵ダム、なんと日本で最初に建設されたロックフィルダムなのだ。重力式やアーチ式とともに、いまでは日本のダムの主要3形式のひとつを占めるロックフィルダム。たとえば東洋のピラミッドと言われたベテラン御母衣ダムや、関東のアイドル奈良俣ダムなど、すべてこの石淵ダムが始祖と言える。
日本ロックフィルダム界のご意見番、御母衣ダム
日本ロックフィルダム界のご意見番、御母衣ダム
そろそろ
そろそろ"元"アイドルと言える年齢の奈良俣ダム
さらに、ロックフィルダムの中でも極めてレアな「コンクリート表面遮水壁型」というタイプでもある。これは日本で5基しかない珍しさ。日本に5人しかいないスマップのメンバーと同じくらい貴重な存在、と言ったら分かってもらえるだろうか。

ちなみにスマップをSMAPと表記するのと同じように、コンクリート表面遮水壁型ロックフィルダムはCFRDと略される。
上流側のコンクリートの板で遮水する (立入禁止場所から許可を得て撮影)
上流側のコンクリートの板で遮水する
(立入禁止場所から許可を得て撮影)
長々とワケの分からない説明をしてきたけど、つまり、石淵ダムは世が世なら国の重要文化財に指定して永久に保存していかなければならないほどの名堤体なのだ。けれど、岩を積み上げたダムだけに移設ができるわけもなく、下流に造られる大きなダムが水を貯め始めると、石淵ダムはあっけなく新しいダム湖に水没してしまう。その予定が今年の秋。だからいますぐ観に行ってほしいのだ。

ふー、ようやく言いたかったことにたどり着いた。

ちなみに古いダムが新しいダムの貯水池に沈むことは決して珍しくなく、各地で役目を終えた多くのダムが湖底で余生を送っている。そんな状況で僕が石淵ダムをこれほどプッシュするのにはもうひとつ理由がある。

ダム人生最後の数年で2度の超巨大地震に見舞われ、ダメージを受けてもなお水を貯め続けた、その逞しい姿を見届けてほしいのだ。
平らだったダムの上の通路は地震でこんなに波打った
平らだったダムの上の通路は地震でこんなに波打った
2008年6月に発生した岩手・宮城内陸地震は震源地が石淵ダムからおよそ10kmと近く、ダム地点で震度7の揺れを記録した。そして2011年の東日本大震災でも大きく揺れた。この2つの地震で石淵ダムはダム上の通路にうねりや亀裂が走り、ダムの表面にも凹凸ができてしまった。けれどダム本体の貯水機能には問題がなかった。
一見すると無事だったように見えるけど (立入禁止場所から許可を得て撮影)
一見すると無事だったように見えるけど
(立入禁止場所から許可を得て撮影)
滑らかだった表面はかなりデコボコに (立入禁止場所から許可を得て撮影)
滑らかだった表面はかなりデコボコに
(立入禁止場所から許可を得て撮影)
ダムの周りの斜面はかなり崩れている
ダムの周りの斜面はかなり崩れている
特に2008年の方が被害が大きかったとのこと
特に2008年の方が被害が大きかったとのこと
これが刑事ドラマだと、明日で定年というベテラン刑事が担当事件の犯人を見つけてしまって殉職したりするけど、石淵ダムは無事で本当によかった。
唯一、使っていなかった排水塔が(2006年撮影)
唯一、使っていなかった排水塔が(2006年撮影)
2008年の地震で無惨な姿に
2008年の地震で無惨な姿に
というわけで、9月末に運用を終える貴重なダムの最後の勇姿を、ぜひ多くの皆さんに見てもらいたいと思っている。

ただし、観に行く前にひとつだけご注意を。石淵ダムは既に下流に造られているダムの工事区域に入っているので、道路が関係者以外通行止めになっているのだ。そこで、石淵ダムに行くには通行許可証が必要になる。
ダムへ行くカギ
ダムへ行くカギ
通行許可証は、石淵ダム下流に造られている胆沢ダムのさらに下流にある「胆沢ダム学習館」というPR施設で受付のキレイなお姉さんから受け取ることができる。
胆沢ダムの展示PR施設
胆沢ダムの展示PR施設
こんな位置関係
こんな位置関係
さらに、胆沢ダムの工事がお休みの日は道も完全通行止めなので注意が必要。出かける前に、胆沢ダム学習館に電話で確認した方がいいかも知れない。

でも、ここまで読んでも、たとえば関東や関西からわざわざ行って満足できるかと言われたらどうか。うん、確かにダムとしてはだいぶ地味である。

そこで、ほかにも岩手に行くべき理由を追加したい。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓