チャレンジの日曜日 2012年5月27日
 

東京湾1周マラソン

スタートは日本橋。ゴールも日本橋です。
スタートは日本橋。ゴールも日本橋です。
東京湾はフェリーを使うと1周出来ます。デイリーポータルでは、元編集部の工藤さんが電車を使って東京湾を周回しています。こちらの記事

電車以外に道路も東京湾をなぞるように通っています。ならば、電車を使わず自分の足で走って東京湾を1周出来るはず。

ということで、東京湾1周マラソンをやってみました。
1972年生まれ。体力系、料理系の記事を多く書いています。ライター以外に日本酒と発酵食品をメインにした飲み屋も経営しています。利き酒師で、元機械設計屋で元プロボクサー。ウルトラマラソン走ります。米の飯と日本酒が有れば大体なんとかなります。
> 個人サイト 酒と醸し料理 BY 個人ページ「走れば大体大丈夫!」

およそ190kmの走行距離

東京湾1周マラソンのコースは以下の地図のようになります。日本橋をスタートして千葉方面へ。内房の海岸線に沿うように走り、金谷の東京湾フェリー乗り場へ。フェリーで久里浜に渡ったら再び海岸線に沿うように横浜へ。そこからは箱根駅伝のコースを走って日本橋へ戻ります。

より大きな地図で 東京湾1週ランニング を表示
実際に走った事のないコースなので、ネットで衛星写真を見ながら歩道が有ると思われる道を選んでいます。地図上の計測で175km程の距離。道を渡ったり、高低差があったりしますので、実際には190kmぐらい走ることになるでしょう。
日本橋横の日本国道路元標前を深夜1時半頃スタート。
日本橋横の日本国道路元標前を深夜1時半頃スタート。
走行予定時間は36時間。フェリーの運航時間に間に合うように深夜1時半頃日本橋をスタートします。また、24時間を超えるとかなりの眠気に襲われるので、横須賀にある温泉施設を仮眠場所として予定しています。

そんな感じで東京湾1周マラソンスタートです。

スタート直後は霧雨

深夜の日本橋界隈は人通り無し。
深夜の日本橋界隈は人通り無し。
スタート直後は霧のような雨が降ったり止んだり。濡れる程ではないので、気にせず進みます。
雨のおかげでヒンヤリして気持ちがいい。
雨のおかげでヒンヤリして気持ちがいい。
連休中だった為か、この日は警察官が町中に立っている事が多かったです。怪しまれないように、すれ違う際には「今晩は」と挨拶。敬礼で返してくれた気さくな警察官もいました。深夜の走行では警察官へ挨拶しておくといいでしょう。
江戸川交差点到着。ツイッターで状況をつぶやきながら走行。
江戸川交差点到着。ツイッターで状況をつぶやきながら走行。

より大きな地図で 東京1周マラソン 江戸川 を表示
このあたり。まだ先は長い。
こんな感じで走ること約2時間。江戸川交差点まできました。スタートから15km程の地点。ここから千葉方面へ道が続きます。

食事はコンビニや適当な店で

早めの朝飯。霧雨も止む。
早めの朝飯。霧雨も止む。
江戸川交差点を曲がり、千葉街道を進み続けること更に2時間。船橋あたりで最初の食事休憩です。レースではないのでエイドは全くありません。食事やトイレ休憩はコンビニなどで済ませます。

今時はよほどの人里離れた所でもない限り、長くても10kmぐらい走ればコンビニがあるので、補給にはあまり困りません。日本は超長距離ランナーには便利な国です。
音楽聴きながら走行中。なぜ朝っぱらこの曲か。
音楽聴きながら走行中。なぜ朝っぱらこの曲か。
食事を済ませてさらに千葉街道を走行します。途中、インターチェンジを迂回したり、歩道の無い道を避けた際に道に迷ったりしながら千葉みなと駅付近まできました。

フェリーの時間が気になり始める

地図計測で40kmぐらいの地点。フルマラソン1本終了。
地図計測で40kmぐらいの地点。フルマラソン1本終了。
道を間違えた影響で予定していた時間よりもやや遅く到着。ここを超えると市原の工業地帯に入っていきます。

そして、金谷港から出る最終フェリーが19時30分。少し心配なペースとなってきました。先を急ぎます。
普通のスマホの他にタブレットも持って走っていたので大きな地図とGPSで道を確認。便利な世の中になったものだ。昔は地図を持っていても現在位置を把握するのに時間がかかったものだ。
普通のスマホの他にタブレットも持って走っていたので大きな地図とGPSで道を確認。便利な世の中になったものだ。昔は地図を持っていても現在位置を把握するのに時間がかかったものだ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓