ひらめきの月曜日 2012年5月28日
 

焼きうどん発祥の地でおなかいっぱい

届け!ソースのにおい
届け!ソースのにおい
焼きうどんって普段そんなに注文しないメニューではないだろうか。

居酒屋でたまに見つけると気にはなるが、どのタイミングで頼んでいいのかよくわからない。お好み焼き屋さんでお好み焼きではなく焼きうどんを頼むと常連さんっぽくてかっこいいかもしれないが、やはりちょっと敷居が高い。

そんなわけでなかなか正面から向き合うことのなかった焼きうどんだが、今回たまたま訪れた九州の小倉が焼きうどん発祥の地と聞いて、改めていろいろ食べ歩いてみた。ちょっと焼きうどんに対する姿勢が変わりましたよ。
1975年愛知県生まれ。行く先々で「うちの会社にはいないタイプだよね」と言われるが、本人はそんなこともないと思っている。

前の記事:「お菓子の袋で日食が見えるのか」
人気記事:「本気で作るとコマは3分回る」

> 個人サイト むかない安藤 Twitter

近未来、小倉

小倉の駅に着いてまず驚くのは、その未来っぽさである。要塞みたいな駅ビルの途中の階からモノレールの線がしゅっと2本出ていて音もなく列車が滑り込んでくる。モノレールに銀河鉄道999のペイントが施されているのを抜きにしても僕らが思い描いていた未来っぽさが漂う。振り向くとロフトとかマックとかがあって、ああ駅前って思うんだけれど。
小倉と書いてみらいと読む。
小倉と書いてみらいと読む。
そんな小倉が実は焼きうどん発祥の地だということは上陸する前日に検索で知った。なんでもとあるお店がかつて焼きそばを作ろうとしたのだが、麺がなくて乾麺のうどんを炒めたところ評判となり、そこから焼きうどんの歴史が始まったのだとか。ええい、うどんでも炒めておけ!というワイルドな発想も九州発祥と聞くとなんだか納得する(いい意味で言ってます)。

とにかく発祥というからには全国どこで食べるよりも正統なのだろう。いままであまり気にすることがなかった焼きうどんと今日は真剣に向き合ってみたい。

一皿目は小倉の焼きうどんを全国区にした功績を持つお店から紹介したい。お好み焼きの「いしん」さんである。
のれんをくぐってお店に入るのってうれしいですよね。
のれんをくぐってお店に入るのってうれしいですよね。

お好み焼き「いしん」

「いしん」は焼きうどん屋さんではなくお好み焼き屋さんである。発祥の地とはいえあくまでもサブ、焼きうどんがんばれ、と思う。
お好み焼き屋さんとは思えないおしゃれ度。
お好み焼き屋さんとは思えないおしゃれ度。
「いしん」は地下にあって隠れ家バーみたいな雰囲気だった。気持ちのいい音量でボサノバが流れている。各席の前に鉄板がなければまさかお好み焼き屋とは思わないだろう。僕のあとに女性の一人客がやって来て

「店員さんが焼いてくれる?」

ってかっこよく注文していてしびれた。
そしてバーテンダーみたいなスマートな店員さんが女性にお好み焼きを焼いていた。
そしてバーテンダーみたいなスマートな店員さんが女性にお好み焼きを焼いていた。
この雰囲気の中、お好み焼きを経ずに焼きうどんを頼んでいいのか、と躊躇しつつも注文する。メニューにあるんだから悪いわけないのになんだろうこの葛藤は。
しかしほどなくしてやってきた焼きうどんを見て思い出した。
しかしほどなくしてやってきた焼きうどんを見て思い出した。
ここが焼きうどん発祥の地、小倉だということを。
ここが焼きうどん発祥の地、小倉だということを。
焼きうどん、ものすごいいい匂いしている。
どう撮ってもレンズが曇る。
どう撮ってもレンズが曇る。
目の前に置かれた焼きうどんからは甘辛いソースが湯気と一緒に襲いかかってくる。具はシンプルにキャベツと豚肉、ニンジンと揚げ玉。そこに添えられた紅しょうがの赤が映える。
ではさっそく、いただきます。
ではさっそく、いただきます。
ゴロゴロと入っているでかいキャベツと豚肉の炒め加減が実に絶妙で、もっちりしたうどんと各食材の食感とがうまくマッチしている。ソースは濃いけど後を引かない。なんというのか、さっぱりとした濃さなのだ。これ不思議。ソースの甘みというよりも、新鮮な醤油にあるような尖った感じが鼻に当たる。

お店の人に聞いてみた。この焼きうどん、うまいですねー。特にソースが。

「ありがとうございます!小倉にはだるま堂さんのソースを再現しようっていう動きが10年前くらいからあって、そのときに研究を重ねてこのオリジナルソースができたんです。醤油とソースを中心にいろいろブレンドして旨みを引き出しています。」

やはりソースはオリジナルだった。ちなみにこちら「いしん」の焼きうどんは「小倉焼きうどんバトル2011」で優勝しているのだとか。

ところでさっきの話で出ていた「だるま堂さん」というのは小倉で一番有名な焼きうどん屋さんらしいのだが。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓