はっけんの水曜日 2012年5月30日
 

珍発明家のお宅訪問

一体、何に使う発明なんでしょうか?
一体、何に使う発明なんでしょうか?
世の中には2種類の発明家がいる。役に立つものを発明する人と、役に立たないものを発明する人だ。

もちろん、生活環境を向上させてくれる便利な発明もすばらしいと思いますが、まったく役に立たない……誰の得にもならない発明を、でも作っちゃうんだよ! というタイプの発明家もボクは大好きです。

今回はそんな、珍妙な発明ばかりをしている発明家のおっちゃんのお宅を訪問してきました。
1975年群馬生まれ。ライター&イラストレーター。 犯罪者からアイドルちゃんまで興味の幅は広範囲。仕事のジャンルも幅が広過ぎて、他人に何の仕事をしている人なのか説明するのが非常に苦痛です。変なスポット、変なおっちゃんなど、どーしてこんなことに……というようなものに関する記事をよく書きます。

前の記事:「真のザクとうふを作ろう」
人気記事:「真のザクとうふを作ろう」

> 個人サイト Web人生

発明家って憧れの職業だよね

!
「発明家」に憧れがある。

小学校の図書館にあった「発明百科」みたいな本にトーマス・エジソンをはじめとした数々の発明家&発明品が紹介されていたのだが、彼らが発明に没頭するあまりに引き起こしてしまったクレイジーなエピソードと、その後のサクセス・ストーリーに「大人なのにこんなメチャクチャな人たちがいるのかッ!」と感銘を受けまくっていた。

んで「ボクも発明をッ!」とか思ったものの、何からはじめたらいいのか分からないので、とりあえず時計を分解したりしてオヤジからぶん殴られたものだ。
「発明家」「科学者」あと「マッド・サイエンティスト」の区別がついてないです
「発明家」「科学者」あと「マッド・サイエンティスト」の区別がついてないです
しかし今の日本にエジソン的な、いわゆる「発明家」っているのだろうか? 企業で研究開発している人の中にはそーゆー人もいるのかもしれないけど、どっちかというと「発明家」というよりは「開発者」って感じがするし……。

現在、日本における「発明家」ってアレでしょ? かかとのないスリッパをはいてダイエット……的な、そんでそれが商品化されて数億円儲けた的な、いわゆる「主婦発明家」みたいな人たちが主流でしょ。
主婦発明の代表格
主婦発明の代表格
もちろん、主婦発明家のみなさんたちも、日々研究開発を行って発明品をクリエイトしているという面では偉大だと思うのだけれど、例のかかとなしスリッパの大成功があまりにも有名になってしまったため、「何かを生み出さずにはいられないッ!」というほとばしるパッションからの発明というよりは、「商品化&ボロ儲け」みたいな願望が先行している人が多いような気がして、イマイチ興味を持てないのだ。
まあ、そういうのが一番興味持たれるんだろうけど
まあ、そういうのが一番興味持たれるんだろうけど
一方、主婦発明家と比べてメディアなどでの注目度は低めなものの、男性の素人発明家というのも沢山いて、こちらはなぜか「ボロ儲け」狙いというよりも、自らの表現衝動に突き動かされるがままに発明品を生み出し続けている「へんてこ」寄りな発明家が多いような気がする。「○○町のエジソン」って呼ばれているような、変なものばっかり作ってる人って大抵おっちゃんだもん。

ボク的にはそんな、お金にもならない、何の役にも立たない、そしてたぶん作ったおっちゃん自身にも全くメリットがない珍妙な発明品の方が、手ぶらで傘をさせたり、洗濯機の糸くずをとれたりする発明品よりも遙かに魅力的に思えるのだ。
モーツァルトは「浪花の」くらいしかいませんけどね
モーツァルトは「浪花の」くらいしかいませんけどね
……そんな感じで最近、珍発明に興味を持っているのだが、そういや昔ちょろっと絡んだことのあるおっちゃんが珍妙な発明をしていたなぁ……と思い出し、今回は久々に連絡を取って取材させてもらうことにした。

何だかスゴイ発明家登場!

今回、紹介するおっちゃんは、その昔ボクがスタッフをやっていた某ネット番組に出てもらったことがあるのだけれど、自宅に伺うのははじめて。
都内某所のこんなアパート在住
都内某所のこんなアパート在住
明らかにアパートの共有スペースと思われる場所にまで発明品があふれ出してるよ!?
明らかにアパートの共有スペースと思われる場所にまで発明品があふれ出してるよ!?
け……研Q所!? 「研究所」ってことよね、たぶん
け……研Q所!? 「研究所」ってことよね、たぶん
ほい、この人が今回紹介します発明家・高橋宏三(ひろみ)さん
ほい、この人が今回紹介します発明家・高橋宏三(ひろみ)さん
色々と気になるところがありまくりではあるものの、まあ、百聞は一見にしかずとも言うし、とりあえず高橋さんの発明品を実際に使用している様子を見てもらおう。
一体……!?
一体……!?
おおうッ……。何というか、ちょっとひと言では表現しがたい感じの……まあ、あまり工夫せずに言ってしまうならば「どーかしている」としか名状できないこの姿!

一体、コレは何をするための発明なのかというと、見て分かるように……いや、分からないだろうけど、陸上でも水泳の練習をすることのできるマシーンなのだ。
その名も「スイマーセン」……ダジャレですよ
その名も「スイマーセン」……ダジャレですよ
で、裏側を変形させて足を長くすると
で、裏側を変形させて足を長くすると
うつぶせになってクロールの練習もできます
うつぶせになってクロールの練習もできます
おっちゃんは「この他にも平泳ぎ、バタフライの練習ができるよ!」と言っていたが……コレで練習して、その気になって海に繰り出してブクブクおぼれちゃったとしてもボクは一切責任取りたくない。自己責任ッ!

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓