はっけんの水曜日 2012年6月6日
 

商店街のお祭りはミステリー 〜西小山ミステリーツアーとは

お祭り! ハイサワー! だけど、ミステリー。
お祭り! ハイサワー! だけど、ミステリー。
「西小山ミステリーツアー」という名前は知っていた。

東京の品川区と目黒区のちょうど境、東急目黒線の西小山駅からつながるいくつかの商店街で行われているイベントだ。謎解きをしながら街歩きを楽しむ「ウォーキングイベント」らしい。

ひらたく言えば商店街のお祭りだろう。どのあたりがミステリーなんだろう。

行ってきました。ものすごくちゃんとしたミステリーで、しかもとんでもなく盛り上がったお祭りでした。
1979年東京生まれ、神奈川、埼玉育ち、東京在住。Web制作をしたり小さなバーで主に生ビールを出したりしていたが、流れ流れてニフティ株式会社へ入社。趣味はEDMと先物取引。
> 個人サイト まばたきをする体 Twitter @eatmorecakes

街中の人がピンクの紙を持っている?

私は寿司をぶら下げて走っていた。街中の人がみなピンクの紙を持っているから。

ピンクの紙の人たちは「ミステリーツアー参加者の人たちだ!」と直感で分かった。みなさん紙を真剣に見つめ、「あっちかな? こっちかな?」などと相談しながら歩いている。

西小山に住む祖母にランチ寿司を買ってくるよう頼まれたのだ。祖母と一緒に寿司を食べてからゆっくりこの「西小山ミステリーツアー」に参加するつもりだったのである。

まさかこんなに参加者の出足が早いとは。人気イベントをあなどっていた。早く私も参加したい! そんな思いで気が急いた。
みんなピンクの紙をもって歩いている!
みんなピンクの紙をもって歩いている!

今年は5/26(土)、27(日)に開催

「西小山ミステリーツアー」は今回で4回目。昨年は東京都が
実施する商店街グランプリというコンテストでも第3位の「優秀賞」を受賞するなど勢いに乗っている。

今年は5/26(土)と27(日)の週末が開催日。開催時間は11時から16時で、所要時間は約2時間とチラシには書いてある。

16時までに謎を解いてゴールすれば抽選で商品がもらえるということだった。
旗やポスター、立て看板から掲示板まで開催前はミステリーツアー押しですごいことになっていた
旗やポスター、立て看板から掲示板まで開催前はミステリーツアー押しですごいことになっていた
そういうことなら焦ることもあるまい、お昼を食べておなかをふくらませてからのんびり挑もうかと思っていたのである。

それがスタート時間の11時にはすでに街中は参加者の方の行き来で妙な熱気に包まれているのだ。

私も祖母との寿司ランチもそこそこに(結局は食べた)、スタート地点の駅前広場に急いだ。
参加者受付は町会のテントがいいかんじ。スタート直後の波が引いた12時にタイミング良くスタートできた
参加者受付は町会のテントがいいかんじ。スタート直後の波が引いた12時にタイミング良くスタートできた
テレビっぽい取材も入っているぞ
テレビっぽい取材も入っているぞ

地図、鉛筆、バインダーと参加者マークをもらう

ミステリーツアーの参加は事前の申し込み制。2日間両日あわせて募集人数は3000人で今年は早々にこの枠がいっぱいになる人気ぶりだそうだ。

受付では「ミステリーマップ」と呼ばれる地図と謎解きのルールの掲載された用紙(さきほど街中で見かけたピンクの紙はこれだった)に青い参加者リボン、それに丁寧にゴルフ場でスコアをつけるときに使うような鉛筆とバインダーが渡された。
バインダーと鉛筆付きというのがかゆいところに手がとどく
バインダーと鉛筆付きというのがかゆいところに手がとどく

ミステリーは始まっている

受付ではテキパキ働くピンクのTシャツのスタッフの方々が対応してくれた。みなさん大変ににこやかであるがヒント説明などは特になしである。そう、すでにミステリーツアーは始まっているのだ。

まずはミステリーマップを熟読しよう。

そもそも「謎解きをしながら街を歩く」というが、どういうことなのか。このイベントがどういった遊びなのかが分かっていない。

読むと、こういうことのようだ。

(1)西小山の街に隠された5ヶ所の「スタンプポイント」を探し当て、スタンプをもらう
(2)同じく隠された17ヶ所の「ミステリーポイント」を探しヒントを集める
(3)集めたヒントから答えを導き出す!
集めたヒントもこのミステリーマップに書き込めるようになっている
集めたヒントもこのミステリーマップに書き込めるようになっている
「スタンプポイント」と「ミステリーポイント」の場所はミステリーマップ上にすべて掲載されているので、地図を頼りにポイントを探せばよいわけだ。

頭を使う難解なイベントかと思っていたがこれならミステリー音痴の私にもできそうだぞ。

ちなみに、子どもは「スタンプポイント」5つさえ集めればゴールしていいルール。

参加者によって難易度が変えられるようになっているのだ。
子連れでも楽しめるということで子どもを2人連れての参加。よし、謎解くぞ!(しかし背中の子どもは寝そうです)
子連れでも楽しめるということで子どもを2人連れての参加。よし、謎解くぞ!(しかし背中の子どもは寝そうです)

参加者の層がとんでもなく厚い

さあ、と地図を持って街へ出た。すぐ気づいたのだが、参加者の層が異様に厚い。

家族連れや子どもだけのグループ、若いカップルにベテラン夫婦、若い女の子グループからおばちゃんグループにミステリーファンらしきいいカメラを首からぶらさげたグループ、おじいさん、おばあさんもいる。一人で参加している人も少なくないようだ。近所の人もいれば遠方から来ているのだろうなあという人もいた。

これだけ多様な人を巻き込むって、どんなイベントなんだろう。
家族連れやカップルと同じくらい
家族連れやカップルと同じくらい
おばちゃまグループが多かった
おばちゃまグループが多かった

西小山には慣れているんだ

ミステリーを解けば、この参加者の多様性の謎もおのずと解けるだろう。

おじいちゃんもおねえさんも子どももみんなピンクの紙とにらめっこして歩く中、私もさくさく謎をといていこうじゃないの。

実は私は以前10年ほど西小山に住んでいたことがあるのだ。先述の一緒に寿司を食べた祖母と同居していたのである。

引っ越してからもう7年、西小山も駅が地下化するなどずいぶんきれいに変わったが土地勘は今でもある。はっきり言って勝ち戦であるぞ。

まずは西小山アーケードからすずらん通りに抜けるぞ。よし、子どもたち、ついておいで!
と、息子を見たらうまい棒を持っていた
と、息子を見たらうまい棒を持っていた

ミステリーと下町のマリアージュ

気づいたら、手ぶらだったはずの子どもがお菓子を持っている。

なんだなんだ、どうしたそれ。

聞けばどうやらイベントの関係者の方が「ほら坊主、もってけ」的な感じでくださったらしい。お礼を言いたいのだが、いつ、誰に。

そんな「いつのまにか見知らぬ人に良くしてもらっていた」ということが、これだけじゃなくイベント中たびたびあった。商店街のイベントだけあってすごくアットホームで地元からの心からの盛り上げを感じる。

街を歩いて謎解き+とにかくいろんな人がいる+人情があつい。しょっぱなから盛りだくさんである。
あわあわしてたら「はい、どうぞ、飲んでね〜」とコーラを差し出された。落ち着こう
あわあわしてたら「はい、どうぞ、飲んでね〜」とコーラを差し出された。落ち着こう
このイベント、ミステリーの部分はきっちり作りこまれてあかぬけているのだが、一方で運営は手作りで気持ちよくゆるやかに行われているようだ。

「ミステリー」という言葉が、まさか下町の手作りのお祭りと融合するとは。

さらに進むと、ミステリーと下町のお祭りのマリアージュぶりが大変なことになっていた。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓