ちしきの金曜日 2012年6月8日
 

フライ焼きの謎と懐かしの駄菓子屋もんじゃ

これが深谷のもんじゃ焼きとフライ焼き。さて、どっちがどっちでしょう。
これが深谷のもんじゃ焼きとフライ焼き。さて、どっちがどっちでしょう。
もんじゃ焼きといえば、東京の下町で食べられているイメージが強いけれど、群馬県に接した埼玉県深谷市にも、独自の粉物文化があるそうだ。

実際に深谷まで行ってみると、もんじゃ焼きだけではなく、フライ焼きという謎のメニューや、文化財級の穴場もんじゃ焼き屋が私を待っていた。
趣味は食材採取とそれを使った冒険スペクタクル料理。週に一度はなにかを捕まえて食べるようにしている。最近は製麺機を使った麺作りが趣味。
> 個人サイト 私的標本 趣味の製麺

「おけや」さんにやってきた

深谷市出身の友人によると、子供の頃に食べていたもんじゃ焼きは必ずカレー味で、具の少ないシンプルなもの(言葉を選んでみた)だったらしい。東京でもんじゃ焼きを食べて、全然違うものが出てきてビックリしたそうだ。

その友人が食べていた店は全部なくなってしまったそうで、やってきたのは「おけや」さんという、戦中から続く伝統あるもんじゃ焼き屋さん。

店名の由来を聞くのを忘れたが、この辺りは赤城山から吹き下ろしてくる風がとても強いので、「風が吹けばおけやが儲かる」というジンクスからの命名だと、私は睨んでいる。
暖簾が仕舞われていたので、休業かと一瞬焦った。
暖簾が仕舞われていたので、休業かと一瞬焦った。
大丈夫、ちゃんと営業中だった。風が強いからだろうか、命は懸けても暖簾は外に掛けないようだ。
大丈夫、ちゃんと営業中だった。風が強いからだろうか、命は懸けても暖簾は外に掛けないようだ。
おかみさんは三代目だそうです。
おかみさんは三代目だそうです。
訪れたのは平日の昼過ぎ。店内に入ると、お客さんの女性率が100%だった。

デパートのエレベーターで、降りる階を間違えてしまい、婦人服売り場に来てしまったようなアウェー感。
女子会だろうか。
女子会だろうか。
さすが戦中から営業しているだけあって、壁に張られたポスターや、無造作に置かれている電話など、そこらじゅうが懐かしい感じ。

いわゆる老舗とはちょっと違う、生活に密着した狙っていない古さだ。
昨日私が営業確認のために掛けた電話が、この黒電話に掛かったのかと思うと感慨深い。
昨日私が営業確認のために掛けた電話が、この黒電話に掛かったのかと思うと感慨深い。

フライ焼きってなんだろう

壁に張られたメニューを確認すると、もんじゃ焼きは大、中、小とあり、値段はそれぞれちょっといい回転寿司くらいだ。

大きさの単位がよくわからないので、とりあえず中サイズを注文してみる。
地域密着価格。
地域密着価格。
せっかくだから他にもなにか食べようかなと店内を見渡すと、厨房側の壁にグランドメニューが貼られていた。

ええと、「フライ焼」ってなんだろう。どっかで聞いたことがあるような気もするが。しかも「玉子入」、「肉入」、「肉玉入」とシリーズ化している。
思わず二度見してしまったフライ焼きシリーズ。
思わず二度見してしまったフライ焼きシリーズ。
「フライ」と「焼き」、どっちも調理方法だ。

蒸し焼きとか、カツ煮みたいなニュアンスなのだろうか。
「お好み焼そば」というのも気になる。お好み焼きなのか、焼きそばなのか。しかもポテトフライ入り。
「お好み焼そば」というのも気になる。お好み焼きなのか、焼きそばなのか。しかもポテトフライ入り。
懐かしのメルルーサあたりの白身魚をフライにして、鉄板で焼いて温めなおしたものということでどうだろう。

でもそうなると、肉入りとか玉子入りとの整合性がとれてこない。

すみません、フライ焼きもお願いします。
すごく離れたところに、お好み焼きもひっそりとあった。
すごく離れたところに、お好み焼きもひっそりとあった。
しばらくして出てきたのが、これである。
もんじゃ焼きとフライ焼きを注文して、出てきたのがこれだ。
もんじゃ焼きとフライ焼きを注文して、出てきたのがこれだ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓