フェティッシュの火曜日 2012年6月5日
 

コンプガチャの仕組みをわからないでいる

サイコロで説明しますが、わかりません
サイコロで説明しますが、わかりません
コンプガチャが規制されるらしいと大騒ぎになり、その揃わなさを説明した文章がインターネット上にあふれた。

うわー、どうやらすごいことになってきたぞ。そんな雰囲気だけは感じるのだが、残念ながらコンプガチャの仕組みがわかっていない。でも噛みたい。わからないなりにいっちょ噛みたい。

「わからないぞ、コンプガチャ!」

大きく乗り遅れておいて、そんな風に叫びまわった軌跡を今日はご覧いただこう。
1980年生。明日のアーというコントのユニットをはじめました。動画コーナープープーテレビも担当。記事はまじめに書いてます
> 個人サイト Twitter(@ohkitashigeto) 明日のアー

サイコロを使った説明

コンプガチャの仕組みを説明した文章のなかでも、とりわけ理解しやすそうだったのがサイコロを使ったもの。なかでも一番かんたんな説明はこんな感じ。

「サイコロで1〜6すべて揃えるには何回振らないといけないか?答えは約14回と、意外に多い。」

14回も!?それは以下の図のようなことらしい。

[参考]『コンプガチャの確率マジックを中学生にも分かるように説明するよ』てっく煮ブログ
理屈はこういうことになるようだ
理屈はこういうことになるようだ
「でも6回くらいでそろいませんでしょうか」
「でも6回くらいでそろいませんでしょうか」

ぼくは6回で揃うと思う

14.7回もかかるのか。これは大変なことになってきたぞ。いくらかは多いんだろうなと思っていたが、私が考えていた数よりもずっと多い。

6回で揃うと思ってたのが14回だなんて。

いや、待てよ。サイコロで1が出て、2が出て、3が出て4、5、6が出ればいいのだ。うまくいけば6回振れば揃うんじゃないか。揃うだろう。揃うんじゃないか。

「はい、揃います」

と、願望も口に出せば事実のような気がしてくる。人生のコツだ。さあ、実際にやってみよう。
一投目はなんでもいい。100%当たりが出る。
一投目はなんでもいい。100%当たりが出る。

だんだん揃いにくくなっていく

1つめは何が出てもいい。6分の6の確率で当たりが出る天国みたいな時間だ。コンプガチャで一番盛り上がるのもここではないか。「5」が出た。

そして2つ目。今度は「5以外のどれか」なのでまだ大丈夫。「2」が出た。
ニ投目は「5以外」なので約83%の確率で当たりが出る。
ニ投目は「5以外」なので約83%の確率で当たりが出る。

ここから停滞する

三投目。おや、ここでまた「5」が出た。しまった、最短の6回ではいかないのか。それでもプラス1して7回くらいでいくんじゃないか、14回はかからないだろう。

と思ったらまた「5」が出た。ストレスを感じはじめた。
あ、同じの出た
あ、同じの出た

きっちり14回かかりました

結果、予想されていたように14回振ってサイコロの1〜6をコンプリートできた。おかしい。6回で済むはずだったのになぜだ。

揃うまでの数をグラフにすると以下のようになる。後半が出にくくなってることがグラフにあらわれている。
結果14回振って全部揃った。後半は揃いにくい。
結果14回振って全部揃った。後半は揃いにくい。

なぜ14回かかるのかわかりません

言われていたように最後の方が揃いにくくて14回かかった。私は事前に理屈を理解できなかったが、先にサイコロの方が先に理解したようだ。サイコロのやつめ……そうか、つまりこうは考えられないだろうか。サイコロが悪いと。

ということで、わからなかったのもサイコロのせいにして、サイコロを取り替えます。
え〜、サイコロが小さくてわかりづらかったのだと思いまして
え〜、サイコロが小さくてわかりづらかったのだと思いまして
わかりやすくするために大きくしてみました
わかりやすくするために大きくしてみました

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓