ロマンの木曜日 2012年6月7日
 

日常にひそむルール

身の回りのものの形を、実はルールが決めている
身の回りのものの形を、実はルールが決めている
小中学校の教室の出入口はたいてい前後に2つある。あれって偶然じゃなくてルールで決まってるって知ってました?

そんなふうに、身の回りのものの形を実は決めているルールについて調べてみました。
1976年茨城県生まれ。地図好き。好きな川跡は藍染川です。
> 個人サイト ツイッター(@mitsuchi)

小学校の形にはルールがある

小学校ってどれもよく似てるなーと思う。白くて、3階建てぐらいで、横に平べったい。見かけると一発で小学校だ!と分かる。
小学校てなんかこんな感じですよね
小学校てなんかこんな感じですよね
じつはここにもルールがあるのだ。

「四階以上に設ける教室等の禁止」(東京都建築安全条例 第12条)
「四階以上に設ける教室等の禁止」(東京都建築安全条例 第12条)
安全上の理由から、小学校の教室は基本的に3階までと決まっているのだ。これは東京の場合だけど、他の自治体もだいたい同じ感じです。そりゃあ似るよね。

つぎは教室の中を見てみよう。
いつもの教室の風景にもルールがひそんでいるぞ
いつもの教室の風景にもルールがひそんでいるぞ
「学校の教室等には(中略)二以上の出入口を設けなければならない」(東京都建築安全条例 第13条)
「学校の教室等には(中略)二以上の出入口を設けなければならない」(東京都建築安全条例 第13条)
なんと。

黒板消しを前の扉に仕込んでおいたら先生が後ろから入ってきた、みたいなことが起こるのは建築安全条例のせいだったのだ!

それから廊下にも意外なルールがある。
ふつうの廊下に見えるけど、
ふつうの廊下に見えるけど、
「行き止まり廊下等の禁止」 (東京都建築安全条例 第10条の8)
「行き止まり廊下等の禁止」 (東京都建築安全条例 第10条の8)
なんと渋い。学校に限らず、図書館や病院とかでは、廊下が行き止まりになっていてはいけないそうなのだ。

思い浮かべてみると、確かに階段とか外への扉につながっていたような気もする。言われなきゃ気づかない、そんなところもちゃんとルールになっていたとは。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓