土曜ワイド工場 2012年6月9日
 

佐世保の要塞遺構めぐり

美しい九十九島の景観。
美しい九十九島の景観。
軍港として栄えた佐世保は、かつては湾を守るべく周囲に幾つもの砲台を持つ要塞だった。その遺構の幾つかを見てまわった。

以前、対馬にある要塞遺構を巡る記事を書きましたが、その続きみたいなものです。
長崎より九州のローカルネタを中心にリポートしてます。1971年生まれ。茨城県つくば市出身。2001年より長崎在住。ベルマークを捨てると罵声を浴びせられるという大変厳しい家庭環境で暮らしています。
> 個人サイト 長崎ガイド

鋼鉄の装甲付き観測所

今回巡ったのは3箇所。
最初に訪れたのは丸出山堡塁跡。軍事施設は終戦後あらかたのものが撤去されているが、ここは非常に珍しい装甲付きの観測所が残っているというところ。

が、場所が容易ではない。
丸出山堡塁跡の場所。ほぼ森だ。 (大きな地図で見る)
カーナビ、グーグルマップ、iPhoneの三種の神器が無かったらおそらく私は辿り着けなかっただろう。そういうロケーションにあったからこそ戦後の撤去から逃れたのかもしれない。
カーナビに載ってない道。
カーナビに載ってない道。
上の写真の道はカーナビには載ってなかった。が、iPhoneで見たグーグルマップには載っている。近くに車を停め、この先は歩いて行くことにした。
やはり車置いてきてよかったな、と思いながら登っていく。
やはり車置いてきてよかったな、と思いながら登っていく。
都会に住んでると(あるいは平野部に住んでると)想像しがたいかもしれないが、こういう山道にうっかり入って途中で行き止まりになり、細いくねくね道をバックでそろそろと戻るハメになったことが何回もある。
こんな感じの道をてくてく登っていく。
こんな感じの道をてくてく登っていく。
さらに登る。
さらに登る。
途中、草に覆われた車が。
途中、草に覆われた車が。
やがて民家が現れ、その横には畑が広がっていた。その先はいよいよ道が細い。
畑の横を行く。
畑の横を行く。
!
!
お、この感じは塹壕じゃないか、と思っていると
お、この感じは塹壕じゃないか、と思っていると
前方に砲台跡と思しき構造物が見えてきた。
前方に砲台跡と思しき構造物が見えてきた。
じゃーーん
じゃーーん
砲台跡巡りではお馴染みの形の穴。
その上にでっかい木が生えてるのもなにやらすごい。

その横の石段を登ると、
こ、これだ…!正面が観測所。鋼鉄でできた屋根が見える。
こ、これだ…!正面が観測所。鋼鉄でできた屋根が見える。
うお〜、かっこいい。ここ来てよかった!
うお〜、かっこいい。ここ来てよかった!
写真は何度も見たことあったが、実物は写真よりずっと凄かった。重厚感。
!
外観。
外観。
装甲が想像以上に硬く、しっかりしていることに驚いた。
手で叩いたくらいじゃビクともしない。
100年以上前のものなので、もうけっこう腐食してボロボロなのかな…?強く押したりしたら崩れるのかな、となんとなく思っていたのだが、全然違った。さすが軍事用という硬さだった。
そして観測所内部から見た景色が美しすぎて感動。
そして観測所内部から見た景色が美しすぎて感動。
九十九島の島々がこんなによく見える。
九十九島の島々がこんなによく見える。
季節も良く、穏やかな風が海から吹いてくる。

感動した。
ここに来て良かった!
大きさはこんな感じ。並んで写真撮るとなぜかUFOみたいだ。
大きさはこんな感じ。並んで写真撮るとなぜかUFOみたいだ。
ちなみに観測所というのは、敵がどの方角にいるかを見て伝えるところ。また砲弾がどこに着弾したかを見て、その成果や方角の修正を知らせる。なので、他に大砲を備える砲座があるはずだが、見渡した限り、近くにそれらしくものはなかった。

後日調べてみたところ、だいぶ離れたところにあるようだ(参考)。(こちらのサイトも詳しい。)

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓