ひらめきの月曜日 2012年6月11日
 

東京のさらに安い宿を探す

格安、トイレ付、イビキなど気にする必要ない物件です。
格安、トイレ付、イビキなど気にする必要ない物件です。
以前「東京格安宿探し」という山谷の安宿についての記事を書きました。その後も旅行するときの楽しみとして「現地でいかに安い宿を探すか」というのは欠かせないわたくし。とはいえ関東住まいだけにそれから東京の安宿は探す機会はなかったのだけど…。23区内に一泊数百円台の場所もあるもんですねえ!
1972年佐賀県生まれのオトナ向け仕事多数のフリーライター。世間の埋もれた在野武将的スゴ玉の話を聞くのが大好き。何事もほどほどに浅く広く、がモットー。
> 個人サイト service&destroy

600円で23区内に泊まれます

最近では旅行する際に代理店を通すより、ネットで自分で交通手段も宿も手配する人が増えてるんじゃないでしょうか。でも、探す段階で交通手段はあんまり選択肢がない。海外なら飛行機だし、国内なら飛行機か電車かバスか。それに対して宿は格安から五つ星クラスまであるだけに探すのがとても楽しいんですよねえ。

最寄り駅・値段・設備・口コミを信じるか否か?などなど、それらを取捨選択して納得したらクリック。あとは実際の部屋が見れる当日のお楽しみ。海外旅行、あと安宿が多い大阪旅行なんかは1日かけてホテル探すのが恒例だ。
上海の時の1400円台のアート風な宿はこんな。
上海の時の1400円台のアート風な宿はこんな。
大阪の1500円の風呂トイレ共同宿。
大阪の1500円の風呂トイレ共同宿。
ま、実際行ったら「下水道臭っ!」とか「窓狭っ!」とかあるけども、それも答え合わせ的で楽し。ほんとにすごいトラブルレベルでなければ、ですが。

特に取材などで行くことが多い大阪の新今宮周辺の安宿は、シングルルーム1500〜2000円台で様々な条件ありつつ部屋選べるので毎回ホテル選ぶのが個人的にブームになってる。ここは早朝チェックイン可かあ、でもこっちは無線LAN完備なんだな、とか。

と、書いてはみたものの、ガチのバックパッカーの人に比べたら自分はヌルい方だろう。安さで選ぶのならドミトリー、つまり一室にベッドが数個あるような相部屋タイプもあるのだけど、自分のイビキのうるささとか考えても周りを気にするのも面倒。ということでシングルルーム前提で選んじゃうんですよねえ。

さて、東京の安宿について考えると…正直、自分が泊まる必要がほとんどないので普段からそんな調べたりはしてない。山谷の安宿はあいかわらず、むしろこれだけ不景気不景気と言ばれるご時世としては繁盛してるみたいですが。
前に山谷でみつけたホテル。AKIRAか。
前に山谷でみつけたホテル。AKIRAか。
あと新宿や渋谷なんかでも漫画喫茶やサウナもあったりと格安宿泊ビジネス?はどんどん幅を広げつつある。まあ東京都23区内なら3000円弱で一泊できれば御の字ですよね。マトモに風呂トイレ付のホテル借りると4000円からって感じですし。

と、思っていたのだけど。23区内に一泊激安のスペースを発見した。その値段、なんと小中学生一泊300円、高校生以上なら600円!
幼児は無料。2泊でも右の値段ですよ。
幼児は無料。2泊でも右の値段ですよ。
23区内でこれだけの激安スペースありえない!いやもちろん勝手に公園とか川沿いでテント張るとかなら別ですが。それ違法ですしね。もちろんここは合法スペース。

さあではどんな場所なのでしょう。安いだけでなく、けっこう立地はいいのですよ。
最寄り駅は新木場。ディズニーランドまで2駅!
最寄り駅は新木場。ディズニーランドまで2駅!
近所で釣りも出来る!
近所で釣りも出来る!
2月に出来たばかりの東京ゲートブリッジが綺麗!
2月に出来たばかりの東京ゲートブリッジが綺麗!
公園もひろびろ。安心してお子様も遊べますね!
公園もひろびろ。安心してお子様も遊べますね!
新木場駅は東京駅から京葉線でわずか10分。さらに千葉方面にむかえば、先のTDLだけでなく、20分強で幕張メッセにも行ける。これから夏のレジャーに最適ですよ!いやあ、我ながらいい情報だなあ。

ではその泊まり場所とは…こちら!
あれ?上と同じ写真…しかしさらに手前を映すと、
あれ?上と同じ写真…しかしさらに手前を映すと、
あれ?上と同じ写真…しかしさらに手前を映すと、はいキャンプ場でした。都内最安値クラスの宿泊スポット!
あれ?上と同じ写真…しかしさらに手前を映すと、はいキャンプ場でした。都内最安値クラスの宿泊スポット!
こちらは江東区立若洲公園内にある若洲公園キャンプ場。宿じゃないのかよ!と言いたい人もいると思いますが…。調べたところ23区内に他にキャンプ場てのはあるんですが、ここ以外全てがデイキャンプ場。夕方〜夜早めには締まっちゃうところなんですね。

しかし若洲公園キャンプ場は宿泊可能!連泊も可能なので、ここにテント張ってベースに東京観光ってのがこれからの安宿スタイルなんじゃないの?どうすか?ということで。

先に書いたような、都内のふつうの公園でテントを張るのは現実的に難しい。でもおそらく23区内でキチンと予約してテントを張って宿泊できる唯一の場所がここなのです。
リアカーもあれば
リアカーもあれば
バーベキューもできるよ。
バーベキューもできるよ。
あと公園に風車がぶんぶん回ってる。でかい!
あと公園に風車がぶんぶん回ってる。でかい!
もちろんトイレもあり。風呂はないのが惜しい…とはいえ、あくまで目的がキャンプやBBQではなく泊まり場所としてだけ使うなら十分ではないか、テントだって。ということで普段使いっぽい感じで一泊してみました。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓