フェティッシュの火曜日 2012年6月12日
 

小さい自販機の少ないセレクトが気になった

品数すくなっ!
品数すくなっ!
ある日いつものように上野をブラブラしていると、とてもスリムな自動販売機を見つけ思わず足を止めた。

いや、スリムさもさることながらその品数の少なさがまた珍しい気がする。

ここまで少ないと何だか厳選され抜かれた商品のように見える。ファン投票によるAKBの総選挙を連想し(よく知らないけど)、一本一本がスターの様に輝いて見えた。

もっと少ない自販機あるのかな?あと、この商品たちは誰にどうやって選ばれたのだろう?メーカー?オーナー?秋元康?
東京葛飾生まれ。江戸っ子ぽいとよく言われますが、新潟と茨城のハーフです。 好物は酸っぱいもの全般とイクラ。ペットは犬2匹と睡魔。土日で40時間寝てしまったりするので日々の目標は「あまり寝過ぎない」
> 個人サイト twitter

もっと小さい自販機はあるのか

この時は立ち止まる程に驚いたものの、もしかしたら今まで気づかなかっただけで、これ位のサイズの自販機は探せば普通にあるのかもしれない。そう思いその日から約半年間、自販機に注目してきた。
さいきん見慣れている大型自販機。色んな種類のサンプルが並んでおり、1種類2列以上あるものが多い。これは28種類42本のサンプルが並んでいる。(サントリー)
さいきん見慣れている大型自販機。色んな種類のサンプルが並んでおり、1種類2列以上あるものが多い。これは28種類42本のサンプルが並んでいる。(サントリー)
スリムなタイプでも意外と入っている。これは12種類、12本。(アサヒカルピス)
スリムなタイプでも意外と入っている。これは12種類、12本。(アサヒカルピス)
7種類12本(コカコーラ)
7種類12本(コカコーラ)
私の半年間の行動範囲はたかが知れているのだけれど、その間はなるべく注意深く自販機を見るようにした。しかし結果的にサンプルが8本より少ないものは見つける事ができなかった。

「あの自販機小さいかも!」と近づくとそれはタバコや電池なんかの自販機。今回探しているドリンクの自販機は少なくとも12本以上のサンプルが並ぶものばかりだった。
お、9種類10本。惜しい!(キリン)
お、9種類10本。惜しい!(キリン)
知人たちにも情報収集してみるが、手がかりは無し。

むかし、ペットボトルがまだ無くて缶ジュースが今より細かった時代は自販機も基本的にスリムで、品揃えは今より少なかったようにも思う。しかし現役で稼働しているものの中ではやはり8本はメジャーじゃないみたいだ。

これはもうメーカーに直接問い合わせるしかないかな。
探している間に見つけた2リットルのペットボトルが買える自販機。珍しいですよね(コカコーラ)
探している間に見つけた2リットルのペットボトルが買える自販機。珍しいですよね(コカコーラ)

メーカーへ問い合わせ

例のスリム自販機を扱っているコカコーラ社に電話した。自販機についてサイズなど色々聞きたいと女性オペレーターに伝えた所、まず自販機を設置している、もしくはしようとしている客かどうか聞かれた。客でないと答えてもらえないのだろうか?!

私は「いえ、個人的興味です」と断られる覚悟で言った。
これもやっぱり12本。たまに屋根がついている自販機があって可愛い。
これもやっぱり12本。たまに屋根がついている自販機があって可愛い。
しかし特に問題は無かったようで、例の自販機の置いてあるエリア担当に連絡をしてかけ直してくれるとの事。どうもお手数をおかけします。

担当者からの電話

数分後、自販機担当の方から連絡がきて話を伺う事ができた。「実はあのサイズ、もう製造していないんですよ。僕の知っている限りでは最後だと思います。今の自販機は少なくて12本からです。」 との回答。おー、本当にレア自販機だったのか!

(※細かく調べて貰った訳ではないので、全国にはまだ残っているかも。)
ついでに時事通信ニュースが流れる自販機も教えてくれた。御徒町駅近く。
ついでに時事通信ニュースが流れる自販機も教えてくれた。御徒町駅近く。

品揃えはどうやって決めるのか

私「品揃えはどうやって決めているんですか?やっぱりコカコーラさんのお薦め商品ですかね?それともオーナーさんが決めていいとか?」

コカコーラ社「お薦めをお伝えしますが、オーナーさんが決めるケースもありますよ。相談ですね」

なるほどー。
もし自分がオーナーだったら・・、8種類くらいだったら自分の好きなもので固めたいかも!果たして例の自販機のオーナーさんはどうなのだろうか?
という訳で例の自販機を置いている薬局に聞いてみる事に
という訳で例の自販機を置いている薬局に聞いてみる事に
中に入ってみると白衣を着た女性が一人。「あのー、ちょっと表にある自販機について聞きたいんですが」と言うと、唐突すぎたのか目を真ん丸くしてしまった。
これまで見た事無いくらいのきょとん顔をさせてしまった
これまで見た事無いくらいのきょとん顔をさせてしまった
順を追って説明し聞いた所によると、その女性は数年前からそこに薬局をかまえているが自販機には関与していないという。おそらく管理しているのはビルのオーナーであり、商品をどの様に決めているのかは知らない。

たぶんメーカーが決めて入れているのでは?との回答だった。
オーナー不在により調査は不発に終わった(ちなみに自販機の幅を測ったら49センチだった)
オーナー不在により調査は不発に終わった(ちなみに自販機の幅を測ったら49センチだった)
半年前の写真を見るとラインナップが少し変わっている
半年前の写真を見るとラインナップが少し変わっている
半年前から残っている商品は、水、お茶、スポーツドリンク、コカコーラ(炭酸枠)、コーヒーだった。確かに利用者としてはこのラインナップは抑えておいて欲しいかもしれない。という事はメーカー側が狙って置いていそうな気がする。

オーナー本人に聞けなかったので想像だけど。
せっかくだから買いますかね
せっかくだから買いますかね
さてこの後どうしよう
さてこの後どうしよう
ちなみに、コカコーラ以外にも4社ほどメジャーなメーカーさんに問い合わせていた。

結果どこのメーカーの場合も「昔は小さい自販機も作っていたが効率を考慮し今は12セレクションからのサイズ展開」であり「品揃えはオーナーさんと決める事もあるが、だいたいお薦めや売れ筋商品、それと周りの環境(他の自販機の品揃えや客層など)を考えて」との回答であった。
ふー、何もしてないけど疲れた…
ふー、何もしてないけど疲れた…
人生うまく行かない事多くてやんなっちゃうよなあ
人生うまく行かない事多くてやんなっちゃうよなあ
でも…緑がきれいだな
でも…緑がきれいだな
気づけば花もきれいだね
気づけば花もきれいだね
水もキラキラきれいだよ
水もキラキラきれいだよ
遠くばかり見てないで。あなたのすぐ傍には
遠くばかり見てないで。あなたのすぐ傍には
いつでもコカ・コーラ〜
いつでもコカ・コーラ〜
昔CMプランナーに憧れていた事があったけど、もし私がコカコーラ社のCMを任されていたらこんな感じになっただろうか。

時間はあるけど終わりが見えない時についこういう写真を撮ってしまいがちだ。
こんな事してたらカメラの電池をかなり消耗してしまった
こんな事してたらカメラの電池をかなり消耗してしまった
逃げ出さず、他のお店の人にも聞いてみよう。
12本だけど5種類の自販機を置く茶店を見つけた!(キリン)
12本だけど5種類の自販機を置く茶店を見つけた!(キリン)
店のおばちゃんに聞いてみよう
店のおばちゃんに聞いてみよう
「小さい自販機の商品はどうやって決めてますか?」と聞くと、おばちゃんは「ああこれ?これしか入らないんじゃないのかね?任せちゃってるから分からないわ」と、これまたセレクトには関与していない様子だった。そっかあ、やっぱりメーカーが決めるのか。

そんな中、変わった自販機情報が入ってきた

ジャズが流れる自販機
ジャズが流れる自販機
ちょうど調査している所、知人から「ジャズが流れてる自販機がある」との情報を得た。…何でジャズ?

今回の企画とは離れているけどちょっと気になる。それに、ジャズ好きにはこだわりが強い人が多かろう、ならば商品選びももしかしたらこだわっている可能性もあるな、と仮説を立て、その自販機のあるタバコ屋さんに向かった。
あ、確かに聞こえる!お店の前に行かないと気づかない位の音量だ。そして全体的に安い。缶コーヒーは全部100円
あ、確かに聞こえる!お店の前に行かないと気づかない位の音量だ。そして全体的に安い。缶コーヒーは全部100円
ちょうど外で休んでいたご主人に話を聞く事ができた。まずはなぜジャズをかけているのか尋ねると「コーヒーに合うから」と言って、お気に入りの曲が入ったCDに切り替えてくれた。
これ聞いたことある!(Take Fiveという曲)
これ聞いたことある!(Take Fiveという曲)
夜は音量を下げ24時間ずっとジャズを流しているそうだ。他にも、タバコを1カートン買ったら2缶ドリンクをサービスしたり、メーカーと相談して価格を下げたり(もちろん収益は減る)、毎日綺麗に掃除したり、とお客さんが利用しやすいように努力している様子。
最近はヒートポンプという省エネ機能付きが増え電気代が1000円位安くなったとか。
最近はヒートポンプという省エネ機能付きが増え電気代が1000円位安くなったとか。
それでも電気代は1台につき約5000円位かかるらしい。けっこうするなあ…
それでも電気代は1台につき約5000円位かかるらしい。けっこうするなあ…
自販機の裏には誰でも使っていいよ、と井戸水の案内。全体的に親切。
自販機の裏には誰でも使っていいよ、と井戸水の案内。全体的に親切。
せっかくなら気持ちよく過ごしていって欲しいと言っていた
せっかくなら気持ちよく過ごしていって欲しいと言っていた
ここまで気をつかっているのだ、このご主人ならもしかしたら自販機の品揃えにもこだわりを持っているかもしれない。最後に本題の質問、「商品にこだわりはありますか?好きなコーヒーを入れるとか」と聞いた。

するとご主人「こだわり無い。自分は家でちゃんとコーヒーいれて飲みたいし」。

…という感じで、商品選びはメーカー任せが多いと分かりました。調査終了!

選抜は基本的にメーカーにお任せ

自分がもしオーナーだったらご贔屓にしている飲み物をセンターに入れてたまには自分も買っちゃいそうだけど、実際は売れ筋を知っているメーカーさんに任せる方が多いみたいだ。そりゃそうか…残ったら損するだろうし。

今回各メーカーに問い合わせた中で、商品を買う事で募金ができるもの、車いすの高さに対応しているもの、災害時に鍵がなくても中身が取り出せるもの(ただし屋内設置)、Wifiスポットになるものなど、色々と進化していっている様子が分かって勉強になった。

その進化の過程で古いタイプが減っていっちゃう訳だけど…あの小さい自販機は残しておいて欲しいなあ。
自販機ギャラリー (むかしは美術ギャラリーだったらしい)
自販機ギャラリー (むかしは美術ギャラリーだったらしい)
 ▽デイリーポータルZトップへ  

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓