フェティッシュの火曜日 2012年6月12日
 

名前だけ覚えている場所に行く・六波羅探題

六波羅探題、ロクハラタンダイと読む
六波羅探題、ロクハラタンダイと読む
六波羅探題ってなんだっけ。

日本史の時間に習った言葉だが、それがなんなのか憶えていない。墾田永年私財法が響きとともに内容もインパクトがあったことに比べると、六波羅探題は響きだけである。

でも頭から離れない言葉である。ロクハラタンダイ。意味は分からないけど記憶に残っている言葉があるなんてむかしの少年SFみたいだ。重大な秘密を知ってしまった昔の僕(きっとかっこいい)が記憶を消された痕跡かもしれない。ロックフェラーにも似ている。

しかし京都市内に六波羅探題はあったというのだ。六波羅探題に行って長年の折り合いをつけようじゃないか。
1971年東京生まれ。ニフティ株式会社勤務。デイリーポータルZウェブマスター。主にインターネットと新宿区で活動。 編著書は「死ぬかと思った」(アスペクト)など。イカの沖漬けが世界一うまい食べものだと思ってる。
> 個人サイト webやぎの目

グーグルマップで見つかる六波羅探題

なんとグーグルマップで六波羅探題で検索するとピンが立った。しかも6月2日にイベントを行った京都河原町(東京で言うと渋谷か新宿ぐらいの繁華街)の元・立誠小学校から歩いて20分ほどの距離である。
!
河原町から歩きながら六波羅探題について調べると鎌倉幕府が京都の朝廷を監視するために設置した出先機関であることがわかった。僕の消された過去などといいながらすべてiPhoneで分かってしまった。

そして歩きながらラブホテルの写真を撮ったりしていた。
村上春樹のエッセイに登場したラブホテル「と、いうわけで。」 本物が見られて感激
村上春樹のエッセイに登場したラブホテル「と、いうわけで。」 本物が見られて感激
いい景色のなかに宅配便のトラックがあると広告っぽくなる
いい景色のなかに宅配便のトラックがあると広告っぽくなる

あったのはお寺

地図が指し示した場所にあったのは六波羅蜜寺。お寺である。
!
回転させる石の車、自分の悪いところをなでる牛の像、お金を洗う弁天様などがあっておもしろい。参拝はいまだったらインスタレーションと言われそうなしかけ満載である。
お祈りしながらまわす
お祈りしながらまわす
痔持ちのふたりは迷わず尻をなでる
痔持ちのふたりは迷わず尻をなでる
いきなり登場したが今回はライターの西村さんが同行している。古いもの好きの西村氏は僕の六波羅探題訪問の案に賛同してくれたため、当日、六波羅探題前で待ち合わせたのだ。

六波羅探題前で待ち合わせなんて源氏と北条氏みたいである。

ここは六波羅探題ではない

六波羅蜜寺には教科書で見た空也上人や平清盛像もあったりして感激したのだが、お寺で仏像を見ておもしろかったという話ではいくらなんでもおじいさん趣味すぎる。なので割愛する。

お寺でふたたびWikipediaを読むと、この地域一帯が六波羅という地名で六波羅蜜寺が六波羅探題だったわけではないのだ。赤坂プリンスは赤坂御所ではない。

ネットで調べると近所に六波羅探題跡の石碑があるらしい。そこで記念写真を撮ろう。そして語感だけだったロクハラタンダイに知識を一致させるのだ。
街で見かけた貼り紙。どう見ても犬じゃない。
街で見かけた貼り紙。どう見ても犬じゃない。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓