ロマンの木曜日 2012年6月14日
 

雑草になったニンジンを食べてみたい

!
ノラニンジン、という植物がある。
その辺に生えてる雑草だけど、種類としてはニンジンと全く同じ植物らしい。
てことは食べれるのか。雑草野菜ハンターとして僕はさっそく収穫に行ってきた。
1978年、東京都出身。漂泊の理科教員。名前の漢字は、正しい行いと書いて『正行』なのだが、「不正行為」という語にも名前が含まれてるのに気付いたので、次からそれで説明しようと思う。
> 個人サイト まさゆき研究所 新棟

野菜なのか、雑草なのか、ノラニンジン

ノラニンジン。日本全域に見られる植物だ。
名前的には野菜感があるが、「野良」とついているので雑草のようでもある。こいつは野菜なのか雑草なのか。
本編に入る前に野菜とは何かを少し考えてみたい。
じつは野菜と雑草には明確な区分は無く、違いを表すと下の図のようになる。
!
左の雑草たちを、人間が保護しつつ右側へと変化させて生まれたのが「野菜」である。
野菜には敵から身を守るための要素が少ない。だから食べておいしいが、野生では生きていけない。

雑草界の尾崎豊こと「逸脱種」

さてそんな野菜の中に、人間による保護をいやがって、野生の世界に逃げ出したものがいる。逸脱種だ。
!
野菜が逸脱種になると、雑草的な要素を取り戻してどんどんまずくなっていく。野生で生きるために身を守るのだ。
丸々と太った可食部がやせ細り、筋ばって苦くなったさまは、生き延びるために悪事に手を染め、眼光鋭くなった不良少年のごとしである。
逸脱種として有名なハマダイコン。その根は細く堅く、凶悪なまでに辛い。
逸脱種として有名なハマダイコン。その根は細く堅く、凶悪なまでに辛い。

盗んだバイクで走り出したニンジン「ノラニンジン」

というわけで、畑のニンジンが「もう学校や家には帰りたくない!」と逃げ出したのがノラニンジンである。まあ正しい由来は不明なのだが、逃げ出したと考えると愛おしく思えるので、そうしよう。
ニンジンは家を出て、長い野生生活の果てに、どのような有様になったのか。それを確かめに江戸川の河原までやってきた。
この河原に流れ着いて、生きているという噂。
この河原に流れ着いて、生きているという噂。
家出の果てに流れ着いた先が河原だなんて、まるで転落人生のようであるなぁと思いながら歩いていると、橋の下に洗濯物が干してあり、リアルに流れ着いた感じの人がいたので笑えなかった。
野生生活は厳しい。
はたしてノラニンジンは河原で生き伸びているのだろうか。というか、この河原に生えているという噂は本当なのだろうか。
失踪した息子を探す母のような気持ちで探索は続く。
む。あの白い花はもしかして……
む。あの白い花はもしかして……

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓