ひらめきの月曜日 2012年6月18日
 

遠野、カッパ開放区

美しい景色が広がる遠野の里
美しい景色が広がる遠野の里
岩手県に広がる北上山地の盆地にある町、遠野市。河童が登場する民話でも知られている町だ。

恐ろしい妖怪でもあり、時にユーモラスでもある河童。様々な話が今も残るのは、人々を引きつける何かがあるからだと思う。

そこで私が「じゃあカッパになってみよう」と思うのは飛躍だろうか。しかしそこには一応の合理性があるので、どうか話を聞いてほしい。
1973年東京生まれ。今は埼玉県暮らし。写真は勝手にキャベツ太郎になったときのもので、こういう髪型というわけではなく、脳がむき出しになってるわけでもありません。→「俺がキャベツ太郎だ!」
> 個人サイト テーマパーク4096 小さく息切れ

カッパと化した自分そのものがフリーパス

今回訪れたのは岩手県の遠野市。米などの栽培が盛んで、自然が豊かに残る町だ。市内で立ち寄った道の駅にも、地元産の農作物がたくさん並んでいた。
まだいつもの自分
まだいつもの自分
後先考えずニンニク買っちゃうテンション
後先考えずニンニク買っちゃうテンション
国産の立派なニンニクがこの値段は安いと、遠野に来たばかりなのに購入。車の中がその臭気で満たされて、妙にスタミナがついた気分になる。

そして遠野と言えば、河童の民話が伝わる町。おみやげコーナーでもカッパ系の商品がたくさん揃っていた。
ぐいぐいカッパ押し
ぐいぐいカッパ押し
謙虚なカッパ系商品も
謙虚なカッパ系商品も
かわいらしいイラストの描かれたクッキーなどのお菓子はいかにも旅先だが、気になったのは「かっぱ焼き」。勢いだけで「遠野名物!」と言い切るのではなく、「遠野名物にしたい」と、思いのこもったコピーが添えられている。

さて、道の駅で気分が高まったところで、本当の目的地に行こう。
30代後半になるとこういう施設が沁みるようになる
30代後半になるとこういう施設が沁みるようになる
それは「遠野ふるさと村」。移築された古民家が並ぶ、昔ながらの風景を再現した施設だ。個人的には数年前ぐらいからこうした施設に心惹かれるようになって、自らのおっさん化を感じる次第だ。
里帰り気分で
里帰り気分で
しかし、ただのおっさん化では済ませたくないところ。その反骨精神が、自分をカッパにしたんだと思う。
マストアイテムは自作
マストアイテムは自作
使い込まれたテクスチャを目指した甲羅
使い込まれたテクスチャを目指した甲羅
目指したのはコンセプトは「誰にでもわかりやすく、それでいてできるだけリアルなカッパ」。肌ベースとなる全身タイツこそ既製品を購入したが、腰みのは麻ひもを編んで作り、甲羅は年季の入った質感になるようにしたつもりだ。
伝説って聞いてたんだけどな
伝説って聞いてたんだけどな
観光バスからの視線はうまくいってる証
観光バスからの視線はうまくいってる証
全体的なグリーンボディは視認性もしっかり備えているようだ。少し離れたところを走る観光バスからも、微妙な笑顔でこちらを見ている乗客の様子が見て取れた。

同じ遠野の地を訪れた者同士、「ここで全身緑の奴がいたら、そりゃカッパでしょ」という了解を私たちは分かち合っているのだ。
いざ乗り込もう
いざ乗り込もう
目を合わさずともわかる視線
目を合わさずともわかる視線
そんな気を遣わなくてもいいのに…
そんな気を遣わなくてもいいのに…
こりゃ大変だ!
こりゃ大変だ!
エントランスに入ると、聞こえるのは低いどよめき。「さすが遠野だね」的な感じで軽く流されるかと思っていたが、そうでもないらしい。

レストランのメニューには、キュウリの乗った「カッパざるそば」なる写真が。おなかも空いていたので食べたかったのだが、実際に注文して店員や他の客から「カッパだけに、やっぱりそれか」と思われるのが恥ずかしくて、今回は我慢。

さらには「カッパ捕獲許可証」なるものも販売されていた。これは危ないと思ったが、よく読むと対象は少し離れたところにある「カッパ淵」というところ限定とのことなので、胸をなで下ろす。

ここまで読んで、「また悪ふざけか」と思った方もいるかもしれない。ちょっと待ってほしい、今回ばかりはそうではないのだ。
オフィシャルでカッパ推奨
オフィシャルでカッパ推奨
レギュレーションもしっかりと存在
レギュレーションもしっかりと存在
来訪時、遠野ふるさと村では「かっぱの仮装コンテスト」を開催中。お皿・甲羅・口ばしのカッパ3点セットを身につけ、村内で写真を撮って応募できるというわけだ。これに参加するのが今回の目的である。

今回は、なんちゃってカッパが伝説の残る聖地をおふざけで荒らすという話ではない。あくまでカッパウェルカムの企画に挑戦するという形なのだ。

期間中はカッパの仮装をして行くと、通常520円の入村料が無料となる特典もある。悪ふざけを超えてカッパになる経済的な合理性も備えているのだ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓