チャレンジの日曜日 2012年6月24日
 

EUROのマスコットキャラをなんとかする

!
EUROこと
サッカー欧州選手権、
盛り上がっているよね!!

が、その一方、
実はEUROには毎回
マスコットキャラが
何かしらちゃんといるのですが、
いまいちそちらは
盛り上がっていないような気がいたします。

そこで今回は、
そんなマスコットたちを
より盛り上げて
よりみなさんに好きになってもらうためにも、
なんとかして
(リアルイラスト化して)
みたいと思います。
多摩在住のイラストライター。諸メディアにおいて、フマジメなイラストや文章を描くことを専門としながらも、昼は某出版社でマジメな雑誌の編集長をしたりするなど、波乱の人生を送った後に、新たなるありのままの世界へ。そんなデイリーポータルZでのありのままの業務内容はコチラを!
> 個人サイト ヨシダプロホムーページ

ってことで
最近
日夜(ていうか夜)熱戦が繰り広げられ
僕ら(僕)を夢中にさせて
社会人生活を破たんさせてくれている
EUROですが、
!
そんなEUROには毎回
それなりに
ちゃんと大会を彩る
マスコットキャラがいてくれるのでございます。


大会の盛り上がりの割には、
いまいち人気もなく
いまいち盛り上がっていない
ような気がしておりまして、
ちなみに今回
2012年度EUROの
マスコットキャラは
こちらでございます。
!
!!!


……。



って
感じられた方も
多いのではないでしょうか。

まぁ
なかなかな感じでね。


今回はこんなでしたが、
毎回EUROには
毎回こんなクオリティで
毎回こんなビジュアルショック的な
インパクトのあるキャラがいてくれるのですが、
そのわりには
いまいち
マスコットが盛り上がっていないような気がしております。
!
サッカーFANとしては非常に残念な事態でございますが、
これはきっとそれらマスコットが
あまりに世界的でオフィシャルすぎるがゆえに、
僕らの手には届かない存在だから
かと思われまして、
もし彼らをもっと身近な存在として感じられるようになれば、
彼らへの愛着もより深まるのではなかろうか!!!
と思うわけでございます。

ということで今回は
そんな魅力あふれる
歴代のEUROのマスコットたちを、
よりリアルな姿を妄想してみることで、

(つまりは、
この時代になまなましく生きている存在としてとらえ
リアルイラスト化してみることで)

彼らの魅力を
再確認していきたいと思います!!
では行ってみましょう!!
!
!
ってことで
まずは今回のマスコットである
この二人ですね
!
お名前は
スラベク&スラベコ
ってことでね

…。

名前からしていきなりアレで
すごく読みにくいですが、
でもある意味
日本人的な名前の振り分けで
ステキですよね
スラベ子な感じでね。
でもたぶんこれ両方男子です。

しかも
そそり立ったその髪形は
今回の共催国である
ポーランドとウクライナの
国旗の色に染められている
というね。

多摩的にはかなりのチャラさですが
世界的にはやむをえないレベルだと言えるでしょう。

ではそんな彼らですが
いまは世界的なオフィシャルなマスコットとして
存在しておりまして
ちょっと手が届かない存在かと思いまして、

より彼らを身近に感じるためにも
もしそんな彼らが
!
ちょっとオフィシャルな舞台から降り、
等身大な
!
オフな際の姿を
僕なりに妄想して
!
リアルイラスト化してみましたら
おそらく
!
こんな感じかと思います。

いつものタッチにより
ややキモイ感じにはなってしまいましたが、
きっとヒゲをそる暇もなく
公務に忙しいかと思いましてね。

オフではちょっと
無精ひげも生えてきてる感じ
なのではないでしょうか。

そんな彼らも
ステキですよね。

と、このように
より我らと同じ地平に降りてきてもらって
ただの偶像ではなくより我らと同じく
血の通ったリアルななまなましい存在として
彼らをとらえることで、
より魅力を再確認できたのではないかと思いますので、
そんな彼らを
これからもどうぞよろしくおねがいいたします。

では
次の歴代マスコットを
見てまいりましょう!!
!
!
続いては、
今から4年前の
スペインが優勝して
僕ら(僕)がイニエスタ激萌えになるきっかけとなった
EURO 2008の際の
マスコット
ってことで
こちら、
!
トリック&フリックス
ですね。

ていうか
赤いですよね



なんか
とんがってますね。

まるで
100均のパーティーグッズで売っているような
赤いその仮面
取ってほしい
ですが、
とっても似合っているので
いいかと思います。


では
そんな彼をより身近に感じるためにも
!
そんな彼が、
あの盛り上がったEURO 2008から
!
4年の時が経過したいま
一体どんな感じになっていそうか
!
僕なりに妄想してみましたら

おそらく
!
こんな感じなのではないか
と思われます。


4年もの時の経過で
無造作にたくわえられた
無精ひげとともに

赤いの角も
若干しおれている感じでね。

でも
このように
ただ当時のようなオフィシャルな存在ではなくて、
よりリアルに彼を感じてみることで
等身大な彼を知り
あらためて彼の魅力に気づけたかと思いますので、
そんな彼をこれからも
どうぞよろしくおねがいいたします。
!
!
つづいては
今から8年前、
あまりに伏兵すぎ、かつ
いぶし銀すぎたギリシャが優勝してしまって
僕ら(僕)も
どっちらけになってしまった
EURO 2004の
キャラでございまして、
こちら
!
キナス
くん
でございますね


この時は開催国がポルトガルだったので
よく見たら
ポルトガルの
ユニフォームまで着てくれている
キナスくん、

元気いっぱいなお子様キャラゆえに
すさまじい恰好で
ボールと戯れてくれているようです。


そんな戯れたら背骨折れる
などという指摘は野暮ってものでして、
とっても魅力的かとは思いますが、
では
!
そんな彼をより身近に感じるためにも
あの盛り上がったEURO 2004から
8年の時が経過したいま
!
キナス君
一体どんな感じになっていそうか
!
僕なりに妄想してみましたら

おそらく
!
こんな感じなのではないか
と思われます。


まぁ
8年もの時が流れれば
それなりに年老いてね。

なにより
すさまじい
恰好をしていたので
身体的にも、
それなりのガタは
来ている可能性は大でしょう。


でも
今なおも
ボールと戯れようとしている
そんな等身大の彼を感じてみることで
あらためて彼の魅力に気づけくことができたかと思いますので、
そんな彼をこれからも
どうぞよろしくおねがいいたします。
!
!
つづいては
今から12年前の、
あのジダンがやばすぎてそのままフランスが優勝してしまった
EURO 2000の際の
マスコットでございまして
こちら
!
ベネラッキー
でございます。


そのお名前は
オランダ、ベルギーで共催されたがゆえの
ベネラッキー
つまりは

ベルギー、オランダ、ルクセンブルクの三国を表す
「ベネルクス」三国
を基にしたお名前でして、
受験用語的には
難関大レベルの地理用語でございまして
とってもステキでございます。


まぁ
パット見
化け物
似も見えないこともないですが、
では
!
そんな彼をより身近に感じるためにも
そんな彼が、
!
あの盛り上がったEURO 2000から
12年の時が経過したいま
一体どんな感じになっていそうか
!
僕なりに妄想してみましたら

おそらく
!
こんな感じなのではないか
と思われます。


パット見
よりリアルな化け物に
なってしまってる感も否めないですが

12年もの月日が流れると
ある程度
毛先もパサつき
こんな感じには
仕上がっていることかと思います。

このように
ただ当時のようなオフィシャルな存在ではなくて、
よりリアルに飾らない彼を感じてみることで
あらためて彼の魅力に気づけたかと思いますので、
そんな彼をこれからも
どうぞよろしくおねがいいたします。
!
!

最後に
一気にさかのぼりまして
今から32年前、
まだ物心が付いていなかったので
一切見てませんが、
1980年に
イタリアで開催された
EUROにおいての
マスコットが
こちら
!
ピノキオ
でございます。

まぁなんとも
まるでキノピオっぽい
木をモチーフにした
キャラデザインでございまして、
それゆえお名前は
ピノキオ
ということで

そのままにもほどがある
かとも思いましたが
まぁ堂々としたその感じ
ステキだと言えるでしょう。

というわけで
キャラデザインも
とってもチャーミングな
ピノキオさん、
!
活躍された
1980年からはもう
遥かなる時が流れてしまったわけですが、
!
ピノキオさんのありのままをより体感すべく
32年たった現在
いま一体どんな
!
ことになっているというのか、
妄想してみたその様が
こちらでございます
!
まぁ

まとめられてる感じでね

木的にもね。


でも
こんな現在までも
燃えるゴミとして
捨てられることなく
残っていることからも、

そう捨てることはできない魅力が
あったからこそかと思いまして、
やはりそれだけの魅力をもった
キャラだということが言えるでしょう。
そんな彼をこれからも
どうぞよろしくおねがいいたします。
!
ってことで

そんな魅力的な
EUROのマスコットたちを再確認してきたわけですが、
もう眠いので
そろそろ
いいですよね。

ではまた
おやすみなさい…

はい 以上
いかがでしたでしょうか
今週の
「おかげで寝不足」。


というわけで
EUROの
各キャラの魅力を再確認する一方
これを機に
EUROのみならず
サッカー自体への
興味関心を高めていただけたら
これ幸いでございまして、
舞い版夜分遅くまですいませんが
ご理解ご協力のほど
どうぞよろしくお願い致します
ではまた失礼いたします。
そういや過去に、あのキャラたちも なんとかしたことがあったわね。うふふ。
そういや過去に、あのキャラたちも なんとかしたことがあったわね。うふふ。
 ▽デイリーポータルZトップへ  

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓